スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷帝戦は毎週笑ってた気がする

2010年11月05日 23:28

【テニプリ跡部坊主祭り】(てにぷりあとべぼうずまつり)
週刊少年ジャンプ連載の『テニスの王子様』の全国大会準々決勝で、
主人公越前リョーマに対しライバル校部長の跡部景吾という人気キャラが
「負けた方が坊主」という罰ゲームを提案した事から始まった祭り。

次々に繰り出される超人技、ナイター照明コートに落下
(翌週1コマで撤去完了、 何事もなかったかのように試合再開)、
タイブレークが続き過ぎて89-89というスコアの挙げ句にダブルノックダウン、
先に立ち上がった方が勝つという展開で両者共に立ち上がるが、
跡部が立ったまま気絶して最終スコア118-117で試合終了等々、
試合そのものは相変わらずの斜め上展開を行った。

更には試合に勝ったリョーマが直立不動で気絶したままの跡部の髪をバリカンで遠慮なく刈り、
祭りは一気にピークを迎えた。
直接の坊主描写はなかったものの、スレ上では格好のネタとなり、
住人は各スタンスから思い思いに評論。

原作が次週から長期休載になった事も相まって、
レス番が2桁のうちから次スレタイ候補が乱立するほどの禿げ祭りとなった。

また、この事件はこの漫画の主な支持層である腐女子にも非常に大きなショックを与えた。
ファンサイトの閉鎖、「原作者の私怨や殺意が感じられる」
「跡部を育てたのは 原作者でなく私たちだ」と激しい怒りを露わにし、
坊主反対の署名を集めたり同盟を作るなどして抗議運動を始めたサイトも複数見られた。


また、写真公開等はされていないが、跡部の髪を追って自らバリカンで
頭を刈った者(女性)も出たという報告もあり、
腐女子とは何たるかを再認識させられる結果となった。




このコピペは当時の熱狂ぶりを如実に表していていいですね。
全国大会氷帝戦は毎回ハイライトがあって面白かったです。

忍足さんの「心を閉ざす」から始まり、乾さんの超人サーブ、樺地ゾーンと試合ごとにネタを提供してくれました。
さらにD1の試合ではあの「シンクロ」が炸裂して、当時のジャンプ感想系サイトさんがのきなみ混乱に陥ったことが昨日のように思い出せます。

そしてD1のあまりのインパクトから期待が高まりまくったS1も、跡部様VSリョーマという変態同士の対決によって異常なほどに盛り上がっていました。


坊主祭りが発覚した瞬間に私はテニプリスレにすっ飛んで行きましたが、怒涛の燃料投下で祭りが凄い勢いで加速していたことが思い出されます。
次スレタイ候補も乱造されていて、選ぶ方が難しかったようでした。
私があの頃のスレタイで一番笑ったのが「【そ~れソレ剃れ】 テ ニ スの王子様193【お祭りだぁ】」ですね。
これを考えた人は本当に天才だと思いました。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。