スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にやら河田雄志・行徒(&行徒妹)作品が増えてきた件(2)

2014年11月28日 21:47

前回の記事はこちらです~
祝!北斗の拳イチゴ味3巻&エヴァンゲリオンピコピコ中学生伝説1巻発売!

◎ドン・キホーテ 憂い顔の騎士 その愛(全2巻)

ドン・キホーテ 2 (BUNCH COMICS)ドン・キホーテ 2 (BUNCH COMICS)
(2014/05/09)
行徒

商品詳細を見る

前回も紹介しましたが完結したので!

 いやー、まさかの感動路線でしたね(笑)
 イケメン騎士であるカラスコさんのキャラがあんなことになってしまった時には「やはり河田作品だったか…」と思ったものですが、あれからよくここまで感動的にまとめ上げたと思います。
 アロンソの騎士になりたいという思いがどこから来ているのか、サンチョがアロンソのことを徐々に信頼していく姿が駆け足ながらもしっかり描かれていて好印象です。原作と比べて二人の年齢設定が違うのにも意味があって、読後は感心しました。
 作者ファンとしては、何気に巻末にあるコラム(?)が非常に楽しいです。河田さんの後書きは短いイメージなのでこれだけたっぷり文章を楽しめる機会は貴重だなーと。コラム欄にある行徒さんのラフ絵も非常に美しいので眼福。

 河田作品の中でも真面目方面に要素を振っている作品だけに、かなりとっつきやすいと思います。
しかしやっぱりギャグは薄めなので、最近イチゴ味等で作者さん達に興味を持った方(ギャグを期待している方)等には薦めづらいですねー。


◎堕天使学園デビパラ(全1巻)

堕天使学園デビパラ (カドカワコミックス・エース)堕天使学園デビパラ (カドカワコミックス・エース)
(2013/11/01)
行徒

商品詳細を見る


イケメン×巨乳×悪魔。
単行本オビに書かれているこのフレーズが作品の全てを表わしていると思います。

天海 悠戸(あまみ ゆうと)・椿 小鳥(つばき ことり)・森木 林(もりき りん)は、とある離島にある学校に通う高校生。
ある日の校庭で、校長が悪魔との契約を始めることからこの物語は始まる。
そこに居合わせ魔界に呼び出された生徒たちは自らの望みを叶えるために悪魔と契約を行っていく。
二人のヒロインは自らの欲望のため悪魔と契約し、契約を拒否していた主人公も生徒全員を人間界へ戻すため悪魔との契約を行う。
人間界へ戻ってきた生徒たちは、悪魔の力を使うほどに増えていく身体の刻印に怯え、欲のために力を行使していく者も出始める。完全に自身が悪魔の支配下におかれる前に、悪魔との呪いを解くことはできるのか――



 というのが主なあらすじですが、まず生徒たちの望みが「女子は巨乳、男子はイケメン化」というのが非常に俗っぽくていいと思いますし、呪いを解くための方法があまりにも酷くて(褒め言葉)笑ってしまいました。

 ギャグダークファンタジーというあまり例を見ないジャンルですが、意外と(?)しっかり友情モノしてていいと思うんです。
 特にキャラクターの魅力が高いと思います。林ちゃんは河田先生と行徒先生が描く女の子キャラの中ではドリルと双璧を為すぐらいに好きですね。その結果もう一人のヒロインである椿ちゃんの影が若干薄くなってますが、椿ちゃんは主人公のヒロイン、林ちゃんは作品のヒロインと言う事で…。
 あとこの作品を語る上で外せないキャラクターは何と言っても南山でしょう。完全に「ミツルギ」における中二階堂ポジション…というか、外見の雰囲気もそのまんまですね。彼ほどにこの作品を引っかき回したキャラはいないと思います。
 個人的には南山とフォンティーヌの関係にカプ厨の血が騒ぎます(笑)。

