スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王 JUVENILE REMIX (5)(6)

2008年12月15日 18:43


「邪魔だァアアああーーーーー!!」
「教えるもんか。  頭を使えよ、 考えろ。」


魔王 ―JUVENILE REMIX (5)
魔王 ―JUVENILE REMIX (6)


安藤兄弟の格好さはスゴイ。

【感想】

熱い。熱すぎるぜ大須賀先生・・・!
安藤の無力感からの脱出、決意、対決などなど、本当に見所いっぱいでした。

しかし兄貴は基本的に乙女モード(えー)なんで、たまに入る魔王モードの存在感が際だって良いですねぇ。
上記にも書きましたが、マスターとの対決での「教えるもんか~」にはテンション上がりっぱなしでした。



グラスホッパーとの対決も佳境に入ってきた感じでしょうか。まさか要がここで退場とは思いませんでした。
しかし要の死も利用されて、向こうはかなり厄介な存在になってきましたね。
多分、安藤にとってはこの日が最後のチャンスなんだなあ・・・と思います。


しっかし、安藤の死亡フラグが着々と立てられていっていて・・・(汗)。
潤也の出発のシーンは、「・・・これは安藤死んだな」と恐れるぐらいの立派なフラグでした。
それにしても、この兄弟の描写はある時はほのぼのしたり、ある時はテンション上がったりで本当いい感じ。


順番が前後しますが、蝉の物語も一つの山場を終えたみたいですね。
安藤との位置が前回とは逆転していて、蝉が「自分」と対決していく過程は面白かったです。



多分、6巻の見せ場である、vs.マスター。
マスターの最強クラスの能力に一人で立ち向かう安藤はめちゃくちゃ格好いいんですが、
それより、「怖くない」と泣きながらマスターをおびき寄せる姿が印象的でした。

あと、決着の付け方が凄いわー。完全に予想外。
腹話術ってかなり限定的な能力だと思うのに、それを使いこなす安藤カッコヨス。

おおおおおおおおおおあおおおおおおお(ry



次巻も楽しみです。

予告を見る限り、今回安藤を追い回してたバイクは寝返ったスズメバチってことなのかな?
後、潤也がついに参戦してくるっぽくてwktkが止まらない。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/214-b4dc7164
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。