スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトボーグのキャラソート

2011年07月17日 01:34

やってみました。(サイトはこちら
いやー、キャラが多いと答えるだけでも一苦労ですね(笑)
でもやるだけの価値はありました。製作者の方ありがとうございました。

1 浜田操
2 龍昇ケン
2 ノリミ
2 ジャンマイケル・マックラクラン
5 村正彦
6 天野河リュウセイ
7 ボーガーX
8 龍昇リンリン
8 月餅ちゃん
10 さやかちゃん


TOP10まで。
浜田が異常なほど上位なのは今週の配信が浜田回だったのが大いに関係あると思います。
ゲストキャラでは浜田・社長・ノリミが三強(ほぼ三つ巴)で、月餅ちゃん・篠原ママ・石田のアネゴと続く感じですね。
ジャンマイケルは正統派に好きです。周りが異質だと普通の人と言うだけで個性的ですよね。

メインキャラは予想通りかなー。
ケンが別格で好きで、その後にリュウセイさん、カツジと続く感じ。
カツジは結構下になっちゃいましたが、本当はもうちょい上(12~15位くらい)に行くかも。
私の中では中華三兄弟はメインキャラなのですが(笑)、裏付けるように16位に食い込めましたね。

サブキャラではやっぱりボーガーXとカツジのお祖父ちゃん、米田市長が好きですね。
来週が私がXを更に好きになった39話なので、余計に高順位なのだと思います。

11 ビッグバン
11 篠原真弓
13 石田百合江
13 市役所サービスセンターズ
15 勝治の祖父
16 大中
17 相馬友子
17 千賀子ちゃん
19 死神
20 松岡勝治
21 ピーク
22 フランシーヌ・パンナコッタ
22 バーバリカン高崎
22 瞳
25 米田稲造
26 タージ・マハド・モハメド・アル・サウード
27 ラモン
28 バイス・バロン
29 ベネチアン
30 ロイド安藤


意外にもベネとロイドさんがちょっと低かったですね。この辺は急いで答えたせいもあるのかも。
そして市役所の皆さんが高いな!個人的には米田市長と同じくらいになると思ってたんですが。
瞳さんがこんなに高いのは私がX好きだからです(笑)。
そして全体的に高い世界大会編キャラ勢。これは世界大会編スキーだから。

マンソンやジョニーもちょっと低い…?と思いつつ、やっぱりこの位置が妥当かしら。決して嫌いではないんですが。

31 シドニー・マンソン
32 ジョニー
33 ガルフストリーム笹本
34 ヘルロイド
34 荒木こずえ
36 ボーグ伯爵
37 雲丹沢
37 ジャイルジーニョ
37 ムスタファ
40 マダム・ジェニファー
40 クロード千秋
42 アマラオ国王
42 ニュートン・カーティス
44 スリの銀次
45 春子
45 ヒナーノ
47 デンジャラス小林
48 西山くん
49 中中
49 カメーダ・カーメダ
51 山田早苗
52 シャングリラ小川
53 アメリア
54 小中
54 ジャネット・サスカッチ
56 勝治の祖母
57 アンジョルラス
58 美奈子ちゃん
58 米田市長の美人秘書
58 エリーナ
58 シェリル
58 キャッシー
58 リカちゃん
64 チロリアン
64 カナリアン
64 篠原真之介
64 石田一
64 ドクターネオ
64 叶カオリ
64 シャル・ルドゴール
64 モンテスキュー
64 バーバラ
64 アトラス
64 プルート
64 中島トメ
64 中島カネ
64 ザ・マミー
64 本山田マキコ
64 レベッカ・ゴールドバーグ
64 ボーグ仙人
81 ビデ田中
82 ケリー将軍
83 ブラックゴールド団首領
84 田嶋
84 桜井
84 叶シオリ
87 中村
88 ロバート
88 ジャッカル佐々木
88 勝治の母
88 観音寺紀子
88 魔曇菜夜
88 アニマル齋藤
88 弘美ちゃん
88 エイミー
88 東ルリ
88 ケンの父
88 ストラダイム・シャタコノビッチ
88 ベアナックル佐久間
88 グラスハット堤
88 ラブシックガイ伊部
88 小林重蔵
88 ストーム笹川
88 グレイトフル長田
88 ホセ・ソルプレッサ
88 ゴンザレス
88 ちづる
88 バッドニュース荒木
88 クレメンタイン
88 ベネチアンの弟
111 メリーアン
111 グロリア
111 サダコ
111 西尾弥生
111 ケンの母
116 ベネチアンの妹
117 パーシバル福田
117 サリー原田



後半はちょっと名前だけでは思い出せないキャラクターもいたり(笑)。
それにしても総勢118人!ボーグ好きの方はぜひやってみて欲しいです。
スポンサーサイト

カブトボーグ感想 #11話・12話・13話

2011年03月22日 17:49

配信とは期間がずれまくりですが、のんびりマイペースに感想を書いてます。
あと今回をきっかけにカブトボーグカテゴリを作りました(笑)。


かなりの簡易感想です。
[ 続きを読む ]

