FC2ブログ

漫画版「ダレン・シャン」 (作画:新井隆広)感想

2009年09月11日 01:56

漫画版「ダレン・シャン」 感想


◆あらすじ
「奇怪なサーカス」シルク・ド・フリークを見に行った少年ダレン・シャンは、毒グモマダム・オクタに噛まれた友人・スティーブの命を助ける為、正体不明のバンパイア、ラーテン・クレプスリーと恐ろしい取引をすることになる。そして、ダレンの運命の歯車は大きく狂っていく……
(Wikipedia先生より)


※原作は既読済みですが、数年前のことなので記憶が曖昧です。


サンデー漫画は原作付きに外れ無しだなあ。
もちろんその前に「私が読んだものの中で」と限定が付きますが、「魔王」(大須賀めぐみさん作画)という原作付きの良作を読んだこともあってその気持ちが大きくなってきたぞ。

「魔王」では原作への愛を持ちつつかなりの改変を加えていたそうですが(原作未読です)、こちらは「原作の1巻を単行本1冊にまとめなければならない」という制約があったからか、
原作に何本かある軸のうちのいくつかを重厚に描きだした感じを受けました。

そして、漫画版で重要視された軸の一本に「ダレンとスティーブの関係性」があると思いました。


(ここからネタバレ注意。「続きを読む」からどうぞ。)

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト





最近の記事