スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記(4/29)

2010年04月29日 23:51

明後日からゴールデンウィークですね。
私は実家に帰って、中学・高校と仲の良かった友達とどこかに遊びに行くつもりです。

とりあえずみんな揃って銀魂映画観に行くことになりました。
聞いてみたら、全員すでに個人で観ているのに(笑)。

エリーのおっさんはツイッターで「何度も観に行くことはしなくてもいいですよ」と言っていましたが、
あの殺陣をもう一回見たいと意見が一致したのでしょうがない。

それに、この映画は劇場で見るのが一番楽しいと思います。
OA版のアニメが一番面白かったように、おそらくDVD化されたら一定の面白さが減ってしまう、そんな映画です。

今度は殺陣のシーンで何がどうなっているのかを把握したい(笑)。
スポンサーサイト

日記(4/26)

2010年04月26日 23:17

一昨日にアップした感想が以外とアクセス数が多くて驚いております。
ありがとうございますー。


今は御手洗潔シリーズ再読中。
「占星術殺人事件」(読了)→「Pの密室」(読了)→「異邦の騎士」(もうすぐ読み終わり)とマラソンしてます。
「異邦の騎士」のワクワク感は相変わらずです。
ファーストコンタクトネタ自体が私の好みなんですが、その中でも異邦の騎士はトップクラスに好きな作品ですね。
騎士が助けに来るシーンは何度読み返してもカッコいいです。

この作品はシリーズに没入してから読むといいと思ったので前に2作挟んだのは正解でした。
読み終わるのが惜しいなあ。

日記(4/25)

2010年04月25日 00:09

エリザベスがツイッターを止めてしまった。
正直エリーの為にツイッターを始めてしまったのでこれからどうしようかと迷っている。

とりあえず、明日も映画観に行きます。

「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」 感想

2010年04月24日 22:02

どこかのインタビューで、アニメ銀魂はアニメというよりバラエティとして制作されているということを聞きました。
そんなスタッフが作った映画ですが、私には映画というより一種の祭りだと感じられました。



一応ネタバレ無し(原作・アニメ版のネタバレはあります)の感想です↓

新訳・・・といいつつ、「ほとんど」紅桜編のリメイクです。
作画も半分は使い回しですし。

ですが、背景の変更などによってリサイクル作画もアニメ版紅桜編を何度も見返していない人ならそれほど違和感なく見られると思います。(裏を返せば、私のように何度も何度も見ている人には分かりやすい・・・かも)


あと、どこに力を入れるべきなのか、スタッフさんはどうやら完璧に理解していた様子。
アニメ版で高クオリティだった「神楽の船上での戦闘シーン」「銀さんVS似蔵」の部分はほとんどリサイクル。
(もちろん決め台詞のところなどはしっかりと新規作画です)

ですが、最後の戦闘シーンはスタッフ陣の気合と根性を見た。
アニメ版で若干弱かった部分(演出は素晴らしかったものの、バンクはありましたし)に全力で手を入れてきましたね。

実際このシーンまでは「テレビ版で何度も見返したファンにとっては小粒な映画なんじゃないかなあ」と思っていたのですが、
この戦闘シーンがめちゃくちゃカッコよすぎて凄く興奮しました。
なんというか、ヱヴァ序でラミエルが変形したシーンの感動と同じものを感じた気がする(笑)。


最後の30分のためだけに何回も映画館に足を運びたいですね。

あ、こう書いてしまうと前半がダメだったかのように聞こえますが(笑)、前半は前半でかなり面白かったです。
何より時間的な面からか、かなりテンポが良くなっていた気がしますし。

ただ、桂と高杉が二人きりで対峙する所からラストまでの流れが良すぎるだけです(笑)。




また「ほとんど」リメイクでしたが、その「ほとんど」以外の所が面白すぎたので
ぜひぜひ劇場に足を運んでやってください。できたら明日でもすぐに。

今日は初日だということもあり、観客席が一杯なので「ほとんど」以外の所で笑いが起こりやすかったんですね。
そして観客全員で突っ込む連帯感みたいなのもあり、これは公開開始直後しか味わえないものだと思いました。
私が「映画というより祭り」と感じたのはそのためです。


行って損はない映画です。
ちゃんと山崎侵入回と吉原炎上編への伏線も張られていて、ファンならニヤリとする部分もありますよ。
あと、「バクチ・ダンサー」がカッコよすぎる・・・。帰ってきてさっそくAmazonで注文しました。



※「続きを読む」から劇場版ネタバレ有りの感想です。
未見の方はご注意ください。
[ 続きを読む ]

日記(4/23)

2010年04月23日 23:41

明日は、京都へ行く予定を立てています。
席が空いていたら映画版銀魂を見に行こうかと。

私は銀魂が好きというより空知が好きなので、スクリーンで「原作 空知英秋」と出てくるのが一番楽しみですね。

日記(4/18)

