スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記(1/31)

2010年01月31日 01:48

流行に流されてツイッター始めてしまいました。
つなビィと同じように簡単操作なのでやりやすいですね。

とりあえずこれを始めた理由の9割はエリザベスをフォローするためなので、劇場版公開が終わったら続いているかはわかりません。
スポンサーサイト

いろんなゲームが発表された中で、気になったものとか

2010年01月30日 18:29

ポケモン完全新作が2010年内に発売決定らしいです

任天堂は29日、人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの完全新作を2010年内に発売すると発表した。同日、都内で開かれた同社の2010年3月期第3四半期決算説明会で、ニンテンドーDS向けに開発中であると岩田聡社長が明らかにした。

  同作は国内累計出荷580万本を記録した『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』(2006年9月発売)以来となる完全新作。タイトル名や発売日などの詳細は明かされていないが、“全く新しいポケモン”が多数登場し、“新境地での冒険ストーリー”が展開される。


ソースはこちらから。

うおおおおお楽しみだ
完全新作・・・実に四年ぶりか。
私はこの四年で何も変わって無い気もするぞ。

とりあえずハードはDSなんでしょうかね?今まで新作はハードを変えてきたのでちょっと意外です。
新ハードの起爆剤にするのかと思ってました。

気になるのが互換性ですが・・・DSiでゲームボーイアドバンスの互換性をばっさり切ったので、
今回はRSEのダブルスロットは無しと考えていいのだろうか?
そうすると、いつか(3年後ぐらいかなー)来るであろうRSEのリメイクも出しやすいかもですね。


とりあえずジムリのカットインとポケモン連れ歩きは残しておいてくれ。
こちとら早くフウ&ランのカットインが見たくて、RSEリメイクにwktkしてるんですから(笑)。



「THE LAST STORY」(音が出ます)
タイトルロゴがFFチックだなあと思ったら、坂口さんの新作だったんですね。
ソースは上の公式サイトと、一応こちらもどうぞ。
(何気に、その6ページ目にある黄金の太陽にもワクワクしてます)

なるほど、9月ごろに少し話題になったコレはこのことだったのか。
WiiにはRPG枠が少ないですもんね、RPG好きの人にとってはかなりの朗報なのでは。
ちなみに私もRPGは好きなので、ちょっと興味を持っていたり・・・



なかなか今年も楽しめそうなゲームがいっぱい出てきてくれそうで嬉しいです。
あと、このディズニーゲームの続報早く出ないかなー。すっごく楽しみ。

日記(1/29)

2010年01月29日 00:18

セガチューの最新話に燃えた。
ギアはやっぱり主人公だなあ・・・テジロフとの対戦が楽しみです。
あとゼリグが心なしかイケメン度が増した気がする。

そして、
ソルディアきたあああああああああああああああああ

やっぱり大物キラーの見開き登場(厳密には初登場という訳でもないが)にはwktkします。
そしてソルディア軍の元ネタが全くわからない(笑)!
バルザックがクラッシュバンディクーだということだけ前のサブタイ、「クラッシュ」で分かっただけです。

ゲームは好きだけどPS系のゲームはそんなに詳しくないからなあ・・・
兄に聞いたら分かりそうなんですが。


「蒼い世界の中心で」・・・セグアが中心でいられるのももう少しなんだろうか・・・
ますます盛り上がってきて更新が楽しみです。

ありゃりゃ

2010年01月28日 23:02

アニメ銀魂が終わるらしい
私の地域では本放送はまだなんですが、某スレが加速してるのでなんとなく察しがついて覗いてみたら、やはりその話題だった。

今からの話数を考えるに、リヴァイアサンと陰陽師編やってスグ終わりそうだなあ。
サンタの話とか、冬のパン祭りとか期待してただけに残念。
特に山崎は、ようやくあんパンという新しいフックができたばっかりなのに・・・


最近アニメがやがや箱を買ってきてアニスタインタビューとかを見てたんですが、このアニメスタッフはアニメオリジナルの長編とかをやって尺を稼ごうというスタンスでは無いみたいです。
原作を大事にしている、という点では非常に良いスタッフに恵まれたよなあ。
作画面もさすがサンライズと言ったところ。今のOPを始めてみた時には動きまくってて驚いたものです。
ま、パロディ臭が強すぎる時もあると思いますけど(笑)。


