スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画化決定らしいですね

2009年10月25日 19:02

銀魂のことです。
ちょっとした騒ぎになってたので驚きました。

おおー空知本当におめでとー、ついに来るところまで来たな。
じゃあ某所でリークされてた通り、やっぱり5年目は無いということでいいのかな?
これ以上どうやって続ければ良いのかわからない感じもしますしね(笑)。


で、溜め取りしてた銀魂(月詠編?)を見たらスタッフの気合が入りすぎてて笑ってしまった。
もう何アニメだよこれww

白黒、かなり雰囲気あっていいですね。あとOPの入り方の演出がすごく良かったと思います。
OPの存在をフルに使った演出は紅桜の時のOPEDシャッフルを思い出しますが、今回もそれに負けず劣らずの出来だったんじゃないかと。
というか、このシーンをやりたいためだけにOPのコンテ切ったんじゃないか、と(笑)。
枚数凄いし、気合の入りかたがよくわかります。


しっかし銀魂アニメが始まった当初はここまで化けるとは思いませんでした。
あのセリフ量をどうするのかが不安でしたし、実際春雨回ぐらいまでは結構ヒヤヒヤしながら見ていたんですが(笑)、
今では原作っぽいテンポが完全に表現されてると思います。


・・・ただ今回のもそうだったんだけど、アニメでシリアスなのをしてしまうとちょっと恥ずかしいのは何故なんだろうか・・・(笑)。
いや、非常に面白いんだけど。声がつくと途端に迫力が増すからかね?


ということで映画もアニメも期待してます(もちろん原作も)。
噂では、高松さんが監督やってくれると聞いたんですがどうなんでしょうね?
スポンサーサイト

ごめんなさい

2009年10月24日 19:16

前回の記事で「プレイ日記でもやるか」と書いていましたが
合間にちまちま進めるつもりだったDQ9にハマりすぎて全然プレイできてません

これがはじめてのドラクエなんですが3日ほど前からぶっ続けでやってます、本当にすみません

とりあえずいろいろ言われてたけど、サンディはかなり可愛いと思う。
ただこれは私が初めてDQを触ったからで、シリーズ作品に思い入れのある方はぶっ飛んでて受け入れられないのも無理はないかなぁ、と思っています。


しかし鳥山絵の女の子は可愛い・・・

今現在は たびげいにん・けんし・まほうつかい・そうりょ のパーティで、
上級職?なにそれおいしいの?という初心者っぷりを発揮してます

あと名前考えるのにけっこう悩みますね。ポケモンのニックネームといいこういうのに無駄に時間をかけてしまう。


もう好きな漫画とか小説から取ってしまおうか、ということでこんなんになりました↓

職業/性別/名前/元ネタ

たびげいにん(♀):なぎさ (← 咲村なぎさ)
けんし(♂):いずみ     (← 羽柴泉水)
まほうつかい(♀):さよ   (← 憂木沙夜)
そうりょ(♀):ゆい      (← 後藤由比)

なぎさとゆいはキューピッズシリーズより。
いずみとさよはハイスコアより。

さよが虫も殺さなさそうな顔で攻撃魔法をガンガン撃ってくる、予想以上にわたしの沙夜感にマッチした闘いっぷりを見せてくれていて素敵です。
あと、いずみの顔のメイキングに一番手間取りました。20分ぐらい時間をかけましたが、全く泉水には似てないと思います。
泉水をモデルにするなら僧侶は嵐士でもよかったかなーと思いましたが、泉水以上に似なかったので嵐士はあきらめました。


ちょっとブログも少々お休みすると思います・・・

ハートゴールドプレイ日記 0

2009年10月20日 02:36

明日からHGのプレイ日記でも書いていこうと思います

一応アサギまで行ったんですが、微妙にモヤモヤして1週間ほど放置してました
趣味パで殿堂入り目指すよーと言ってたんですが・・・
ほとんどクリスタルと同じメンバーで、同じシナリオをプレイしていたので正直新鮮味がないというか。

