スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にやら河田雄志・行徒(&行徒妹)作品が増えてきた件(2)

2014年11月28日 21:47

前回の記事はこちらです~
祝!北斗の拳イチゴ味3巻&エヴァンゲリオンピコピコ中学生伝説1巻発売!

◎ドン・キホーテ 憂い顔の騎士 その愛(全2巻)

ドン・キホーテ 2 (BUNCH COMICS)ドン・キホーテ 2 (BUNCH COMICS)
(2014/05/09)
行徒

商品詳細を見る

前回も紹介しましたが完結したので!

 いやー、まさかの感動路線でしたね(笑)
 イケメン騎士であるカラスコさんのキャラがあんなことになってしまった時には「やはり河田作品だったか…」と思ったものですが、あれからよくここまで感動的にまとめ上げたと思います。
 アロンソの騎士になりたいという思いがどこから来ているのか、サンチョがアロンソのことを徐々に信頼していく姿が駆け足ながらもしっかり描かれていて好印象です。原作と比べて二人の年齢設定が違うのにも意味があって、読後は感心しました。
 作者ファンとしては、何気に巻末にあるコラム(?)が非常に楽しいです。河田さんの後書きは短いイメージなのでこれだけたっぷり文章を楽しめる機会は貴重だなーと。コラム欄にある行徒さんのラフ絵も非常に美しいので眼福。

 河田作品の中でも真面目方面に要素を振っている作品だけに、かなりとっつきやすいと思います。
しかしやっぱりギャグは薄めなので、最近イチゴ味等で作者さん達に興味を持った方(ギャグを期待している方)等には薦めづらいですねー。


◎堕天使学園デビパラ(全1巻)

堕天使学園デビパラ (カドカワコミックス・エース)堕天使学園デビパラ (カドカワコミックス・エース)
(2013/11/01)
行徒

商品詳細を見る


イケメン×巨乳×悪魔。
単行本オビに書かれているこのフレーズが作品の全てを表わしていると思います。

天海 悠戸(あまみ ゆうと)・椿 小鳥(つばき ことり)・森木 林(もりき りん)は、とある離島にある学校に通う高校生。
ある日の校庭で、校長が悪魔との契約を始めることからこの物語は始まる。
そこに居合わせ魔界に呼び出された生徒たちは自らの望みを叶えるために悪魔と契約を行っていく。
二人のヒロインは自らの欲望のため悪魔と契約し、契約を拒否していた主人公も生徒全員を人間界へ戻すため悪魔との契約を行う。
人間界へ戻ってきた生徒たちは、悪魔の力を使うほどに増えていく身体の刻印に怯え、欲のために力を行使していく者も出始める。完全に自身が悪魔の支配下におかれる前に、悪魔との呪いを解くことはできるのか――



 というのが主なあらすじですが、まず生徒たちの望みが「女子は巨乳、男子はイケメン化」というのが非常に俗っぽくていいと思いますし、呪いを解くための方法があまりにも酷くて(褒め言葉)笑ってしまいました。

 ギャグダークファンタジーというあまり例を見ないジャンルですが、意外と(?)しっかり友情モノしてていいと思うんです。
 特にキャラクターの魅力が高いと思います。林ちゃんは河田先生と行徒先生が描く女の子キャラの中ではドリルと双璧を為すぐらいに好きですね。その結果もう一人のヒロインである椿ちゃんの影が若干薄くなってますが、椿ちゃんは主人公のヒロイン、林ちゃんは作品のヒロインと言う事で…。
 あとこの作品を語る上で外せないキャラクターは何と言っても南山でしょう。完全に「ミツルギ」における中二階堂ポジション…というか、外見の雰囲気もそのまんまですね。彼ほどにこの作品を引っかき回したキャラはいないと思います。
 個人的には南山とフォンティーヌの関係にカプ厨の血が騒ぎます(笑)。

 行徒さんも「オシャレな悪魔バトルを期待して手に取ってくださった方には申し訳ない気持ちでいっぱいです」というコメントを残されていましたが、こんなに酷い悪魔モノは初めて見ました(笑)。
 1巻でまとまっていて読みやすく、ギャグも全編にわたって激しめなのでお薦めです。


 続きは次回!
スポンサーサイト

ペルソナ初心者がゆく『ペルソナQ』

2014年06月19日 20:48

世界樹新作が出ないからペルソナQを購入してきました。
BqaKl9HCAAAqQqf.jpg

とはいえ、私はまったくペルソナを知らず、知識としては「直斗くんが実は○○」のネタバレしか無い状態です。
アニメやってたのに見てなかったっけ?と疑問でしたが、その時期はホライゾンに全力投球してたので見れてなかったのを思い出しました。