これは映画を2回ほど見に行ってしまうかも分からんね。
あのスタッフでつくる最後の銀魂アニメになるかもしれませんし。

【追記】
エリザベス・・・

斬撃のREGINLEIVが面白そうです。

2010年01月27日 19:21

斬撃のREGINLEIV 公式サイト(音が出ます)
ニンドリに乗ってた紹介ページで興味を持ちました。
公式サイトに行ったら、かなり爽快感があるゲームっぽいですね。
突撃厨としては大剣が見逃せません。

ググりましたが、なるほど地球防衛軍を作ったメーカーさんなのかー。
友達の家で地球防衛軍3をちらっと見せてもらいましたが、ラストバトルの熱さは凄まじかったなあ。
紹介動画を見る限り、今回もそれに倣ってNPCが叫びまくりそうでワクワクしてます。

何気に、神々の鎧のデザインが素晴らしいかも…。
白を基調とした華やかな鎧ですね。髪型ともマッチしていてすごい好み。

キャラ的には…ブリュンヒルデが人気でそう。みゆきちだし(笑)。
声優さんもなかなか人気の高い方が揃っていて、これも一つのウリかもしれません。


惜しむらくは私がしばらく購入できそうにないことですね。
Wiiは実家だし、実家には17歳以下の妹がWiiを占領してるんで発売後スグには買えないだろうなあ。
春休みに入ったら検討しよう…

「惑星のさみだれ」 感想(8巻まで)

2010年01月24日 14:34

惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)
(2009/11/10)
水上 悟志

商品詳細を見る

「惑星(ほし)のさみだれ」が面白すぎる。
既刊分全巻読みましたが、内容を知っていると8巻表紙を見るたび燃えまくって困る。
主人公の雨宮夕日は、ある朝、言葉を喋るトカゲから世界を救う騎士の一人として選ばれたことを告げられる。最初は無関心な夕日だったが、敵である魔法使いが生み出した泥人形の襲撃を受けてしまう。死を覚悟したそのとき、守るべき姫である朝比奈さみだれに救われ、更に常人ならざるさみだれの気概に触れたことで彼女に忠誠を誓う。ここにひとつの主従が成り、夕日の戦いが始まった。
(Wikipediaから抜粋したあらすじ)

最初は「騎士と姫の地球防衛軍のお話」かと思ってたんですが、これが実は「魔王とその部下の世界破壊話」であったことに一気に話に引きこまれました。
そのギャップで中盤まで楽しく読んでいましたが、中ほどあたりから夕日の心境の変化が描かれていき、正直どのような終わり方をするのか全く想像がつきません。
もしかしたら騎士が魔王を裏切るかもしれないというワクワク感。


何よりすごいと思うのが指輪の騎士団のキャラが12人とも立っていることです。
毎回小まめにキャラの掘り下げが行われていっており、そのせいで6巻・7巻の盛り上がりっぷりが凄いです。

特に三匹目の幻獣、神鳥(フレスベルク)覚醒のシーンは屈指の名場面だと思います。
これは何より茜の心境を丁寧に描写していったおかげかと。



バトル面もとても面白いです。
ちゃんと地形を生かした頭脳戦っぽい部分もあって良い感じ。

さらに1対多数のバトルが非常に上手に描かれていると思います。それがよくわかるのが8巻のマイマクテリオン戦かな?
ダメージソースと補助・回復役がしっかりと自分の仕事を果たしていて、よく某漫画でネタにされる棒立ちバトルとかではありません。
特に夕日がさみだれのサポートに回りまくってるのが見てて微笑ましいです(笑)。



とにかくオススメしたい作品。
私は序盤も十分に面白いと思っていますが、特に中盤あたりから面白さが加速していってるように思えます。
6巻までまず読んで欲しいですね。

「蒼い世界の中心で」 単行本化

2010年01月22日 15:12

セガチュー公式ページにて告知されてます。

ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

いままでの同人版コミックスは所持していないので、これを機に購入する予定です。
マイクロマガジン社さんのホームページを見るに、ゲーム関連の本が軒並み1000円超えしてるのが気になりますが…
まあ、お布施としてならいくらでも…。バイトも始めたので。
流石に2000円を超えると厳しいものがありますが。


