スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂61話「闇夜の虫は光に集う」

2007年06月23日 17:43

【6/24 少し書き直しました】


長いこと闇の中に在ると、目玉には映らん僅かな光さえ拾えるようになる
そいつが人間の放つモノだと知ったのはいつだったか・・・


線香花火のように人間もまた消えゆく時、一際大きく美しい花を咲かす
だが稀にこいつを生きながらに背に負う輩がいる。
その光はひどく不安定で、攻撃的で、そして悲しい色を帯びていた
知ってか知らずか、その光に惹かれ人は集まる
そう、まるで蛾のように


だが一度あの光を見てもう闇の中に戻ることは、俺にもできなかった
俺も立派な蛾だ。
再び篝火を失うことを恐れる蛾、
そして激しく燃える篝火に呑まれまいと必死に抗う蛾、
篝火を必死に舞う蛾。
どこもかしこも蛾だらけだ


だが虫けらに混じって妙なのが一匹
コイツは蛾なんかじゃない
ひどく分かりづらいが、たしかに僅かに光が見える
そう例えるなら刀 鞘から抜き放たれた鋼の刃


鋭く光る 銀色だ



だが、どうしてかな
・・・どうにもコイツの色は 気に入らねェ








銀魂スタッフさんはやればできる子(マテ
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。