スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂61話「闇夜の虫は光に集う」

2007年06月23日 17:43

【6/24 少し書き直しました】


長いこと闇の中に在ると、目玉には映らん僅かな光さえ拾えるようになる
そいつが人間の放つモノだと知ったのはいつだったか・・・


線香花火のように人間もまた消えゆく時、一際大きく美しい花を咲かす
だが稀にこいつを生きながらに背に負う輩がいる。
その光はひどく不安定で、攻撃的で、そして悲しい色を帯びていた
知ってか知らずか、その光に惹かれ人は集まる
そう、まるで蛾のように


だが一度あの光を見てもう闇の中に戻ることは、俺にもできなかった
俺も立派な蛾だ。
再び篝火を失うことを恐れる蛾、
そして激しく燃える篝火に呑まれまいと必死に抗う蛾、
篝火を必死に舞う蛾。
どこもかしこも蛾だらけだ


だが虫けらに混じって妙なのが一匹
コイツは蛾なんかじゃない
ひどく分かりづらいが、たしかに僅かに光が見える
そう例えるなら刀 鞘から抜き放たれた鋼の刃


鋭く光る 銀色だ



だが、どうしてかな
・・・どうにもコイツの色は 気に入らねェ








銀魂スタッフさんはやればできる子(マテ
【感想】


完璧に神回でした。
これ、どう感想書こうか・・・。凄いとしか言いようが無いんですが(ぉ
ていうか感想書こうと思ってビデオ回しても見入ってしまってストーリーを書き起こす気力がおきません(笑)


とにかくずっとサンライズのターン!みたいな回だったんですが(笑)、ここだけはと思うシーンについて感想書きます。




高杉「ヅラ、あれ見ろ。銀時が来てる。
紅桜を相手にやろうってつもりらしいよ、相変わらず馬鹿だな。
生身で戦艦とやり合うようなもんだぜ」

「もはや人の動きではないな。紅桜の伝達指定についていけず、身体が悲鳴をあげている。
あの男、死ぬぞ。
貴様は知っていたはずだ、紅桜を使えばどのようなことになるか。
仲間だろう?何とも思わんのか!?」



うわークルルと623が喋ってるよー(ぉぃ
実際はこんな空気読まないコメントなどせずに、ただただこの一連の動きに見入ってました。スタッフさん凄すぎ。

今回はAパート最初の似蔵さんのポエム(違 の裏で繰り広げられていたモブ戦もかーなーりー凝っていて、ここの戦闘描写を凄く楽しみにしていたんですが、


はっきり言って期待以上です。
予想を裏切って期待を裏切らないスタッフさんに敬礼(゚⊇゚)ゞ






鉄也「・・・まさか、あの男、紅桜を上回る速さで成長している
いや、あれは極限の命のやりとりの中で身体の奥に眠る、闘いの記憶が甦ったのか
あれが・・・・・・白夜叉」



何ですかここの作画は。


まさか原作と同等の感動を味わうことになるとは思いませんでした。
原作のこのシーン、空知絵でもここの白黒コントラストが他の追随を許さないほど好きなんです。
正直アニメは色が付くから残念だなー(´・ω・`)ショボーンとか思ってたんですが。


とても格好よかったです。流石主人公といったところ。







鉄也「だが、最後の最後で・・・お前だけは・・・・・・捨てられなんだか」


。・゚・(ノД`)・゚・。





鉄子「聞こえないよ 兄者
いつもみたいに大きな声で言ってくれないと ・・・聞こえないよ」



。・゚・(ノД`)・゚・。




声優さんほんとに凄い。
この兄妹の声優さんも紅桜編1話目の感想からいいなーと思ってましたが、今回でそれを確信。






高杉「ヅラ、俺はな、てめーらが国のためだ仲間のためだ、剣をとった時も、そんなもんどうでも良かったのさ。
考えてもみろ、その握った剣、こいつの使い方を俺達に教えてくれたのは誰だ?
俺達に武士の道、生きる術、それらを教えてくれたのは誰だ?
俺達に生きる世界を与えてくれたのはまぎれもねえ、松陽先生だ。


・・・なのに、この世界は俺達からあの人を奪った
だったら俺達はこの世界に喧嘩売るしかあるめぇ
あの人を奪ったこの世界をぶっ潰すしかあるめーよ。
・・・なぁヅラ。お前はこの世界で何を思って生きる?
俺達から先生を奪ったこの世界をどうして享受し、のうのうと生きていける?
・・・俺はそいつが腹立たしくてならねえ」



「高杉・・・俺とて何度この世界を更地に変えてやろうかと思ったか知れぬ。
だがアイツがそれに耐えているのに、ヤツが・・・一番この世界を憎んでいるはずのヤツが耐えているのに、俺達に何が出来る?
俺にはもうこの国は壊せん。
壊すには・・・ここには大事なものができすぎた。