原作の方では最近の天下一武道会(?)ぶりも、1部2部とは違った楽しさがありますね。
セグアとニンテルド寄りだった以前より、他国のキラーが目立っていますし。
特にキチョウとバクドウ辺りのストーリーは楽しんで読んでます。ミョムトは対戦相手の株を爆ageしていくのが得意技ですよね。


キャラ厨的なことを言うと、ニンテルド派なので炎帝や王弟、またファーエ、カーヴァイ、マーサ、サーロイド等六将軍の出番が無いのが悲しくもありますが。
そういう時は2部後半あたりを読み返して一人で盛り上がってます。



個人的には早くピリカが正規軍として大活躍して欲しい。
願うならギアとの絡みが見てみたい。
前にアンケートにそれを書いて送ったほどです。

だって音速VS電光石火」、「孤児VS大家族」、「ネズミVSネズミ」なんだぜ…?
どうしても対立軸に置きたくなりますよね。


第三勢力の侵攻によって巻き起こるセグア・ニンテルド各国の防衛戦が非常に楽しみです。

葵ちゃん可愛いよ葵ちゃん

2010年01月20日 20:52

絶チルのOVAに食指が動き始めた。

中学生編…だと…?
でもチルドレンは小学生派です。可愛いよね小学生版チルドレン。

OVAのOPも可愛いの作ってくれるのかな。wktk
絶チルはOPEDの出来もよかったので期待。
特に初期OPと2番目のEDは絵といい曲といい素晴らしかった。

何より白石さんボイスの葵ちゃんが見たいです。

日記(1/17)

2010年01月17日 19:39

来年の成人式のため、振り袖をレンタルしてきました。
大きな柄ものを着られるのは背の高い女の子の数少ない利点ですなぁ…。


それと都会まで出てきたついでに、「惑星のさみだれ」を大人買いしてきました。
面白すぎて勉強が進まない…
ついつい読み返して描写の細かさ、展開のうまさに感心してしまいます

これは試験終わったな

ポケモンでカップリングは無しだなと思ってましたが

2010年01月16日 02:18

ジュンヒカかなり良いなあ。ハマってしまった。
もう付き合っちゃえよお前ら。



【ただのチラ裏萌え語りです。注意】

コウキ+ヒカリは親友って感じのコンビ萌え。
もちろん公式のとおり、コウキ+ジュンも親友コンビ。
というか、第4世代は男女主人公+ライバルが仲良いので可愛くてしょうがない。

コウヒカジュンはずっと三人でなかよく遊んでて欲しいな。
イメージ的には絶チルっぽい感じでお願いします。



ちなみに、ユウキ+ハルカはカップリングというより相棒ちっくなポジションのほうが萌えます
二人ともミツルのいい先輩って感じで。


あとギャグ描写でならシロヒカにかなり傾倒してます。
シロナ⇔ヒカリって感じでいいですよね。
容姿とは違い、けっこうダメ人間のシロナ様の生活をヒカリが怒りながら手伝ってあげればいい。

ガチ百合になるとシロヒカは無理だけど。
というか、DPtでのガチ百合要員はスズナとスモモだと思ってるので。
この二人はなぜかガチ百合が苦手な私でも好きなカップリングです。

何気にプラチナは百合ゲーとしても優秀だったよなぁ…



初代金銀は男主人公のイメージしかないので、その辺は考えてません。



でも、一番和むコンビはフウランです。
あのエスパー双子大好き。鬼畜カワイイ。

WORKING!!に期待してます

2010年01月15日 15:58

4月放映のアニメで、渡辺さんがキャスティングされてると聞いて興味を持ちました。
公開されてるPVもキャスト・作画面共に良好で楽しみ。


しかし作者さんのサイトを見てびっくり、「ブタイウラ」の方だったんですね・・・!
「うろんなページ」という言葉がどこかで聞いたことあると思ったらこれだ。

ブタイウラ、1年ぐらい前に読みました。
Web4コマの中でもかなり好みの漫画だったので、この「WORKING!!」にも期待期待。

久しぶりに楽しみなアニメが見つかってよかった。

日記(1/14)