 行徒さんも「オシャレな悪魔バトルを期待して手に取ってくださった方には申し訳ない気持ちでいっぱいです」というコメントを残されていましたが、こんなに酷い悪魔モノは初めて見ました(笑)。
 1巻でまとまっていて読みやすく、ギャグも全編にわたって激しめなのでお薦めです。


 続きは次回!
スポンサーサイト

いつの間にやら河田雄志・行徒(&行徒妹)作品が増えてきた件(1)

2013年11月02日 00:23

 お久しぶりです。
 学園革命伝ミツルギが終了を迎えての寂しさをブログに綴ったのはもう一年以上前になりますが、最近河田&行徒コンビの単行本が増えてきて嬉しいですね。せっせと初版本を集める日々です。

 紹介もかね、一言ずつ感想などを。もし興味を持たれたら是非。


◎もぎたて☆アイドル人間(全3巻)

もぎたて☆アイドル人間 (1) (角川コミックス・エース 328-1)もぎたて☆アイドル人間 (1) (角川コミックス・エース 328-1)
(2011/04/04)
行徒

商品詳細を見る

河田氏が書く作品ということでまともなアイドルものではないことは明らかなのですが、行徒さんのデザインも癖があるので従来のアイドル漫画とは一線を画したモノになってます。

 あらすじとしては、弱小事務所「リトルアナーキー」が起死回生のため、新人アイドルを売り出すことを決める…という感じです。
 その新人アイドルの4人組(藤ナイ子、百地餡、千戸・ダイダロス・千尋、地池カカ子)が全員強烈なメンバーなのですが、特に百地餡のぶっ飛び具合が凄まじいです。
 割と初期の設定が固まっていない頃は4人がほぼ同程度のおバカさんという感じですが、中期からの彼女のアグレッシブさは常軌を逸していると思うほど。初期からゲスキャラを前面に出しているナイ子ですらツッコミに回るほどの能力を持っています。

 個人的にこの漫画の一番の武器はその「異常なほどの勢い」だと思うので、これから読まれる方は是非1巻から3巻まで一気読みして欲しいです。
 アイドルグループの苦悩、迷走、栄光、そして挫折が勢いあるギャグで駆け抜けていきます。
 これは全14巻で、舞台もほぼ生徒会室のみだったミツルギにはなかった面白さだと思います。

 主要キャラもチーズッズの4人、ヴィジュアル系バンドの4人、事務所の2人と少ないながら、どの人物もキャラが立っていて面白いです。
 芸能人として避けることができない「老い」という試練にさえ立ち向かい、夢を諦めないことを教えてくれるラストシーンは、正直結構(半分ほど?)感動モノでした。まあ、絵ヅラで感動しきれないのがこの作品っぽくもあるのですが…。


 世間では「ミツルギ」が代表作ですが、こちらを代表作に挙げても全く支障はないほどにクオリティの高いギャグマンガだと思っています。彼女たちの激闘の日々を楽しんでください。


◎ドン・キホーテ 憂い顔の騎士 その愛(既刊1巻)

ドン・キホーテ 1 (BUNCH COMICS)ドン・キホーテ 1 (BUNCH COMICS)
(2013/09/09)
行徒

商品詳細を見る

 原作は有名な文学作品ですが、まあお察しの通り、完全なる河田ワールドに侵食されています。
 
 40歳過ぎにして騎士になることを諦めない、ガラスのハートを持つ中年・アロンソ。
 そしてその中年に(嫌々ながら)付き従う従者の少年・サンチョ。


 この二人が織り成す旅物語です。
 「もぎたて☆アイドル人間」とは違い、ゆるめの内容でギャグも落ち着いているように思えますが、その分二人のキャラが掘り下げられ、アロンソがただの情けないオッサンキャラでは収まらない、正義感には溢れた好人物であるということが丁寧に描写されています。
 自分が信じる騎士道物語が幻想であることを心の底では薄々わかっていつつ、人見知りながらに騎士を目指すアロンソがかっこいいですよ。サンチョが嫌々ながらも協力を惜しまないのがよくわかります。

 原作があるストーリーものなので展開も興味深く、河田作品特有のギャグ時空でありながらネタの濃さはとっつきづらくないレベルなので、初めて河田作品に飛び込むならこの作品から読むことも十分にアリだと思います。


続きは次回!