2010年04月18日 21:56

孤島パズルを読了しました。
学生アリスシリーズではこの作品が一番好きですね。
クローズドサークルの中でも「無人島」のワクワク感は凄いと思う。個人的にですが。

順番的に次は「双頭の悪魔」なんですが・・・長いんだよなあこれ(笑)。
面白いのでほとんど苦痛ではありませんが、ちょっと休憩を挟もう。



「蒼い世界の中心で」完全版コミックスがもうすぐ発売です

2010年04月17日 00:00

セガチュー公式でもアナウンスされていましたが、マイクロマガジン社さんの特設サイトがオープンされていました。↓

「蒼い世界の中心で 完全版」単行本化特設サイト

1巻・2巻各680円の同時発売。
ここの出版社さんから発売されている本と比べてみてもかなりの低価格になっています。
2000円までなら何も考えず購入するぜ!と日記に書いていましたが、心配するまでもありませんでした(笑)。
さすがクリムゾンさん・・・そこに痺れる憧れる。


そして、プラチナコレクションセットも発売。
内容はコミックス1・2巻バトルライン特別カードデータ設定資料集(52ページ)という豪華仕様。
BOXの絵柄も非常に素晴らしい出来(笑)ですし、私は速攻でコレクションセットを予約しました。
4/21までの受注生産なので、欲しい方はお早めにー。


ああ、楽しみすぎてドキドキしてきました。
コレクションセットは私の望んでいたものにかなり近いです。
とにかく紙媒体の設定資料集が欲しかったんですよね(笑)。
アンケートに答えた甲斐があったというものです。これほどまで意見を反映して頂けるとは思いませんでしたよ・・・

WORKING!!2話 「伊波、男性恐怖症。だって怖いんだもん・・・」簡易感想

2010年04月16日 22:58


(公式あらすじ)
出会いの挨拶も交わさぬまま、伊波に殴り飛ばされた小鳥遊。
伊波は男性恐怖症で、反射的に男を殴ってしまう癖をもっていた。
それ以来険悪な仲の二人に、杏子よりとある命令が下されて・・・?


※原作は既読です。
[ 続きを読む ]

日記(4/11)

2010年04月11日 14:34

クェイサー最新話は相変わらず酷かったです(笑)。美由梨やっぱりかわいいね。
何気に作画が高クオリティ。この回に気合を入れるというのがこの作品のスタッフらしいです(笑)。

EDのサーシャ×まふゆが堪らんです。
この作品、何気にいいカップリング多いなあ・・・と思って調べてみたら、原作が吉野さんだったのね。
納得です。
サーシャとまふゆ、ジョシュアと燈の関係とかは女性人気も高いのではないだろうか?勝手な想像ですが。
若干少女漫画チックな要素も入ってるっぽいし。

ポケモン完全新作のタイトル発表されましたね

2010年04月09日 19:23

http://www.pokemon.co.jp/bw/index.html
ポケットモンスターブラック/ホワイト

ついにきた!
ロゴが変わって、若干カッコよくなった感じ?

中国・四国あたりがくることを願って。
(ホウエン地方キャラがもうちょい目立ってくれればもう思い残すことはないので・・・)

日記(4/6)・WORKING!!のOPがすごくいい

2010年04月06日 22:49

バチスタ見てます。安定して面白いなあ・・・
原作→ドラマだった前作とは違って、これはドラマが初見なのでワクワクしてます


あとWORKING!!も見ました。
先行放送時に感想は書きましたのでよろしければ。→感想はこちら

OP(1話はEDだったけど)が可愛すぎる・・・
明るい色調にフキダシを使う所とかはあずまんが大王を思い出しますね。
派手な動きは無いものの、枚数を使って動かしてくれているので見ていて楽しいです。
あと、曲に動きをしっかり合わせていていいですねー

2話にも期待してます。

「月光ゲーム Yの悲劇’88 」を読みました

2010年04月05日 22:35

中学生の頃に読んでそれっきりだったものを、春休みを利用して再読しました。
当時は事件そのものは地味な印象で、主人公たちを取り巻く環境(火山の噴火によるクローズドサークル)
の方に大きなインパクトがあったため、事件の真相自体はあまり覚えていなかったのですが、
再読してみると非常に練り込まれた作品だったことがわかります。

作中の登場人物である望月が自身のセリフで、
「(前略)僕は常々思うてるんやけど、論理の松明を掲げた探偵が
 あり得た唯一人の犯人の特定に読者を導くっていう、
 純粋なフーダニットというのは本当に少ない。(後略)」

と愚痴をこぼすシーンが序盤にあるのですが、この作品はそのセリフに応えてか、
「論理」を武器にしてただ一人の犯人を探すことができるのです。

「十本のマッチとマッチ箱」という手掛かりから犯人を特定していく過程は本当に面白かったです。



そして、学生アリスシリーズは推理小説でありながら、一種の青春小説の面も持っているので
アリスの精神的な成長をシリーズ通して見ていくことも非常に楽しいです。



今は学生アリスシリーズ第二作目の、「孤島パズル」を読んでいます。
これはこの「月光ゲーム」とは違って数回読んでいるのですが、やっぱり面白いなあ。
アリスとマリアの掛け合いが好きですねー。



