スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」 感想

2010年04月24日 22:02

どこかのインタビューで、アニメ銀魂はアニメというよりバラエティとして制作されているということを聞きました。
そんなスタッフが作った映画ですが、私には映画というより一種の祭りだと感じられました。



一応ネタバレ無し(原作・アニメ版のネタバレはあります)の感想です↓

新訳・・・といいつつ、「ほとんど」紅桜編のリメイクです。
作画も半分は使い回しですし。

ですが、背景の変更などによってリサイクル作画もアニメ版紅桜編を何度も見返していない人ならそれほど違和感なく見られると思います。(裏を返せば、私のように何度も何度も見ている人には分かりやすい・・・かも)


あと、どこに力を入れるべきなのか、スタッフさんはどうやら完璧に理解していた様子。
アニメ版で高クオリティだった「神楽の船上での戦闘シーン」「銀さんVS似蔵」の部分はほとんどリサイクル。
(もちろん決め台詞のところなどはしっかりと新規作画です)

ですが、最後の戦闘シーンはスタッフ陣の気合と根性を見た。
アニメ版で若干弱かった部分(演出は素晴らしかったものの、バンクはありましたし)に全力で手を入れてきましたね。

実際このシーンまでは「テレビ版で何度も見返したファンにとっては小粒な映画なんじゃないかなあ」と思っていたのですが、
この戦闘シーンがめちゃくちゃカッコよすぎて凄く興奮しました。
なんというか、ヱヴァ序でラミエルが変形したシーンの感動と同じものを感じた気がする(笑)。


最後の30分のためだけに何回も映画館に足を運びたいですね。

あ、こう書いてしまうと前半がダメだったかのように聞こえますが(笑)、前半は前半でかなり面白かったです。
何より時間的な面からか、かなりテンポが良くなっていた気がしますし。

ただ、桂と高杉が二人きりで対峙する所からラストまでの流れが良すぎるだけです(笑)。




また「ほとんど」リメイクでしたが、その「ほとんど」以外の所が面白すぎたので
ぜひぜひ劇場に足を運んでやってください。できたら明日でもすぐに。

今日は初日だということもあり、観客席が一杯なので「ほとんど」以外の所で笑いが起こりやすかったんですね。
そして観客全員で突っ込む連帯感みたいなのもあり、これは公開開始直後しか味わえないものだと思いました。
私が「映画というより祭り」と感じたのはそのためです。


行って損はない映画です。
ちゃんと山崎侵入回と吉原炎上編への伏線も張られていて、ファンならニヤリとする部分もありますよ。
あと、「バクチ・ダンサー」がカッコよすぎる・・・。帰ってきてさっそくAmazonで注文しました。



※「続きを読む」から劇場版ネタバレ有りの感想です。
未見の方はご注意ください。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

日記(3/10)

2010年03月10日 19:58

東宝シネマズのシアターマガジンで銀魂が特集されます。
これは一般書店には置いておらず、劇場のみの販売らしいです。
もちろん私の住んでるところには劇場自体無いので、もし買いに行くのなら交通費4000円、3時間がかりで行かなくてはなりません。
これがもし映画のあらすじや未公開シーンが掲載されているだけならば、涙をのんで見送っただろうと思いますが・・・

・・・空知のロングインタビューが付いてくるそうで。

はいはい購入購入。
ファン心理を的確に突いてくるな・・・。
どこの営業担当の人かはよくわかりませんが非常に頭がよろしいと思います。


ちょうど21日に大阪に行く用事があったのでそのついでに購入したいと思います。
売り切れとかは止めてくれよ。

ありゃりゃ

2010年01月28日 23:02

アニメ銀魂が終わるらしい
私の地域では本放送はまだなんですが、某スレが加速してるのでなんとなく察しがついて覗いてみたら、やはりその話題だった。

今からの話数を考えるに、リヴァイアサンと陰陽師編やってスグ終わりそうだなあ。
サンタの話とか、冬のパン祭りとか期待してただけに残念。
特に山崎は、ようやくあんパンという新しいフックができたばっかりなのに・・・