今のお前は抜いた刀を鞘に収める機を失い、ただ悪戯に破壊を楽しむ獣にしか見えん。
この国が気に食わぬなら壊せばいい。だが江戸に住まう人々ごと破壊しかねん貴様のやり方は黙って見てられぬ。
他に方法があるはずだ。犠牲を出さずともこの国を変える方法が・・・
松陽先生もきっとそれを望・・・」





攘夷組いいなぁ。
多分ヅラが言ってることは図星でしょうね、高杉さんにとっては。
ブレーキをかけるタイミングを見誤ったという感じ。


私には高杉さんが一番純粋に見えます。有り体に言っちゃえば子供?
目的を失った今、感情だけで動いているような気が。嫌っているはずの天人と手を組んでまで幕府の崩壊を望むところとか、完全に目的と手段が入れ替わってる。
坂本さんに裏があるとは思えないので(笑)攘夷組のなかで一番ややこしいのは銀さんかな?
ヅラが言ってた台詞にも銀さんのややこしそうな感情の片鱗が現れている感じ。


それにしても攘夷組はみんな本音を見せることが少ないと思うなぁ。
キャサリンみたくはっちゃけてくれるのが(ぉぃ こじれた関係を直すには一番だと思う。
こんなに簡単に直るような関係でも無いと思いますが(汗)


あー、ヅラが本気で怒ったのはもしかして初めて?
これは攘夷組がますますドツボにはまりそうな予感・・・(lll-ω-)






「退路は俺たちが守る」
「行け」




ここの殺陣シーン、ほんとに凄い。




4月からこの紅桜編の為だけに作られた(と思われる)DOESさんの「修羅」
ここで使うのは色々と卑怯だ・・・興奮しすぎてしまう
コンテも完璧です。これは多分曲ありきでこのシーン作っていたのではないかと。


・・・なんかほんとに泣きそうだ



私がなんでこんなに紅桜編に思い入れるのか、それは鬼兵隊が好きだからという単純な理由なんですが、ここの共闘が本当に好きだったからもあります。


昔、共に闘った仲間とは敵になった。
でも、もう1人の仲間は未だに一緒に闘ってくれる――



こんなカタルシス、いいと思いません?






そして最後はまさかのラーメンED(笑)
原作見たときはぶっ飛んだなぁ・・・そのままにしておけば( ;∀;)イイハナシダナー で終わったものを(笑)
といっても、これが銀魂なんですよね。これ以上のまとめは無いと思いました。




そして、まさかの変則OP&ED

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!


「銀色の空」のイントロがかかったときは既に涙目でした(笑)
OPが「修羅」だったので予想はしてたんですが、
本編が凄すぎてすっかり忘れたままEDに移行涙目乙みたいなカンジ(笑)




いいですね、この演出。
戦場から穏やかな日常に戻っていくように感じます。



これで「修羅」orED省略だったら、次回の予告が空気嫁なことになっていたでしょうし(笑)







スタッフさん、本当にありがとうございました。
ここまでのクオリティだとは思っていませんでした。


そして声優さん方、銀魂・紅桜編をここまで盛り上げてくださって本当にありがとうございました。
皆さん全員毎週演技が光ってましたが、個人的なMVPは以下。


58話→阪口さん(@新八)
59話→釘宮さん(@神楽)
60話→石田さん・青山さん(@ヅラ・似蔵さん)
そして今回→杉田さん・石田さん・子安さん・根本さん・大西さん(@銀さん・ヅラ・高杉さん・鉄子・鉄也)


ほんとに銀魂は声優陣が神だなぁ。






・・・ですが、家に帰るまでが遠足とはよく言ったもので、
これも、来週までが紅桜編。
来週で紅桜編を盛り上げてくれたこのEDも最後というナイスな演出のもと、紅桜編:後日談を楽しみましょう(笑)




【次回】「ミイラ捕りがミイラに」


ちょwwwギャグの神回ww









●作画監督

佐藤さんでしたか!!
それならこの神作画連発も納得かも・・・


●作画スタッフさん達

本当にお疲れさまでした<(_ _)>


●脚本・演出


みなみやすひろさん・・・φ(..)メモメモ




これだけで一日は潰せそうです(笑)
もっかい見てきますノシ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/25-774bd665
    この記事へのトラックバック

    銀魂 第61話

    「闇夜の虫は光に集う」紅桜編最終章!節目節目には必ずと言っていいほど、変則OPを見せてくれる銀魂。それに加え、本編の内容も作画も演出も、クオリティタカス。稀に見るシリアス展開に、別のアニメじゃねーか? 

    銀魂 第61話

    『紅桜篇 最終章』刮目せよ!

    アニメ銀魂61話 感想

    「 闇夜の虫は光に集う 」ああああああああああもうどうしていいかわからない!!!!観終わった後は放心状態でしたよ・・・。そしてとても感想なんて書ける状態じゃなく・・・。もう何も言うことはないです。アニメ銀魂よ、ありがとう!!!!!!!もう今回は、とことん細



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。