スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラチナプレイ中 最終回

2009年04月11日 23:31

ということで、プレイの総括でも。

演出面が素晴らしいと今までのプレイ日記でもさんざん書いてきましたが、特に秀逸だと思ったのは「ギンガ団」のネーミングでした。
まあ、私の勘違いというオチかもしれませんが(笑)。

その辺も含めて、「続きを読む」からどうぞー。
●総評
大型タイトルとしての期待に応えきったところは本当に流石です。
ストーリー・演出共に高いクオリティであり、BGMの良さも健在。

操作性には個人差で若干不満がありそうですが、個人的にはトレーナー戦エンカウントの反応が鈍い以外は問題ありません。
セーブ機能は本体の仕様みたいですし、データのバックアップも補強されているようなのでセーブ時間は気になりませんでした。

何より、プレイしていて本当に楽しかったです。


●ストーリー
物語が壮大になりすぎている感はありましたが(笑)、とても面白かったです。
やっぱりこれはギンガ団という魅力的な敵役がいるからでしょうね。個人的にはロケット団より好きかも・・・。
ギャグとシリアスをこなせる敵組織は大好きです(笑)。

イベントが多めで、主要登場人物のキャラクターが立っていたのも大きいですね。
ジムリーダー・ギンガ団に関しては本当に印象に残りました。

んー、でもまだまだプルート関係のフラグは残ってると思うんですよね・・・。
また違うシリーズとかで補完されるのかな?



ただ、明るい雰囲気だったエメラルド(第三世代)とは違い、全体的にダークな感じでしたね。
街に人工物が多かったのも、自然に囲まれていたホウエン地方と対照的で、つい最近エメラルドをプレイした身にとって特に印象的でした。


個人的にはエメラルドの様な明るい感じのストーリーの方が好きです。
伝説系がちゃんとストーリーに絡んできて、アクア団・マグマ団共に収まるべき所に収まったという清々しいストーリー展開が本当に好きでした。

こう言いましたが、これはもう本当に各人の好みになると思います。
プラチナ(第四世代)のストーリーが一番好きという人もかなりいるはず。現に妹がそうですし。
ホント、どちらとも全体的にレベルが高かったです。



●演出
これは素晴らしかったとしか言いようがない。過去トップレベルだとも感じました。

マップが3Dになったことによって、より演出の幅が広がったように感じます(特に、ハクタイの森での木漏れ日の演出が好きです)。

崖を駆け上ったり、霧という新しい天候にも3Dはマッチしていましたし、
もちろん「やぶれたせかい」の3Dをフルに使ったマップには感動。面白くて写真を撮りまくってしまった・・・(笑)。



あと、何と言ってもジムリーダー戦・リーグ戦・ライバル戦の演出は外せないでしょう。
毎回どんな演出が来るのかわくわくしてしまいました。
特に戦闘前カットインは本当に格好いいです。スモモちゃんのカットインが特にお気に入り。


ライバルのキャラクターも可愛かったなあ・・・(笑)。あんな弟、ちょっと欲しいかも。



●ギンガ団
このギンガ団の魅力がそのままプラチナの魅力と言っても良いほど、ストーリーによく絡んでくれました。
こんなWikiが出来てしまうのも納得の存在。アカギさまのファンになりそうです。



そして、考えすぎかもしれませんが「ギンガ団」というネーミングを考察(?)してみた。
Wikipedia先生からいろいろ引用させていただいてます。


(ここからアカギさまのセリフ)
じかんを あやつる
しんわの ポケモン ディアルガ


……そして もういっぴき
くうかんを つかさどる
しんわの ポケモン パルキアよ



このときを まっていたぞ
ディアルガに パルキアよ


この せかいを かたちづくるのは
じかんと くうかんの にじゅうらせん


ならば わたしは
おまえたちの もつ のうりょくを
わたしじしんの ちからと して
あたらしい ギンガを!
うちゅうを たんじょう させる!

(ここまで Akagi Wikiさまより引用)


・宇宙とは
1 広義には、森羅万象(あらゆる物事)を含む天地の全体、「世界」の意味。
2 哲学や宗教など、何らかの観点から見て、秩序をもつ完結した世界体系、「コスモス」の意味。


これはつまりアカギさまが言っていた「究極の世界・完全な世界」ってことですよね。



あと、「宇宙」という字は、

「宇」が「天地四方上下」(つまり上下前後左右、三次元空間全体)を、
「宙」が「往古来今」(つまり過去・現在・未来、時間全体)を意味するという説もあります。

つまり↓

じかんを あやつる しんわの ポケモン ディアルガ
くうかんを つかさどる しんわの ポケモン パルキアよ



・・・制作陣はこの辺も考えて、ギンガ団(銀河≒宇宙)という名前にしたんでしょうかね?
ちょっと興味をそそられます。



●BGM
プラチナもかなり良いBGMがありましたが、チャンピオン戦のBGMのインパクトが凄すぎて最後に全てを持っていかれた感があります(笑)。
それほどチャンピオンの雰囲気にマッチした曲でした。
序盤のBGMに関してはこの辺の記事でも触れてます。

ちょっと残念だったのが、街BGMの印象が薄かったことぐらいでしょうか?
エメラルドは街BGMにも印象の強い曲が多く、特にルネシティのBGMなんかは一時期中毒になったほどなので、どうも比較しちゃいます。


あとは、ギラティナ戦のBGMが大好きです。当時のテンション高い感想はこちらです。

調べてみたら増田さんの作曲みたいですね。道理で格好いい訳だ。





・・・うん。大満足。
中学校に入ってからポケモンとは疎遠になっていましたが、ここ半年でエメラルド・プラチナとプレイした結果、やっぱり大好きなシリーズであることを再確認させてもらいました。
きっと発売される、第五世代にも大きく期待しています。

あと、金銀リメイクとか希望してもいいですか(笑)。
第二世代はクリスタルしかやったことがないので、何気にやってみたいのです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/291-cfb848ec
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。