2010年01月14日 23:27

レポートの量が多すぎて困る。
しかも来週テストだとかいきなり言われても困る。
あの範囲を一週間でどうしろというんだ。



辻村深月さんの「子供たちは夜と遊ぶ」を読了。
前作の「冷たい校舎~」に引き続き、緻密な心理描写の積み重ねで面白かったです。

月子と浅葱、そして月子と孝太の組み合わせ。
最初は月子と孝太のコンビが良い味してるなあ、こういうカップルが長続きするんだろうか…と恋愛経験も少ないくせに(笑)そう思っていたりして、作中でもそんな描写だったんですが、
中盤を過ぎてからの月子・浅葱のコンビの安定感というか、そういう空気がたまらなく好きになりました。
というか、この月子と浅葱の性格がかみ合いすぎていてナイスコンビになってるんですよね。

この転換をごく自然に受け止められた時点で、孝太が留学することで月子と別れ、月子は浅葱の支えになったりするのかなー?という展開を予想(…というか、期待)してたんですが…

まさかあんな展開に持っていくとは。


本当に救いが無いなあ、と愕然としつつ、正直、あの二人が実は両片思いだったという事実にはかなりぐっときました。

今ググってみたんですが、両片思いってあんまり一般的な言葉ではないのだろか?
意味的には、(浅葱→ ←月子)って感じです。(浅葱⇔月子)では無いのがミソ。



あと、恭司の「孝太の裸を見たことがあるんだから」(←うろ覚えです)という言葉が絶妙な伏線(かつ、ミスリード)になっていて素晴らしかったなあ。


更に月子と浅葱それぞれの「蝶の羽化」に関するエピソードがあんな形で重要になってくるとは思いませんでした。
このエピソードの使い方も上手いし、エピソード自体も二人の性格を表しているようで面白かったです。



逆にあまり評価できない部分が全体的なオチ。
まあ落とし所はアレしか無いだろうなあと思いましたけどね…。
それならもうちょっと警察が仕事できるんじゃないかなあ。

あと、前作よりはかなり改善されたと感じましたが、まだ冗長な部分は残ってたり。
それは脇キャラも徹底的に描写していく作風だから仕方ないのかもしれませんが、もうちょっと描写を抑えてもいいのでは。
(ですが、6人目の犠牲者が出たあたりからゲームセットまでは面白くてノンストップで読み切ってしまいました。)


あと、結局秋山先生があの生徒に言った言葉は何だったんですか(笑)。
どんな言葉であの生徒を消すことができたのでしょうか。それがものすごーく消化不良です。

砂漠の遺跡が難しい件

2010年01月11日 19:26

TOGの話ね。
三色パズルが難しくて、久しぶりにマッピングなんてものをしてしまった。
右往左往して戦闘しまくったせいか、妙にレベルが上がってしまったぞ。

とりあえずレベル80位までになったら蒼い竜?に挑戦してみます。
レベル55あたりで碧の竜に挑戦したらボロボロになってギリギリ勝利したので、今回はもうちょいレベルに余裕を持って…。

次回のクイックジャパンがウッチャンナンチャン特集・・・だと・・・?

2010年01月09日 22:34

「銀魂」特集の時もしっかりちゃっかり購入して、ブログで公開されているネット限定のおまけコラムまでしっかりとログをとったりしたんですが、
この特集を組まれたら発売日に本屋に突入せざるを得ない。


さてさて、そんなわけでございまして、
今号にも掲載した次号の特集ですが、
ウッチャンナンチャン
表紙・巻頭特集決定!!
 
でございまして
早速お二人にインタビューをしてまいりました。
二人で揃ってのインタビューは珍しいとのこと。
でも話し出したら、そこにはウッチャンナンチャンが
ど~んと存在していたのでした。
天衣無縫に話すナンチャンと、謙遜と小ボケを挟むウッチャン。
ああ、これはまさしく『上々。』の2Shot Talk!!
そして、別取材で目前に目撃してしまったナン魔くんとマモーは
まさに私が小学校でモノマネしまくっていた『やるやら』!!

