スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記(4/6)

2011年04月06日 21:38

スタドラ最終回見直して、EDの文字色が赤→青→黄色と変化していくのを見てウワアァァァァとなってます(笑)。
やっぱタクト・スガタ・ワコの三人好きだわー。

STAR DRIVERのBDはいつか買う。グッズもできるだけ集めてやんよ。
スポンサーサイト

「STAR DRIVER 輝きのタクト」 最終回まで見たよ(感想のようなもの)

2011年04月03日 21:19

まずはスタッフさん、半年間お疲れさまでした。非常に面白かったです。
「青春を謳歌しようぜ!」というテーマが終始一貫していて、本当に爽やかなアニメだったと思います。

島のいろいろとしたゴタゴタを島外からやってきたタクトが一つずつ介入していき、今回(最終回)綺羅星十字団の仮面が壊れるという演出はかっこよかった。
そして途中サイバディが破壊されたキャラクターも、仮面が破壊された後に綺羅星十字団パイロットとして輝いていたことが嬉しかった。
「銀河美少年」から「タクト(くん)」に呼び方が変わり、サイバディ復活にむけて全員の「綺羅星!」は熱すぎる演出です。
そして私が密かにお気に入りのフィラメントが最後の最後に輝けてよかった(笑)!先輩方カッコいいです!


主人公側の「三角関係」は結局決着がつきませんでしたね。
ワコは島からやってきたタクトにだんだんと惹かれていきましたが(演劇回ではもう決定的かな、と思った)、自分を封印しようとするスガタをそのままにして「タクトとふたり」を選ぶことはしなかったのが、すごくいいなあと思いました。
タクト・スガタ・ワコの「三人組」をワコがこのまま続けようとしたのが、悩み多き青春の1ページのようですね。
8話の部長とタクトが話すところがありましたが、今回で「二人と一人」ではなく「三人組」を選んだことが印象的でした。ワコが1人を選べなかったのはワコの短所でもあるけど、二人のことを本当の友達だと感じている長所でもあると思うのです。


さてヘッドさん側でしたが、彼の後日談・・・というか、カタシロさんとの会話やらはちょっと見てみたいかも。
「誰もが輝ける」というテーマでもあるアニメなので、間違った選択をしてしまった人もいつかまた輝けると思うんですよね。
尺がギリギリだったので今回に入れるのは無謀だと思いましたが、カタシロさん・ヘッド・ソラ(もしくは、サカナちゃん?)という三人組の人生という名の冒険も見てみたく思います。
この三人組もまた輝けたらいいですね。


今回は本当に画面の前に引き込まれました。
作画と演出面にものすごく力が入っており、「僕たちのアプリボワゼ」というタイトルが出た瞬間「気合が違う」と思ってしまいました。
また声優さん方お疲れ様です。特に今回は宮野さんと石田さん、早見さんは特に素晴らしかったと思う。
福山さんはセリフ少なかったなあ(笑)。

宮野さんと石田さんが叫びながら戦うのは近頃某ゲームをプレイした私にとってかなりデジャヴでしたが(笑)、お二人ともその時とは全く違う演技で、さすがプロだなあと感心しきり。

あと作画すげー!なんかもうほぼ全編が超クオリティのバトルシーンだった今回でしたが、それに負けず劣らず人物作画がとても素敵でした。
特にラストシーンのスガタの笑顔がよかったです。今までの皮肉っぽい笑みじゃなくて、与えられた役割を演じる必要がなくなり、解放された笑顔のように感じました。



ロボットもので人を殺さない&主人公が一切負けないという縛りはかなり難しいものだと思いましたが、全編通して徹底されていてすごかったです。
もちろん人によって合う合わないの差はあると思うんですが、私にとっては本当に好きなアニメになったと思います。


半年間楽しかったなあ。

日記(10/19)

2010年10月19日 22:46

今週忙しすぎワロエナイ


●ゴーストハント最終巻買ったよー
いい最終回だった。
完璧なまとめ方だったと思います。一応続編はなしということみたいですね。
残念っちゃ残念ですが、原作が出る気配が無いので「第一部、完」というところで終わらせた方がよかったのかもしれません。
そして相変わらず安原さんが素敵でした。


●STAR DRIVERが(個人的に)佳作になりそう
合わない人も絶対にいる作品だと思いますが、私はこの方向性で大満足です。3話を見てBD購入決定余裕でした。
タクト様いいわあ・・・髪型がどう見てもリュウセイさんだし、じゃあ服装は銀河兄ちゃん(EU)で変な仮面をつけた団体はビッグバンオーガニゼーションにしか見えないというボーグ脳にも優しい作品です。

タカシがいいキャラしてた・・・というか、カナコ・シモーヌなどのおとな銀行組が素晴らしいです。
あのドロドロ感がたまらない。
主人公3人組は爽やかにしてるものの、綺羅星十字団のドロドロ感に押されてまだキャラは薄い気がしますね。
4話がワコ回ですし、すぐにくるであろうスガタ回にも期待。

とりあえず箱庭感あふれる学園生活というのがツボすぎてたまらないのです。
ジャンル的にはかなり違うのだけど、ゲーム「ダブルキャスト」の孤島合宿(だっけ?)にすごく近い雰囲気を感じてます。あの合宿の雰囲気が好きすぎるので、同じ臭いを感じるこれもドツボです。


・・・私はけっこう、自分が好きと思っている作品が批判されているのを見るのが辛いタイプなんですが、なぜかこの作品は批判されてもどうってことないです。
「批判は人の自由。これは私が好きなんだからそれでいい」という思いがわきあがってくるのです。
ここまで一直線に好きになった作品は珍しいかも。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。