まあ私は地図をちまちま描きたいだけだから何とかなるだろ!と初めて見た次第。
現在は第一迷宮「不思議の国のアナタ」2階を攻略しとります。


◆マップについて
世界樹シリーズの自然あふれる迷宮とは違って絵本の中という設定からか、グラフィックやギミックが凝ってていい感じですねー。
ウサギが壁画に激突したあともちゃんとグラフィックが変わって感心しました。FOEの挙動も可愛らしい。
FOEといえば、本家世界樹ではフィールド・オン・エネミーですが、今作ではフューシス・オイケイン・エイドロンとなっております。
「略してFOEですね!」という言葉には思わずニヤリとしてしまいました。

マッピングに関しては非常に便利になった・・・ようにも思えるんですが、私は新世界樹のマッピングの方が好きかな。
アイコンの色変えなどが豊富にできるのはいい感じなんですが、アイコンを置くのに2手以上必要になる場面が多いような気もします。
でも抜け道アイコンの仕様は今後の世界樹にも残して欲しい。あれは便利すぎる。
未開通か開通済みかによってアイコンが自動的に切り替わる優れものです。
これでhage→マップ保存→よっしゃ抜け道で近道だ→ 開 通 し て な い  を防ぐことができますね!


◆戦闘
序盤はシビアすぎて驚きました。難易度をハードにしてるからというのもありますが、SPの少なさにまず絶望。
敵(シャドウというらしい)も弱点を突かないと割と固く、世界樹とは全く違う戦略が求められる部分かなーと思います。

個人的に世界中の戦闘はいかに先手をとるかが結構重要だと思ってるのですが、それがあまり通用しませんでした。
今回の戦闘は味方キャラが弱点をついたら「ブースト状態」になり次ターンに「ターン最初行動」「スキルのコストゼロ」の恩恵を受けられるのですが、敵から攻撃を受けたらブーストが解除されるわけです。

なので鈍足キャラ・後列キャラがわりかし活躍しやすい環境になってて、最序盤ではありますが主人公と真田先輩が活躍しにくかった部分があります。
逆に順平・荒垣先輩・アイギスさんの使い勝手が非常によかった。
善&玲ちゃんもペルソナは使えないものの、「安息の旅路(歩行時にSP回復)」と回復スキル持ちで継戦能力に優れた私好みのキャラクターで使いやすい。

まあ戦闘のシビアさも、サブペルソナが解禁されたことでかなり楽になった感じがします。
サブペルソナのシステムは世界樹の「サブクラス」と「グリモア」を組み合わせたような感じですねー。
新世界樹のグリモアシステムをより練り込んだ感じになってます(グリモアシステムも大好きでしたが)。
つけるだけでSPとHPにボーナスが付き、戦闘終了後には回復するのでブースト状態と上手く組み合わせれば戦闘中のSP消費が実質ゼロになることもあり、非常に探索が進めやすくなりました。
今のところ何も考えずサブペルソナを付けてもそこそこ戦えてるので、迷うぐらいならなんでもいいので付けてみた方がいいと思うぐらい便利です。

世界樹おなじみの「序盤初見殺しイベント」に良く似た「ガラクタの中の剣」イベントも、うまく戦えれば戦闘開始時一人死亡してても勝てる事ができました。(癒しの風、ヒールストーンフル活用でしたが・・・)


◆キャラクター所見

3主人公

ペルソナって名前自由に決められるRPGだったのか!という驚きがまずありました(笑)。
うちの主人公の名前は「神浜コウジ」くんです。最近ハマったアニメのキャラをそのまま拝借しました。
もちろん4主人公の名前は「速水ヒロ」となっております。

彼は必ずパーティーに入っていなくてはならないので使う機会も多いです。
足が速めなのでせっかくのブースト状態が維持しにくいのですよねー。後ろに下げる事も考えましたが、基本的に前衛2人は事故る確率が高いので、できるだけダメージ分散を狙って前衛に。
なので通常攻撃で弱点を付けない時はヒールストーンで回復役に回る事がおおいかな。回復スキル持ち以外に回復役がいると立て直しやすいので・・・。


岳羽ゆかり

ビジュアルが好みな人。ゆかりさんのためにこちらの主人公を選んだものです。
ヒーラー役としての活躍が多いけど、今のPTの回復役は天田くんなので現在2軍。
3階に行ったらパーティ復帰予定ですー。


伊織順平

「順応力と平常心」で名前を覚えざるを得ないムードメーカーさん。
コストがHPなので割合積極的に使っていきやすいです。1階では命のベルトを装備させて熔熱発破のダメージソースでした。
彼も現在は2軍。また入れ替えて使ってみたいなー。


桐条美鶴

サブペルソナを付けるまでは貴重な氷属性要員でした。
HPが前衛にしては低めのせいか防具を奮発してますが、なかなか攻撃が飛んでこないです。
今作もHP量に応じて敵からのヘイト量変化とかもあるのかしら?
この人はとにかくペルソナ召喚時の叫びがめちゃくちゃカッコいいので使ってて楽しいですねー。
火力がちょっと低いと感じる事もあるのですが、新しいスキルを覚えたら化けそうな感じ?
印象としてはダークハンターに似てるので、縛りキャラになるとか??