インタビューは2時間に及び、ウッチャンナンチャン結成当時の
秘話から、お二人のコント、笑いに対する思いなどを
濃く、深く、がっつりと伺ってまいりました。
このインタビューは次号の特集で皆様にたっぷりと
お伝えいたします。

公式ブログより


小学校時代はほとんどの番組を録画していた程に好きなコンビさんです。
特にウンナンなんかはひたすら見てたなあ・・・。
全くどうでもいいことなんですが、このブログのタイトルとURLもウンナン内でのユニット、「ポケットビスケッツ」の曲名や歌詞からとったものです。うん、本当にどうでも良いな。

上々。なんてリアルタイムで見たかったのに、小学生のサガか、いつも眠気に勝てず・・・(笑)。
当時は録画予約タイマーなんて高級なモノが家に無かったので、兄に録画してもらうよう頼んでました。


うおおおおおお楽しみすぎて変なテンションになってしまった。
今日までこの情報をスルーしていた自分のアンテナの低さにも呆れてます。
たーのーしーみーだー。

フイタ

2010年01月08日 02:51


最近の音MADはクオリティが高すぎる
チャー研と魔界村を知らなければちょっと楽しめないかも?

日記(1/7)

2010年01月07日 23:42

でんじゃらすじーさんのアニメ版を久しぶりに見た。
くだらなさすぎて笑ってしまう。素晴らしい世界観です。

一つだけ文句をつけるなら、昔から思ってましたが孫の声優さんがちょっとイメージとは違う。
私の想像の中では、孫は男性声優さんを起用していいぐらいに男の子男の子してます。

じーさんの声優さんは完璧です。


あとやる気のないOPもとても良いですね。

ポケパークWii触ってみたよ

2010年01月05日 01:40

友達の家に行ったら、弟くんが購入してたのでちょこっと触らせてもらった。
操作性は微妙?十字キーで3Dゲーはやっぱきついな。ヌンチャク対応してたらよかったのに。


【感想というより叫び】
グレッグルかわいいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうわああああああああああああああひゃああああああああああああん
グレッグルが可愛すぎる。クルル厨の自分にはストライクすぎるデザインで堪らん。

あとキャタピーがいいキャラしてるね!

ぷわわー可愛いよ可愛いよぷわわー
フワンテとフワライドがかわえええええええええええええええええええ抱きしめてえええええええええええええええええええ
ムウマージ様の色っぽさやロトムの動きの可愛さもヤバい。とにかくハウスゾーン神すぎる
あとメノコたんかわいいお^^クチートの♀ツン口調とはスタッフ分かりすぎてて怖いお^^


ポケモンキャラゲーとしてはポケモンスナップと並ぶ最高峰なのではないだろうか?
ポケモンスナップより素晴らしい要素としては、アトラクションをクリアしてから喜ぶポケモン達の動きが可愛すぎるということか・・・

ということでポケモンスナップも続編出してくれないかな。
もちろん493匹みんなで。Wiiのグラがあれば十分だと思うのです。


あとディアパルの石像?はいいですね。あんなのあったら見物にいきたいです。

月刊コロコロ 12月号・1月号(その他の号も少し)の感想とか

2010年01月03日 23:32

実家に帰ってからと言うもの、妹の漫画をひたすら読みあさっていました。
今コロコロがかなり面白いと思います。


・イナズマイレブン
すごい安定して面白い。ストーリーやテンポ、作画面共に高水準。
特に話がサクサク進んでいるので読みやすいです。

キャラクターは濃くていいですね。これはタイアップものの強みかも知れません。
主人公がゴールキーパーというのはサッカーものでは珍しいなあ。かなり熱くて素敵です。
あと鬼道さんは凄くかっこいいなあ。



・ドラベース
これも毎回面白いです。
個人的にはWBC編(だっけ?)の方が好きなんですが、今の展開も江戸川組の掘り下げに期待してます。
ヒョロの落としどころが気になるなあ。ヒョロ好きなので是非復帰してもらいたいんですが・・・



・ペンギンの問題
これは私には合わない作品なんですが、毎回飽きさせない展開を頑張ってるなあと感じてます。
何気にコスプレがいつも格好いいのでコスプレ回を楽しみにしてます。
探偵・怪盗コスプレ回での、なおとくんの怪盗コスにはやられました。あのなおとくんはガチで格好良かった。



・怪盗ジョーカー
主人公組より、警察側のキャラが圧倒的に魅力的なのがちょっとなあ。
ギンコとモモ、あと生徒会長は準レギュになって欲しいと思うほどに好きなキャラです。



・西遊記
個人的にはゴゴゴよりGo空伝までの方が面白かったように感じてます。
あと、沙悟浄ってこんなに強かったっけ?
初期あたりの戦闘は悟空に全て任せ気味のパーティーが好きだっただけにちょっと違和感。
でも猪八戒は相変わらずカワイイです。彼のぬいぐるみグッズとか出して欲しい。



