スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅごキャラ!8話「君の瞳に恋してるっ!」

2007年11月30日 20:38

(公式あらすじ)

唯世のことが好きな5年月組の渡会美咲と共同戦線をはることになったあむ。美咲と一緒に行動するようになってから、周りが慌しくなるも同じ気持ちを持つ女の子と共に行動することが楽しいことに気づく。一方、気持ちが揺れ動く美咲の背後から忍び寄る二階堂…。美咲の体から×たまが!?

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

『海外発、FF以外のスクウェアのゲームTOP10』という記事を見つけました。

2007年11月30日 17:36

痛いニュースさんのこの記事より。


「ゼノギアス」「ライブ・ア・ライブ」海外発、FF以外のスクウェアのゲームTOP10


海外発、FF以外のスクウェアのゲームTOP10
1、Xenogears (ゼノギアス)
2、Vagrant Story (ベイグラントストーリー)
3、Chrono Trigger (クロノ・トリガー)
4、Parasite Eve (パラサイト・イヴ)
5、Super Mario RPG (スーパーマリオRPG)
6、Chocobo Racing (チョコボレーシング)
7、Threads of Fate (デュープリズム)
8、Ehrgeiz (エアガイツ)
9、Live a Live (ライブ・ア・ライブ)
10、Einhander (アインハンダー)

http://www.qj.net/QuickJump-QuickList-Top-10-non-FF-overdue-sequels-from-Square-Enix/pg/49/aid/106792




元記事はこちらのようです。




>9、Live a Live

>9、Live a Live

>9、Live a Live




・・・いいランキングじゃない!(by:コモ様)



まさか海外の方にまで評価されてるとは思いませんでした。
元記事のLALの項を簡単に訳してみたら、

1:タイムトラベル要素とマス目型戦闘要素が両方楽しめる。
2:有史以前の時代から遠い将来までが点在している(?)。
3:原始人、拳法の達人、忍者、西部のガンマン、格闘家、超能力者の孤児、ロボット、姫を救いたい勇者になることができます。
4:時代は古代中国、封建的な日本、昔の西部、現代の日本や未来など。

5:LIVE A LIVEの各章は一件無関係なようですが、ある一つのシナリオがバラバラだったシナリオを繋ぐとき、あなたは今までなんと壮大な冒険をしていたのかを理解します。
6:このゲームに残されたことは、あまり回転という戦術要素があるゲームが少ないので、続編を作ることでしょう。(ここはかなりの無茶翻訳)


最後あたりは正直よく分からなかったのですが、「続編」とかいう単語が見えたので続編を期待しているのだろうと勝手に解釈しました(マテ 。

英語の成績は散々なので、あくまで適当訳、ということで(笑)。
間違っていたら教えて頂けると有り難いです(コラ 。

・・・それにしても、私のLALに対するこの情熱は何だろう。



とりあえず、5の項目に激しく同意を。
この記事を書いた方とはいい関係を築けそうですね(ぇ 。
確かに、「To be continued」から最終編へのワクワク感は異常でした。



やっぱり、好きなゲームがこんな風に紹介されていると嬉しいです。
と言うより、海外で認知されていたのが驚き(笑)。あんまりよく分からないのですが、発売されてたっけ?




最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。