スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筧さん超かっこいい

2012年10月07日 02:37

 そういや、「境界線上のホライゾン」、今までアニメなら何個か感想を書いてたけど、原作小説の感想を書いたことはなかったなあ・・・と気付きました。もうすぐ5巻(下)が発売されるのが楽しみです。

 さてさて最新刊の5(上)ですが、とにかく筧さんがカッコよすぎて困る。性格も、戦い方も超好み。
 「神様」「俺の射撃をまだ見ててくれますか」のセリフでハートを撃ち抜かれましたよ。
 個人的にホライゾンは前作のクロニクルより男キャラがいい感じで、トーリ、シロ君、義頼さん、トッシー&ナルナル君とか非常に好きでしたが、今巻で急に筧さんが上位にあがってきましたね。


 お話としては、戦闘描写はシリーズの中で一番好きですが、あんまりストーリーが進まなかったのが残念かも。
 氏直さんとノリキがもっと活躍すると思ったんだけどなー。
スポンサーサイト

マンテル。チャイルズ=ウィッティッド。その次は?

2012年06月24日 00:00

「六月二十四日は何の日?」

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る

もちろん、UFOの日――ということで、ラノベの紹介をひとつ。
『イリヤの空、UFOの夏』です。
といっても有名すぎるので、「面白いから是非読んでみて」としか言えませんが。

2001年のラノベですが、今読んでも全然面白い。
10年という歳月で色褪せた部分もありますが、そこがまた切ない雰囲気を出していていいなあと思います。
とにかく水前寺先輩が良いキャラしてるんだ。



「球形プラズマ、蜃気楼、観測気球。あなたが写真に撮るとしたらどれ?」
「マンテル。チャイルズ=ウィッティッド。その次は?」
「気分が悪くなったとき、目の前が真っ白になったり、ちかちかする光が見えたりした?」
「さっきからずっとあなたの後ろにいるのは誰?」

「六月二十四日は何の日?」


この保健室のシーンは痺れた。

ボーイミーツガールものの傑作だと思います。よければ是非読んでみてください。

アニメ版Anotherが見られないので原作の好きな所を書きなぐる

2012年01月13日 00:08

原作ファンなのでかなり楽しみにしていたAnotherですが、放送局の関係上見られませんでした・・・。
アニメ感想系サイト様を巡りつつ妄想を膨らませているのですが、結構出来が良さそうなのでさらに悶々としております(笑)。
このままため込むのもアレなので、原作の好きな所でも語ってスッキリしたいなあ、と。


「続きを読む」から感想です。

<ネタバレが激しいので、アニメ組の方はご注意ください>
[ 続きを読む ]

日記(4/1)

2011年04月01日 15:43

この春休みを利用して学生アリスシリーズを一気読みしてきました。
文庫版も表紙イラストが綺麗でいいですね。


アリスとマリアが「孤島パズル」→「双頭の悪魔」→「女王国の城」という過程を経ていくごとに、二人の関係が微妙に変わっていってニヤニヤします。
双頭の悪魔ではアリスとマリアだけ最後の最後まで接触できず、「一番心配していた」と言い合う二人が最高でした。


とにかく論理的な犯人当てが魅力的で、特に「双頭の悪魔」は3度も読者への挑戦があるだけあって本当に面白いです。
これは今まで読んできたミステリの中でも5本の指に入るほど好きですね。


さて、双頭の悪魔までは再読でしたが、「女王国~」は今回初めて読みました。
上下巻2冊と長めでしたが、そんなことを感じさせないくらいすらすらと読みやすかったです。
読者が考えなくてはいけない「誰が犯人か」は前作までと比べると、私でも意外と簡単に解くことが出来ましたが、教団がなぜここまで事件を隠蔽したかったのか・・・は全く分かりませんでした(笑)。

このお話の見所は犯人当てだけでなく、EMCメンバーの大脱走劇(未遂)でしょう。
モチさん、織田さん、マリアが知恵を絞って教団から逃げるところは読み応えがありました。

あと、モチさんや織田さんの就活、マリア・アリスの夢についての描写もちょくちょく挟まれており、シリーズの終わりが示唆されていて辛いです・・・。
長編はあと一つで終わりということなので、次はもう卒業シーズンだろうなと思うと寂しいです。


もっと続けて欲しいと思うのですが、青春モノは終わりがあるからこそ美しいといいますしね・・・。

チャージマン研!の公式サイトがオープンされていた件

2010年08月31日 20:13

久しぶりにネットにつなげたらこんなサイトが出来ていて驚きました。
チャージマン研!公式サイト
http://cha-ken.com/

私がこの作品に(ほぼ偶然)出会ったのは去年の4月。
某所で盛り上がり始めたのが今年の1月頃かな?

まさかここまで大きくなるとは思いませんでした。
発売される予定のCDのアーティストを見る限り、ニコニコ方面は公認の方向で行くみたいなんでしょうか?
権利元が公認するとなると、MAD系動画なども作りやすくなるでしょうね・・・(例:松岡氏とか)。


まあ私が言いたいことは、チャージマンヘルメットが欲しくてたまらないということだ。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。