真田明彦

最初はビジュアルからエリートキャラだと思ってたのですが、まさかの脳筋プロテインキャラでした(笑)。
真田先輩も足が速いから、ブースト状態→「何ィ!?」のイメージが強いです(偏見ですが)。
でも流石にパワーは強いです。安定して高ダメージを叩きだせる信頼感あるキャラですね。


荒垣真次郎

なんかもう・・・声の段階でずるいよね(笑)。
はい、現在の最お気に入りキャラです。美鶴先輩・真田先輩とのトリオが人気あるんだろうなーと妄想。
こういう寡黙で不良っぽくてでも内面は優しいキャラにめちゃくちゃ弱いのですよー。
サブペルソナで弱点を突いて次ターンにティアドロップを先制で打つのがいい感じですな。
割と搦め手が得意っぽいので、バフデバフが重要な戦闘において今後も活躍してくれそうです。


アイギス

とにかくデザインがかわいいのであります。
後衛からでも威力の高い攻撃をぶっ放せるので非常に心強いのであります。
何気に彼女とコロマルが絡んでいるのが癒されるのであります。


天田乾

我がチームの優秀な回復役です(サブペルソナを付けながら)。
状態異常を治してくれるのは彼だけなので非常にありがたい存在。
メインペルソナも光属性の即死が使えるのでなかなかに便利。


コロマル

まだあまり使えてないせいでポテンシャルを活かしきれてない気もします。
闇属性は貴重なのでまた使いたい。


山岸風花

癒しの風マジ神スキル。これがなかったら死んでる闘い多数。
キャラクターも可愛くていいよね。なにより名塚ボイスだし。


善&玲

キャラデザがドンピシャで好みですね。玲ちゃん腹ペコキャラであざとかわいい。
善さんもお姫様を守る騎士っぽくてカッコいい。

何かとSPが枯渇しがちだった序盤では本当にお世話になりました。
二人いるためか攻撃・回復ともにできる万能キャラ。とりあえずパーティインさせておきたい存在ですね。

で、なぜ生身の人間が迷宮に現れたのか?どうしてペルソナを使えないのに攻撃できるのか?という疑問ですが。
多分、この二人のどちらかが片方のペルソナなんじゃないかなーと予想。
善さんが玲ちゃんのペルソナというのが王道っぽいので私は逆を予想しときます。
玲ちゃんが善さんのペルソナ・・・ということで。


結論としては、新世界樹のストーリーモードをもっとキャラゲーっぽくした感じですねー。
キャラメイクが好きな人にはあんまりお勧めできないかもしれませんが、一つのゲームとしてはクオリティが高いと思いますし、世界樹だけ知ってると言う人にも好きになれる要素がいっぱいあると思います。

世界樹5を待ちつつちまちま進めていくつもりです。

いつの間にやら河田雄志・行徒(&行徒妹)作品が増えてきた件(1)

2013年11月02日 00:23

 お久しぶりです。
 学園革命伝ミツルギが終了を迎えての寂しさをブログに綴ったのはもう一年以上前になりますが、最近河田&行徒コンビの単行本が増えてきて嬉しいですね。せっせと初版本を集める日々です。

 紹介もかね、一言ずつ感想などを。もし興味を持たれたら是非。


◎もぎたて☆アイドル人間(全3巻)

もぎたて☆アイドル人間 (1) (角川コミックス・エース 328-1)もぎたて☆アイドル人間 (1) (角川コミックス・エース 328-1)
(2011/04/04)
行徒

商品詳細を見る

河田氏が書く作品ということでまともなアイドルものではないことは明らかなのですが、行徒さんのデザインも癖があるので従来のアイドル漫画とは一線を画したモノになってます。

 あらすじとしては、弱小事務所「リトルアナーキー」が起死回生のため、新人アイドルを売り出すことを決める…という感じです。
 その新人アイドルの4人組(藤ナイ子、百地餡、千戸・ダイダロス・千尋、地池カカ子)が全員強烈なメンバーなのですが、特に百地餡のぶっ飛び具合が凄まじいです。
 割と初期の設定が固まっていない頃は4人がほぼ同程度のおバカさんという感じですが、中期からの彼女のアグレッシブさは常軌を逸していると思うほど。初期からゲスキャラを前面に出しているナイ子ですらツッコミに回るほどの能力を持っています。