ちょっとデータ消して8年前とは全く違うパーティーで挑んでみます。
とりあえず御三家は今までまだ貰ったことが無いヒノに決定かな。

日記(10/19)

2009年10月19日 08:03

まぼろし谷のねんねこ姫 に一致する日本語のページ 約 2,190 件中 1 - 10 件目 (0.23 秒)

  ( ゚д゚)  「・・・」
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
 
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

この漫画はもうちょっと知られていても良い
個人的に、アニメ化でめちゃくちゃ映える作品だと思うのでどっかやってくれないだろうか。
土曜朝枠か夕方枠ぐらいで。

「若者は未来を語り、老人は過去を語る」という言葉がありましたね

2009年10月18日 17:13

ふと思い立ってAA板に行ってみたら、制服スレがまだ続いていたことに驚きました。
あの時代のAA達を見るのが本当に久しぶりですこし懐かしかったです。

ちなみに私はウララー編終了の時に離脱したんですが、今はどこまで話が進んでいるのやら。
EIGHTSが好きだったなあ・・・と回想してみたり。
あと、ウララー編ラストの職人さんのレベルの高さは凄かった思い出が。

AA板もFLA板も衰退しきったイメージがありましたが、ひっそりと続いているのを確認できたのが良かったです。
若村技研さんが名前を変えて活躍されているのを知りました。100氏ってあの人だったのか・・・

日記(10/16)

2009年10月16日 23:48

放課後保健室を一気読みしたんですが、何と言うかすごかったです。
全編に渡って伏線とミスリードの塊。それらが一気に収束していくラスト付近は驚かされましたよ…

百合とBLをノーマルカプが内包している感じでした。好み。

「罪と罰 宇宙の後継者」 公式サイトムービー更新

2009年10月15日 23:23

先日も紹介してましたが、公式がここにきて大量更新してきましたよ。
罪と罰 宇宙の後継者 (公式サイト)

今回はプロモーションムービーと世界観紹介のムービー、システム面(ムービー付き)が新しく追加されています。
コントローラーはかなり選択肢が多いので自分にあったものを選択できるのではと思ったり。
イサとカチで近距離攻撃のアクションが違いますね。カチはおそらく蹴りっぽい・・・?
さすが、ヒトじゃないだけあるなぁ(笑)。


・・・というより、ムービーが凄い。
昨日、興奮のままにあんな日記を書いたほどに心奪われました。

私の勝手な予想ですが、前作ファンの人、すごく嬉しいんじゃないかなあ。
前作は兄と兄の友人がプレイしていたのを横で見ていただけの私でさえも「俺の心を繋ぎ止めてくれ」という台詞はテンション上がりまくりでしたよ。
これは良い具合にニヤニヤできるシーンがあると見て良いんですね?
いやー、ナレーションの「たった二人の戦争」という呼び方がツボって仕方ないです(笑)。


音楽もなかなか良い感じかも。
二人の台詞が日本語なのに少し驚きましたが(笑)。


11月上旬に5連休があるので実家に帰って思うがままにプレイしてきます。

日記(10/14)

2009年10月14日 23:36

ニンチャン見た。
罪と罰にやられた。



めもめも。

確定
・罪と罰
・TOG
・ニューマリ

保留
・FF外伝
・DQ9


年末年始が楽しみです。

噂の映画チケットを手に入れた

2009年10月13日 23:37

091013_2251~01
高校の時から現在まで交流のある親友が信者だったので貰ってきました。
彼女からもらった幸福の科学グッズ(?)が私の部屋を占領し始めてます。本は5冊ほど貰ってしまったなあ・・・。

