スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」 感想

2010年04月24日 22:02

どこかのインタビューで、アニメ銀魂はアニメというよりバラエティとして制作されているということを聞きました。
そんなスタッフが作った映画ですが、私には映画というより一種の祭りだと感じられました。



一応ネタバレ無し(原作・アニメ版のネタバレはあります)の感想です↓

新訳・・・といいつつ、「ほとんど」紅桜編のリメイクです。
作画も半分は使い回しですし。

ですが、背景の変更などによってリサイクル作画もアニメ版紅桜編を何度も見返していない人ならそれほど違和感なく見られると思います。(裏を返せば、私のように何度も何度も見ている人には分かりやすい・・・かも)


あと、どこに力を入れるべきなのか、スタッフさんはどうやら完璧に理解していた様子。
アニメ版で高クオリティだった「神楽の船上での戦闘シーン」「銀さんVS似蔵」の部分はほとんどリサイクル。
(もちろん決め台詞のところなどはしっかりと新規作画です)

ですが、最後の戦闘シーンはスタッフ陣の気合と根性を見た。
アニメ版で若干弱かった部分(演出は素晴らしかったものの、バンクはありましたし)に全力で手を入れてきましたね。

実際このシーンまでは「テレビ版で何度も見返したファンにとっては小粒な映画なんじゃないかなあ」と思っていたのですが、
この戦闘シーンがめちゃくちゃカッコよすぎて凄く興奮しました。
なんというか、ヱヴァ序でラミエルが変形したシーンの感動と同じものを感じた気がする(笑)。


最後の30分のためだけに何回も映画館に足を運びたいですね。

あ、こう書いてしまうと前半がダメだったかのように聞こえますが(笑)、前半は前半でかなり面白かったです。
何より時間的な面からか、かなりテンポが良くなっていた気がしますし。

ただ、桂と高杉が二人きりで対峙する所からラストまでの流れが良すぎるだけです(笑)。




また「ほとんど」リメイクでしたが、その「ほとんど」以外の所が面白すぎたので
ぜひぜひ劇場に足を運んでやってください。できたら明日でもすぐに。

今日は初日だということもあり、観客席が一杯なので「ほとんど」以外の所で笑いが起こりやすかったんですね。
そして観客全員で突っ込む連帯感みたいなのもあり、これは公開開始直後しか味わえないものだと思いました。
私が「映画というより祭り」と感じたのはそのためです。


行って損はない映画です。
ちゃんと山崎侵入回と吉原炎上編への伏線も張られていて、ファンならニヤリとする部分もありますよ。
あと、「バクチ・ダンサー」がカッコよすぎる・・・。帰ってきてさっそくAmazonで注文しました。



※「続きを読む」から劇場版ネタバレ有りの感想です。
未見の方はご注意ください。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

銀魂57話「無くした物を探すときはその日の行動をさかのぼれ」

2007年05月25日 10:24








本編なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ(マテ

[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。