 個人的にこの漫画の一番の武器はその「異常なほどの勢い」だと思うので、これから読まれる方は是非1巻から3巻まで一気読みして欲しいです。
 アイドルグループの苦悩、迷走、栄光、そして挫折が勢いあるギャグで駆け抜けていきます。
 これは全14巻で、舞台もほぼ生徒会室のみだったミツルギにはなかった面白さだと思います。

 主要キャラもチーズッズの4人、ヴィジュアル系バンドの4人、事務所の2人と少ないながら、どの人物もキャラが立っていて面白いです。
 芸能人として避けることができない「老い」という試練にさえ立ち向かい、夢を諦めないことを教えてくれるラストシーンは、正直結構(半分ほど?)感動モノでした。まあ、絵ヅラで感動しきれないのがこの作品っぽくもあるのですが…。


 世間では「ミツルギ」が代表作ですが、こちらを代表作に挙げても全く支障はないほどにクオリティの高いギャグマンガだと思っています。彼女たちの激闘の日々を楽しんでください。


◎ドン・キホーテ 憂い顔の騎士 その愛(既刊1巻)

ドン・キホーテ 1 (BUNCH COMICS)ドン・キホーテ 1 (BUNCH COMICS)
(2013/09/09)
行徒

商品詳細を見る

 原作は有名な文学作品ですが、まあお察しの通り、完全なる河田ワールドに侵食されています。
 
 40歳過ぎにして騎士になることを諦めない、ガラスのハートを持つ中年・アロンソ。
 そしてその中年に(嫌々ながら)付き従う従者の少年・サンチョ。


 この二人が織り成す旅物語です。
 「もぎたて☆アイドル人間」とは違い、ゆるめの内容でギャグも落ち着いているように思えますが、その分二人のキャラが掘り下げられ、アロンソがただの情けないオッサンキャラでは収まらない、正義感には溢れた好人物であるということが丁寧に描写されています。
 自分が信じる騎士道物語が幻想であることを心の底では薄々わかっていつつ、人見知りながらに騎士を目指すアロンソがかっこいいですよ。サンチョが嫌々ながらも協力を惜しまないのがよくわかります。

 原作があるストーリーものなので展開も興味深く、河田作品特有のギャグ時空でありながらネタの濃さはとっつきづらくないレベルなので、初めて河田作品に飛び込むならこの作品から読むことも十分にアリだと思います。


続きは次回!

きっと青春が聞こえる・日記(6/16)

2013年06月16日 22:27

 今日はラブライブ!のサードライブだったんですねー
 仕事で行けませんでしたが…。

 ブルーレイが出たらまた買おうと思います。
 ファーストライブブルーレイは以前購入したのですが、声優さん方とは思えないライブパフォーマンスでした。なのでサードライブも楽しみ。


 ちなみに、他の個人的オススメ声優ライブはテニプリフェスタ2011です(笑)。
 知らない人はオープニングだけでも見て欲しい。観客と声優陣、そしてスペシャルゲスト(笑)の一体感がすばらしいライブイベントだと思います。
 (あのスペシャルゲストさんは本当に多才な人である)
 姉がテニスファンなのでライブ映像を見せてもらったんですが、本当に凄いと思いました。

半年ぶりの日記(6/15)

2013年06月15日 21:02

 何カ月ぶりだこれー!?
 とにかくお久しぶりです、ほぼ半年ぶりに帰ってきました。


 休止してる間に国家試験だの大学卒業だの就職だのいろいろありました。
 4月になってみると新しい環境でネット環境が整わず、gdgdしてたらこんな時期に…。

 あと、就職するとお金を稼ぐことの難しさも実感しますね。
 私の勤めてるところは日本平均から見ると限りなくホワイト企業(?)の勤務形態に近いと思うのですが、それでも連勤が続くと疲労が溜まったりと酷いありさまですわ。


 このブログは私が高校2年生の時に始めましたが、そこから大学生、社会人と何気に長く続いてますね。
 まさか6年目に突入するとは思ってませんでした。
 最近はブログ人気も下火で、SNSの黄金期という感じですが、このブログは削除せずにちまちま続けていこうかと思います。
 当時何を考えていたのかの備忘録にもいいですしねー。



 ちゅーことで最近気になってるもの。

 http://www.smashbros.com/jp/
 スマブラ最新作ー。ゼノシリーズ新作が出るのが先か、スマブラが出るのが先か。
 どっちにせよ、どちらかが出ればWiiU買うつもりです。

 ラストストーリーのシステムを使ったゲームも出て欲しいんですがねー。
 ラススト、ラスボス戦の面白さは、今までプレイしたゲーム随一でした。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。