最近アニメがやがや箱を買ってきてアニスタインタビューとかを見てたんですが、このアニメスタッフはアニメオリジナルの長編とかをやって尺を稼ごうというスタンスでは無いみたいです。
原作を大事にしている、という点では非常に良いスタッフに恵まれたよなあ。
作画面もさすがサンライズと言ったところ。今のOPを始めてみた時には動きまくってて驚いたものです。
ま、パロディ臭が強すぎる時もあると思いますけど(笑)。


これは映画を2回ほど見に行ってしまうかも分からんね。
あのスタッフでつくる最後の銀魂アニメになるかもしれませんし。

【追記】
エリザベス・・・

【劇場版銀魂 新訳紅桜篇】 予告とアニメ版の作画を比較してみました

2009年12月17日 22:50

前回の記事でああ言ってましたが、結局比較してみました。
よければどうぞ。

↓クリックで拡大されます


と言っても構図自体変わっている部分が多くて、大した量ではありませんが・・・。
あと何より面倒で(ry

とりあえず出来るところだけやってみました。
こうして見てみるとやはり全体的にクオリティが上がってることが分かる。
宇宙船(?)はCGになったみたいですね。かなり描きこまれてます。

初期の絵柄は軒並み直されてるっぽい。特に1話(アニメ3話)の銀さんが顕著。
これは好みが分かれそうな予感がします。

高杉の登場シーンも何気に書き直し。
劇場版では月の光がかなり明るくなってますね。幻想的でいいかもしれません。

ヅラの顔アップも陰影がくっきりついてて良い感じ。


やっぱり公開までwktkが止まらない。



関連記事(下にいくほど古いものになってます)
劇場版銀魂公式サイトがリニューアルしてました
劇場版「銀魂」公開日決定、前売り券購入特典はクリアファイル/先行カットも
映画化決定らしいですね

劇場版銀魂公式サイトがリニューアルしてました

2009年12月15日 22:53

劇場版銀魂公式サイト

遅まきながら今日気付きました。

とりあえず予告が新しくアップされていたので見てみたら新作カットしかなくてワロタ
いつものBGオンリーからよく使われてる1話のアバンなど、使いまわせるモノまで書きなおしてるこの気合の入りよう。
神楽に「新作カットの一つや二つ~」と言わせていたのは自らを追い込むためだったのか。
さすがいつでも全力投球なスタッフ。


新作カットが公開されたら前回みたいにアニメ版との比較をしようかなあと思ってましたが、ほとんど変わってたのでいらなさそうです。
銀さんと姉御のシーンは原作準拠に戻すみたいですね。個人的にはどっちも好きだったのですが。


追加カットで目ぼしいのは神威&阿伏兎、真撰組、銀さんぐっさりシーン、子供時代ぐらいか。

神威は他に万斎の登場場面が増えていることから、春雨との会合シーンでもするのかな?
真撰組は地球防衛軍の役割を行うのかもしれません。
もしせんぷうきのお姉さんリストラならば個人的には残念ですが、アニメをあまり見てない人に「誰?」と思われてしまいそうだし、
分かりやすい真撰組に変えるのも仕方が無いのかもしれませんね。
・・・いや、自分の勝手な予測なんですが。

銀さんぐっさりは予告詐欺だということがヒシヒシと伝わってきます(笑)。
今年のコナン映画のような予告詐欺にはもう騙されないぞー(笑)。

子供時代は3人とも何かキラキラしててワロタ
これが20年ほど後にはダメ大人どもになるのか・・・



気合を入れまくってるスタッフへの尊敬と空知んたまへのお祝いも込めてブログパーツ設置しときます。
バナー(?)の下あたりをクリックすると新作カットしかない予告が見られるので、どうかスタッフの頑張りを見てやってください。


おまけ

Amazonの2009年ベストセラーランキングを見てみたら、

アニメDVD部門に「銀魂 ジャンプアニメツアー2008&2005」 が、
アニメミュージック部門に「銀魂BEST」が入っていました。

周りがけいおんや化物語、マクロスFなどの超人気アニメだらけの中、夕方放映アニメがよくぞここまで健闘したなあと感じました。
5年目があるにしても無いにしても、原作好きとしてはここまで(無駄な方向に)力を入れたアニメがあったこと自体が嬉しい。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。