最後に、今回このシリーズを読み返すきっかけとなった「やる夫で有栖川有栖シリーズ」を紹介しておきます。
完成度が非常に高いです。これを機会に学生アリスシリーズを読みだした人もいるようで。

「聖痕のクェイサー」 13話の突発感想

2010年04月04日 16:40

※突発感想です。

#13 「含鉄泉の夜」

含鉄泉。温泉水1㎏中に総鉄イオンを含有する赤褐色の湯は、飲用すれば胃酸の分泌が高められて鉄を吸収しやすくなるため、貧血患者への効果が期待される。まふゆたち女子御一行は、山奥のとある温泉旅館にやってきた。クェイサー同士の激しい戦いから一時離れ、今日は一日大いに羽を伸ばし、のんびりほっこりキャッキャウフフする予定だ。メンバーは、まふゆ、燈、テレサ、カーチャ、華、史伽、引率の麗先生、そしてもう一人…。さらに「地獄の乳揉み師」まで登場し、サーシャ、一体どうなっちゃうの…!!?
(公式あらすじより)

す、すごすぎる・・・
あそこまで突き抜けてくれると本当に楽しいです。
やっぱり娯楽作品は1点だけでも突きつめると強いんだなあと再確認。

私はいつも地上波放映版だけで満足していますが、この回だけはDC版も見たいなあ(笑)。



内容的にはアニメでありがちな温泉回・・・だけで終わらないのが一味違う。
サービス回のはずなのに内容が盛りだくさん。
サーシャの記憶喪失+温泉+カーチャ様のお仕置き+温泉+カオス
という中身をよく1話に収めたものだ。

特に今回はカオス感が凄まじく、絵的にシュールな部分もたくさんあり(華とカーチャの69とか)
見てて飽きない出来でした。
これがオリジナル回というのだから驚きです。毎回気合の入った作画面と言い、良いスタッフが揃っているようですね。


個人的にはカーチャに萌える回でした(笑)。
口笛が吹けてないところとか、細かい所がツボだなあ。
カーチャはドS部分もいいんですが、年相応の反応をしている時が一番魅力的ですね。
来週も美由梨回のようですし、カーチャの出番も多そうで、予告の仮面姿からして楽しみです。



新OP&ED。

前回のOPED共に作品にすごくマッチしていたので、見るまでは期待半分不安半分でした。
個人的にはどちらも旧OPEDの方が好きですが、こちらもいい出来だと思います。


OP曲は妖精帝國ですね。まじぽかのOPは本当に好きだったんですが、そっちに比べるとちょっと弱いかも。
でも雰囲気は出てると思います。

アデプトが出てくるシーンがなかなかダークでお気に入り。
それに加えてイントロ部分の止め絵もカッコいいですね。
バトルシーンは相変わらず力が入っていて素敵。これからのメインとなっていくであろう、リジーとサーシャのガチバトルが楽しみです。

テレサがリジー側にいたのがちょっと気になるところかな?


EDは前回以上にエロいなあ・・・(笑)。
女子オールキャラの勢いでキャラが増えたのは見栄え的にもよかったと思います。
前回のEDも今回のEDもどこかPVっぽくてカッコいいですね。
あと、サーシャ×まふゆ好きとしてはごちそうさまとしか言いようがないです(笑)。

今回の話とEDで、まふゆと燈に距離ができるのかな、と少しだけ思ってしまいました。
燈はまふゆがサーシャばかりに構うのはちょっと寂しそうだったので・・・
そこでジョシュアがまた再登場するのかな?


何にせよ、変わらないハイテンションでお話が続いていくので、
これからも楽しみに見ていきたいと思います。

日記(4/3)

2010年04月03日 17:27

実家から戻ってきました。
また一人での生活が始まるのか・・・

ともかく新年度が始まったので心機一転して頑張りたいと思います。

ハートゴールドプレイ日記 番外3

2010年04月03日 17:07

帰省している間に結構進めました。
ドーブルが捕獲要員として完璧な技構成になって満足です。

それにしても、今作はやり込み要素がものすごいことになってますね・・・
レッドを倒すまでは攻略情報を見ないでおこうと思っていたのですが、ジムリの電話番号を探す根性が無いので
そこだけ解禁にしました(笑)。
これだけ要素が多いと、今年に出る完全新作へのプレッシャーにもなるだろうなあ、と妙な心配をしてみたり。


伝説を捕まえて、シロガネ山攻略が終わったら総括記事でも書こうかと思っています。


●やることメモ
トキワジム攻略
バッチを集めたのちゲーフリ本社ビルへ
強化四天王+チャンピオン
ジムリの電話番号
時間帯はここを参照


●捕まえた
ホウオウ
ライコウ
フリーザー

●捕まえる
ルギア
スイクン
エンテイ
ファイアー
サンダー


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。