・ガリレオ
ガリレオの性格があまり好きではありませんでしたが、最近では一周回って面白く感じてきました。
勝手に付いていこうとした結果、1組メンバーに全力で止められている様子には、どちらが主人公なんだと笑ってしまったり。

それにしてもガリレオの外道っぷりには後でちゃんとフォローが入るんですかね?
ちょうど現在の神様学校制度に疑問を持っている風なゲーテがいるので、その辺はちゃんと描いて欲しいなあ。


今までのクラス対抗試験編があまりにも冗長だと感じてましたが、新章に入ってからは一気に面白くなったように思えます。
結局4組のメインメンバーはバスに乗り込んだあの10人に決定ということなのでしょうか?
正直神様学校の生徒は81人もいらなかったんじゃないかなあ。1組と4組しか目立ってない気もしますし。
月刊連載では群像劇を描くのも難しそうですしね。
個人的には今回遠征に付いてきた、1組10人+4組10人のみでも十分だと感じました。>生徒数

それにしてもベルとシャガールはすっかり準主役ポジションだなあ・・・。
オキタとアシモフあたりの準レギュを食ってる感じがします。オキタはもうちょい活躍してもいい。

あと、モリエールまで遠征に付いてくるとは嬉しい誤算。
ゲーテ・ツナヨシ・モリエールの3人がとても好きなキャラクターです。



・ケシカス
ギャグ漫画という位置づけのこの作品ですが、正直普段のギャグよりたまにあるシリアス展開が神がかってるのは何でだろう(笑)。
ボウズ母編・ボウズ転校未遂(?)編はストーリーといいセリフ回しといい素晴らしかったです。

いや、この漫画のギャグ展開も好きですよ(笑)。安易な下ネタとか結構好きです。



・じーさん
終わっちゃう・・・の・・・?
何気に一番思い入れの深い漫画なので終了となると寂しいぞ。

じーさんと孫の掛け合いが非常に好き。あとゲベ可愛い。
それと、曽山先生の読者サービスのよさには驚いたなあ・・・。



・DM
ボスはアダムよりザキラさまの方が圧倒的にカリスマっぽくて魅力的だよなあ・・・と思いつつ。
でも、ボスの取り巻きキャラはアダム側の方が好みです(笑)。特にハプニングさんとかすごく素敵。

こいつらの過去編とか別コロあたりでやってくれないかな。
ザキラさまの番外編はキャラが壊れすぎててものすごく良かったです。

あと、何号か前の白凰さまがホワイトアウトを使った時のあの1ページは、その号のどんなギャグ漫画よりも破壊力がありました。
あれは反則です先生。



・ベイブレ
敵役のキャラの描き方が下手すぎると思うのです。
敵キャラが全く魅力的に見えないし、竜牙さんはどんどん小者っぽく、取り巻きは噛ませになっていってるのが本当に残念。

かといって主人公が魅力的な訳でもないよなあ。
足立先生にはもうちょいキャラの魅力とストーリー面を頑張って欲しいかも。
でもキョウヤはかなり良いキャラしてると思います。

作画面はかなり好みなだけに、残念な漫画です。



・STAND UP
板垣先生の前作があまりにもアレすぎたので不安でしたが、今は王道スポーツものっぽくて良い感じです。
主人公の狂気的ともいえる努力家っぷりにはちょっと引きつつも称賛。
タイアップものではなく、貴重なオリジナル枠でもあるので、その意味でも頑張って欲しい作品です。
あと白鳥くんと黒獅子さんのカリスマっぷりが凄い。板垣先生応援してます。


おまけ:別コロ

あいかわらずレイトンが面白すぎる。桜先生の才能に嫉妬。
今回はアロマの声優ネタ(ケロロ軍曹のモアちゃん)もあって、かなりニヤニヤできました。

TOGクリアしたよー

2010年01月01日 22:02

20100101220525
ラスダンの戦闘BGMがカッコよすぎて鳥肌たった
これほどまで直球にカッコいい曲は久しぶりだなあ…

あととある中ボス戦の曲、「狂乱舞踏」は、
ボスの容姿・言動・戦い方とシンクロっぷりがすごく、テンションあがりまくりでした


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。