スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蒼い世界の中心で」 単行本化

2010年01月22日 15:12

セガチュー公式ページにて告知されてます。

ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

いままでの同人版コミックスは所持していないので、これを機に購入する予定です。
マイクロマガジン社さんのホームページを見るに、ゲーム関連の本が軒並み1000円超えしてるのが気になりますが…
まあ、お布施としてならいくらでも…。バイトも始めたので。
流石に2000円を超えると厳しいものがありますが。


原作の方では最近の天下一武道会(?)ぶりも、1部2部とは違った楽しさがありますね。
セグアとニンテルド寄りだった以前より、他国のキラーが目立っていますし。
特にキチョウとバクドウ辺りのストーリーは楽しんで読んでます。ミョムトは対戦相手の株を爆ageしていくのが得意技ですよね。


キャラ厨的なことを言うと、ニンテルド派なので炎帝や王弟、またファーエ、カーヴァイ、マーサ、サーロイド等六将軍の出番が無いのが悲しくもありますが。
そういう時は2部後半あたりを読み返して一人で盛り上がってます。



個人的には早くピリカが正規軍として大活躍して欲しい。
願うならギアとの絡みが見てみたい。
前にアンケートにそれを書いて送ったほどです。

だって音速VS電光石火」、「孤児VS大家族」、「ネズミVSネズミ」なんだぜ…?
どうしても対立軸に置きたくなりますよね。


第三勢力の侵攻によって巻き起こるセグア・ニンテルド各国の防衛戦が非常に楽しみです。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。