世界鬼 1巻感想

2013年01月12日 22:33


世界鬼 1 (裏少年サンデーコミックス)世界鬼 1 (裏少年サンデーコミックス)
(2012/12/18)
岡部 閏

商品詳細を見る


裏サンデーで一番楽しく読んでいる漫画です。
サイトの方で全話見られるので単行本はお布施のつもりで買ったのですが、予想以上にいい出来でした。


★世界鬼を知らない方へ

こちらのページで連載されています。

鬱屈とした世界観に最初は面食らうかもしれませんが、暗い作風が一気にカタルシスを感じる展開に反転する描写はお見事の一言です。
実際にとある回から「世界鬼」の作品ランキングが非常に上昇し、今では裏サンデーの主力と言っていいほどの盛り上がりを見せていると思います。
興味があればぜひ一読を。


★単行本感想など

足立輝。彼の武器がなぜ「薔薇」なのか。

描き下ろし短編が非常に素晴らしい出来でした。決してページ数が多い訳ではないのですが、足立君のキャラクターがとてもよくわかるようになっていました。
短編を読んだ後に本編を読み直すと、また彼の絶望が際立っていい感じですねー。


2巻ももちろん購入しようと思います。

福地翼作品におけるメガネキャラの重要性について

2012年10月17日 15:42


アナグルモール 3 (少年サンデーコミックス)アナグルモール 3 (少年サンデーコミックス)
(2012/09/18)
福地 翼

商品詳細を見る

 アナグルモール、3巻まで発売されましたね。表紙のデザインがうえき時代に比べて洗練されており、毎回お気に入りです。
 まあ福地作品ベストオブ表紙はうえきの法則最終巻ですけど。

うえきの法則 (16) (少年サンデーコミックス)うえきの法則 (16) (少年サンデーコミックス)
(2005/01/14)
福地 翼

商品詳細を見る



 アナグルモール、面白いです。

 ちょっと微妙な能力を持った主人公が知恵で頑張る能力バトル・・・ということで、うえき好きな私としてはストライク。主人公ルチルの能力が植木のように応用が効くものなので、今後も力押しじゃないバトルが見られそうでwktk。

 「うえき」では中盤からバトルが神器に重点を置かれるようになったので、植木の「ゴミを木に変える力」を活かしきれた・・・とは言いにくいと思うのですよね。最後のアノンが仕掛けたどんでん返しも「能力」ではなく「才」だったのが、能力を活かしきれないと思う理由かなー。
 もちろん序盤の設定である「才」を最終決戦で使用したこと、植木以外のバトルでは「能力」を上手に使っていた(特にVSマリリンチームはよかったなー)ので作品としては面白かったんですが。

 その分、神器が登場しそうにない「アナグルモール」にはこのまま能力バトルして欲しいと期待が高まります。



 また福地作品はヒロインが可愛い事で有名ですが、中でも千羽ちゃんとアルルのツートップの破壊力が凄い。

 千羽ちゃんはどっちかというとお姉さんという感じで、あんまり出番が貰えない囚われヒロイン系ですが、それでも少ない出番で魅力が伝わってきます。
 千羽ちゃん・京介・ルチルで兄弟っぽいイメージなので、ルチルの恋愛ヒロインはアルルなのかもしれませんね。

 アルルは布面積少ない黒衣装・無表情系・ちょっとSっぽい・・・と三拍子揃ったあざと可愛いヒロインです。蹴り技が得意というのも素晴らしい。



 が。



 足りない。何かが足りない。



 「アナグルモール」は面白い作品なのですが、福地作品最高傑作(だと私が思っている)「うえきの法則」にあと一歩足りないのです。

 それは何故か・・・と思って「うえきの法則」を再読してみたら良く分かりました。




 メガネキャラが足りない。




 「アナグルモール」には、あいちんが居ない。キルノートン先生が居ない。鈴子様が居ない。
 「うえきの法則」で私の好きなキャラトップ3が居ないのですよ!これは早くメガネキャラを登場させるべきだと思いますね!