映画館横のイタリア料理に釣られて、ちょこっと見に行ってこようかと思ったりしてます。
声優さん豪華だしね。


※一応言っておくと、私は幸福の科学の信仰者ではありません。

「罪と罰 宇宙の後継者」の公式サイトきましたね

2009年10月11日 21:06

罪と罰~宇宙(そら)の後継者~ 公式サイト

この記事を発見してから早二年か・・・
3日前ほどから公式サイトが公開されましたね。

相変わらず、キャラクターデザインがすごくカッコいいです。
イサはシャープな感じだし、カチはカッコよさの中にもふわふわした可愛さもあり・・・。
今回も鈴木康士さんっぽいですね。よかったよかった。

何気に、アイラン側の姓を名乗っているっぽいのが気になります。
イサ・アマミヤじゃいけない理由とは何なんでしょう。
あと、サキは出演するかな?わくてかわくてか。

ブンブンが休刊ですってね

2009年10月08日 23:06

今日知った訳なんですが・・・(笑)。
児童漫画誌は好きな方なんですが、ブンブンはバッズを打ち切った時に絶望してちょっと離れてました。
ほのちゃんの可愛さはすごい。

でもかなりお気に入りの漫画家さんも発見できたのでその点ではめちゃくちゃ感謝してます。
とりあえず南条アキマサさんと大西俊輔さんはこれからもチェックしていきたい漫画家さんですね。
あと、津島っくすさんはどこに行かれたんでしょうか。



何だかんだ言って残念ではあります。
これは、私が小学生の低学年~中学年ごろにポプラ社の作品を読み漁っていたことに原因はあると思うんですが(笑)。


(ここからブンブンに関係のない話)
「とんでる学園シリーズ」(シリーズというより、レーベルっぽさを感じてましたが)は狂ったように読んでいた記憶があります。
その中でも「ふーことユーレイシリーズ」「キューピッズシリーズ」「どきどき動物探偵団シリーズ」が好きだったなあ。


「ふーことユーレイ」は、多分一番最初に読んだ恋愛モノじゃないかなあ。
それまで(保育園時代)はファンタジーっぽい絵本が好きだったので。
その点でもかなり思い入れがあります。
(うろ覚えながら)ふーこに惚れた当て馬的人外キャラが好きだった覚えがあります(笑)。


「キューピッズ」も恋愛要素は少しあるものの、3人の友情劇がメインのいい作品でした。
困った時に助言してくれる渚くんはカッコよかったなあ。
一番好きなキャラは、(名前は忘れてしまったんですが)あの?リンの正体だった子ですね。
なぜかCCさくらの友世ちゃんっぽさを感じた、可愛い子でした。


「動物探偵団」・・・というより、超能力少女シリーズといった方がいいかも。
とんでる学園シリーズで一番好きなシリーズです。
とにかく、出てくるキャラクター全員が好きになる。特に亜希子の成長っぷりは最高です。
あと、結構ホラー要素が怖かった部分を覚えてます。とおりゃんせの話なんて結構トラウマものでした。


・・・というか、今ググってみたら思っていた以上にとんでる学園シリーズの情報が少ないことに絶望した。
次に実家に帰ってみたら、図書館から探し出して目録でも作ってみようかな。

カブトボーグのサントラが欲しくてたまらない

2009年10月04日 02:07

人造昆虫カブトボーグVxVサウンドトラック人造昆虫カブトボーグVxVサウンドトラック
(2007/09/26)
TVサントラ

商品詳細を見る

人造昆虫カブトボーグ V×Vのサウンドトラック。

名曲ぞろいであるカブトボーグのサントラです。欲しいなあ。
ふと聞いた噂によると覚醒ロイドのテーマと46話のジョニー対戦曲が入っていないと聞いたのですが・・・どうなんだ!
お金に余裕ができたら買おうと思います。ケンのテーマは名曲だよなー。


最近ほんのりカブトボーグがニコニコの方で流行っていて感激しました。
まとめ動画でこのアニメを知った方にはぜひ本編をすべて見て頂きたいと思います。
私がカブトボーグの中でもツートップだと感じている39話と41話などは、1話からの積み重ねがあってこそ素晴らしい雰囲気があると思うのです・・・。特に41話は。