カブトボーグ感想 #8話・9話・10話

2011年01月30日 23:31

3話まとめて。
ちょこっと今後の話について触れている部分もあるのでご注意をば。
[ 続きを読む ]

カブトボーグ感想 #7話

2011年01月14日 19:45

#07涙の素パスタ!オーバー・ザ・レインボー

みんな大好きベネ回。あと浦沢襲来回でもあります。
カブトボーグの正ヒロインと言っていいほどの人気だけあって、屈指の面白さでした。
浦沢せんせーの脚本は好みがものすごく分かれるそうなのですが、最大瞬間風速に全てを賭けているような脚本だと感じるので確かに理不尽さはすごいかも。私は大好きなのですが。

その理不尽さの片鱗はやっぱり謎会話かなあ。「適当に考えといて」→「うん、わかった!」は本当におかしい。
一応、絵コンテさんへの指示としての「適当に~(セリフはそちらでおまかせします、の意)」ではないか、という説もあるのですが、その場合後のケンが考えている描写が矛盾するんですよね。
考えれば考えるほどドツボにハマっていく気がします。

ベネ兄妹のお話は和みますねー。ちょっと先走り感想になってしまいますが、弟君もけっこういい味出してます。
「貧しすぎるよ・・・!」と素で同情するリュウセイさん。外道の目にも涙。
まあリュウセイさん家は裕福ですもんね!あの親父なのに。解せぬ・・・


さて勝負に入るわけですが、相変わらずの豆腐メンタルで苦戦するリュウセイさん。さすがカブトボーグの最大の武器は精神攻撃と言われるだけありますね。
同時に回想は負けフラグと言われるのも、回想することによって相手に多くの過去情報を与えることで、付け入る隙を与えてしまっているからでしょう。
リュウセイさん達は傷を抉ることに関しては本当に容赦ないからな。

そこでカツジとケンのこれまた外道コンビが喝を入れます。俺たちの友情(笑)。
この2人は事情を知らないからまあ仕方ないことだとは思いますが・・・


そしてカブトボーグ史上屈指の謎会話パートが始まるのです。

「同情なき同情は同情とは言わず、同情する同情を同情と言う!」
「どなたのお言葉ですか?」
「柳川泥鰌!」


マジで誰か説明してくれ・・・

一応私の解釈としては、(某大百科の掲示板にも書きましたが)ベネはリュウセイさんにからかわれたと勘違いして怒ったのかなあ、と。

【前提】→柳川泥鰌は実在する。しかしベネは柳川泥鰌のことを知らない。
【リュウセイさん】→柳川泥鰌の言葉を送る
【ベネ】→最初は実在する人物の言葉だと思っていたが、リュウセイさんから「泥鰌の言葉」とされたため、
      今適当に作った言葉で私をからかったのではないか・・・と思った。

↑こういうことで。
でもそうすると、「イタリア貴族への屈辱」が上手く繋がらない気もするんですよねー。
「どじょう」という言葉がイタリア人に屈辱感を感じさせるワードなのかどうなのか・・・。

この後は「大人しく負けようと思ってはいた(安心の上から目線)」リュウセイさんですが、その顔を見ちゃ負けてやれん!とベネをたたきのめす気満々で勝負にでます。
あっさり勝った所を見ると、チャージインはそこまで勝敗に関係ないんじゃ・・・ゲフンゲフン
いえいえ、ロイドさんいわく「カブトボーグはチャージインに始まりチャージインに終わる」んですよね!


ベネはちょっと残念そうな顔はしたものの、「アラビアータ♪」と笑顔で退場。
ここで感情的になるのではなく、お客さんを楽しませるためにパフォーマーに徹したベネが可愛すぎる。こんないい子は今までカブトボーグに見たことないぞ。


「リュウセイさんはシャープペンシルのお礼と称してベネにお寿司の食べ放題を譲るんだろうな」と誰もが思う展開を全力で投げ捨て、ベネ一家は今日も極貧生活を送るのです。
しかも「今度のバトルも全力で受けて立つ!」とリュウセイさんは邪魔する気満々。


うーむ、カブトボーグの脚本の狂気を十分に見せつけられた回でした。
浦沢脚本の中では、この回の狂いっぷりはそこまでレベルが高いわけではないのですが、完成度としてはトップクラスの回だったと思います。
面白かった。


ちなみに、個人的な浦沢狂気ランキングはこちら↓

25話(説明不要)=37話(瞬間最大風速がヤバイ。最後のオチのなさもポイント高い)>
>40話(39話からの予告との合わせ技で)>44話(トムキャット取材のキチっぷり、ボーグに夫を奪われる)>
>16話(養殖ボーグがポイント高い)=22話(野菜ボーグがry)>33話≧7話=19話>9話=45話>30話

こう見てみるとまともな話が一つも無いですね。
他の脚本家陣は地上波で放映できそうな話を一度は書いていると思うのですが・・・。

カブトボーグ感想 #5話・6話

2010年12月08日 20:42

今回は(も?)簡易感想。

[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。