 福地せんせーは本当にメガネキャラを魅力的に書く人なんですよ。

 あいちんのツンデレとも言い難い、世話焼き系とも言い難い、あの「植木耕介の事が心配で一緒にいる森あい」というキャラクター像は本当に素晴らしいものだと思います。
 ギャグもシリアスもツッコミもボケもこなせる、植木の相棒として横に並び立てる存在であるヒロイン。
 数多くの漫画作品の中で、一番好きなヒロインは?と聞かれたら迷いなく「森あい」と答えられるほどの好きなキャラクター。


 全体的にギャグ要員でありながら、仲間の為なら洗脳されることも辞さない熱い男の子。だけど変態扱い。
 そんなキルノートン先生も素敵です。
 登場回数は非常に少ないながら、読者のインパクトを一気に掻っ攫っていったあの雄姿は忘れられない。



 福地せんせー!メガネキャラを!あなたの描くメガネキャラは最高なんですよ!
 是非今回の作品も素晴らしいキャラクターを生み出してくれることを祈って。



(もちろん、今のアナグルモールのキャラに魅力がないと言ってる訳ではナイデスヨー。メガネキャラ出さないから駄作とか言うつもりも無いし、これから先素敵なメガネキャラを出せ出せと言っている訳でもナイデスヨー。)

学園革命伝ミツルギ なかよし 4巻(最終巻)感想

2012年09月28日 11:30

学園革命伝ミツルギ なかよし(4)(完) (ヤングガンガンコミックス)学園革命伝ミツルギ なかよし(4)(完) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/09/25)
河田 雄志、行徒 他

商品詳細を見る


 ついにミツルギも最終巻を迎えてしまいましたね・・・。
 無印時代から数えると足掛け8年ですか。早いものだなあ。

(以下、ネタバレありの感想)

 まだまだ生徒会メンバーのグダグダした日常を見ていたい者としては寂しくもあるのですが、コミックス書き下ろし番外編を読んでみたらあの5人の腐れ縁は大学を卒業してもずっと続きそうですね。本誌最終回の卒業エンドでは5人がバラバラになってしまうことに私が落ち込んだので、非常に良い終わり方をしてくれたなあと思います。会計の将来は暗いでしょうが。
 でもやっぱり会計が4人に振り回されているのが一番好きです。ビジネス革命伝ミツルギやろうぜ!

 本編ではやっぱり「ファイナル5人」が印象に残りました。イクラを川に放流してるシーンがツボです。もぎたて☆アイドル人間の百ちゃんといい、河田さんのイクラネタに非常に弱い気がします。
 番外編ではアンドロイド日記が超絶に可愛かった!このBSチルチルと三一少年立体化して欲しいなあ。若干絵柄が古めかしくしてあって非常に可愛いのですよ。何気にミツルギさん&中二階堂さんの三年生コンビが好きだった身としては、パラレルワールドであってもこの二人の友情が垣間見えて面白かったです。

 さらに表紙の美剣さまが美しいこと美しいこと。なかよし3巻の表紙も好みでしたが、今回は表紙・オビ・中表紙・目次ページと全部合わせて最高でした。行徒さんのこういう塗りはおっそろしく綺麗ですよね。


 あと10巻ぐらいは続けて欲しかった・・・というのが本音ですが、満足のいく最終巻でした。
 河田さん、行徒さん(あと行徒妹さん含むアシスタントのみなさま)、本当にお疲れさまでした。これからはアイドル人間の最終巻と新連載を楽しみに待っています。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。