それにしても39話は本当に素晴らしかった。


まずCAの一言で出オチをぶちかまし、今回も脚本が狂っているのか・・・と視聴者の興味を開始10秒で掻っ攫っていくあの構成力が凄まじい。
確かに所々狂っている部分があるものの(野生ボーグやエアチャージなど)、全体的に見れば大人組の活躍や最後のリュウセイさんの熱い叫びで飛行機の墜落(?)を阻止するなど、王道とも言っていいほど熱い展開で終始燃えっぱなしです!


特にこの話が楽しいのは、大人組のキャラクターがこれまででしっかりと立っていることが大きいんでしょうね。

中華三兄弟は捨てキャラだと思っていたのにいつのまにかリュウセイさんの兄貴より出番が多くなっているし、ジョニーはリュウセイさんのライバルポジションだし。
Xも何だかんだでキャラが濃いので目立ちますし。
そしてみんな大好きビッグバンオーガニゼーション組はいつも通りの存在感で常に場の空気を握っていたような気がします。
この話で強く思うのは、笹本の重要性。
笹本がいるからこそ親父があれだけ輝けるんだろうなあ・・・と、常に一歩引いてビッグバンを立てている笹本を見てそう思いました。


やっぱり主人公勢だけでなく、敵ポジションの大人組も魅力的だと今回のようなオールスターではワクワク感が違います。
ハリー・ポッターでも親世代が結構人気だったじゃない。限られた層だったかもしれないけど。



そして前半はあまり良いところがなかったリュウセイさんだったけど、後半の「チャージ全開!」あたりから非常に主人公していて好きです。
11人が一斉にチャージイン→飛行機を受け止める という流れですが、キャラクターの叫びが熱く、カブトボーグ屈指の名シーンになっていると思います。


そして何と言ってもCパートでしょう。
なんだ、あの張っていない伏線を全力で回収しに行く男気は!

いつかデスバレー編がOVAあたりにならないかと本気で期待しているほどです。
私だったらデスバレーの幹部が世界大会での4人(兄貴、ジャンマイケル、フランシーヌ、王子)というひどい展開にしそうですが、あの脚本家の方々がどうデスバレー編を描くかを見てみたい。

・・・というか、その4人はあのままフェードアウトさせておくには非常に勿体ないキャラだと思うんだけどなー。
兄貴よりジャンマイケルの方がその後の出番が多いってどうなのよ。
まあ、それがカブトボーグなんでしょうけど。



と、興奮に任せて上の文章を書いていたのですが、今見直してみたら
>確かに所々狂っている部分があるものの(野生ボーグやエアチャージなど)、全体的に見れば大人組の活
>躍や最後のリュウセイさんの熱い叫びで飛行機の墜落(?)を阻止するなど、王道とも言っていいほど熱い
>展開で終始燃えっぱなしです!

たった11機のボーグで飛行機を支えることに全く疑問を持っていない私はけっこう酷いボーグ脳かもれません。

・・・カブトボーグバトンでもやろうかな?

日記(10/2)

2009年10月02日 23:46

昨日、私もお気に入りに登録してある、綾辻行人さんのデータベースサイトであるAyalistさんが9周年を迎えられたようです。
9年間もあの更新頻度を保っておられることにはただただ脱帽です。
これからも密かに応援したいと思います。


ふとお気に入りを巡回していたらSENTIVEさんのサイトが見られなくなっていました。
これは一時的なものなのかな?

しかしSENTIVEさんのボーカルアルバムである「CYDER」を探し始めてもう何年経っただろうか・・・
流石に頒布が昔すぎてどこも扱ってないんですよねー。
ちまちまオークションをチェックしたりはしているのですが・・・
うーむ、フル版のdischordが聴きたい。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。