スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらの14話「迷い」

2007年07月16日 15:14

(公式あらすじ)


子供たちが気づかないうちに、ジアースを巡る事態はさまざまな動きを見せ始めた。田中美純のもとを訪れた国防軍の佐々見と政府の桂木は、更なるデータ収集のために子供たちにハッキングチップを埋め込みたいと、田中から子供たちに伝えるよう要請する。子供たちを救うという名目を掲げつつ、彼らを実験台のごとく扱おうとする軍のやり方に田中は苛立ちを覚えるのだった。そんな中、子供たちの間でも不安は募るばかり。契約していなのは誰か?と揉めるのを見かねて、カンジは自分の母親が認知研の教授であることを明かす。それを聞いた田中は、契約を解く鍵を見つけるため、子供たちを連れて認知研を訪れることに。しかし、カンジの表情は重く……。


※原作は読了しました。
少なくとも君は、自分の個人的な利害でこの件に深入りしすぎている。
――違うかね?





【感想】


予想通り、ずっと田中さんのターンで終了。
キリエが完璧に空気で泣きそうになりました(ノД`)カワイソス




さてさて、今回からアニメオリジナル展開という名の超展開がスタートしました。
終わってみると、これはこれで楽しめている自分がいることに驚きです(笑)


話が全力で子供達を助ける方向に向かっているのには驚きました。
というか田中さんが頑張っていますね。むしろ、コモとアンコが戦うのはやめた方が良いといっていることに少しびっくり。
普通の反応だとは思うんですが・・・コモの友達のマキが操縦した後だけにちょっと複雑です。




●工作いn(略


めずらしく予想が当たって、他国の企業でした。
それにしても今回の田中さんはいろいろとおかしくないだろうか(笑)
ちょっと格好良すぎる部分もちらほら。


ジアースを利用することが財界のブームになっているようで。
もう勝つこと前提で話が進んでいるようですが、相手ロボットにも人が乗っていることが知られたらこの人達はどうするんだろう・・・。




●ロリコン関(違


彼も今回結構動いてくれました。
やっぱり田中さんの行動に不審を抱いていたのでしょうね。
あと、義手にチップを仕込むことで、ジアースの情報を認知研に流していたようです。
今まで私は原作に縛られすぎてたようで、前回まで関のダークホース化は予想外でした(汗)




●ジアースレポートⅡ


ジアースを、排除→利用するという意向に変わりました。
財界がバックについているようで、子供達のことは何も書かれていないらしいです・・・切ないなあ。


どこからともなく帆走会の会長出現。
彼と、関の素敵な頑張りによって明かされる衝撃の事実。








田中さんこそ、ウシロの母親だったんだよ!




な、なんだってー(AA略







今回一番ぶっ飛んだところがここ。
カンジの母親とかどうでもよくなるほどの衝撃でした。
でもウシロと田中さんは似てないよなー、と巻き戻してみると・・・


あ、あれ・・・?似てる・・・???


なんというアニメマジック。






(追記)
OPを見返してみたら、ちゃんとウシロの次のカットは田中さんでした。
偶然だと思いますが・・・妙に細かいところも入れてくるスタッフさんだからなあ・・・。
この演出には(偶然だろうと)素直に感動。




●認知研


カンジの母親でした。


( Д)     ゚ ゚

今回は「意外な人が母親」なシーンが2つもあるのですが、なにしろウシロの方に殆どもってかれました。これも充分びっくり要素なんですが。


母親は、あまり子供達には興味がないみたいですね。
カンジがパイロットになるときは何を思うんだろう・・・と見ていたら。


「全力を挙げてこの子達の契約を解いてみせましょう。」


ちょwww


流石に、本当に契約が解けたら原作の意味をぶち壊すことになると思うのでできないとは思うんですが・・・
監督のことだから実際にやってしまわないか不安です(笑)


それにしてもカンジは上手いなあ。
それからアンコとのバカップル自重してください♪(ぉぃ




●戸籍抄本


関さんのすごいがんばり。
いやー、このアニメ良い意味でも悪い意味でも、どうやって着地するのかが気になりすぎます(笑)
とりあえず原作を買う人は増えると思いますよ(マテ


ですが戦闘がなかったとはいえ、緊張感はあったので面白い内容でした。
でもやっぱり私は大人達の駆け引きより子供達のドラマが見たいなあ・・・ということで次回に期待。




次回:「自滅」


次はいよいよ僕がパイロットなんだけれど、
今ひとつ気持ちが盛り上がらないんだよね・・・。
みんな、僕が負けたら、どうする?





次回予告は笑うところではないと思うので(ぉぃ セリフには触れず、簡潔に。


キリエの回なのに、みょーに宇白兄妹が目立ってる。
あれ?キリエの横で寝ているのはウシロですよね?
お泊まりということか・・・?
やっぱり、キリエのエピソードはアニメオリジナルになるのかも・・・。


子供達のエピソードがまるっきりオリジナルになるのは初めて(だと思う)のでアニメスタッフさんに期待。
出来が良かったら、アニメの着地の仕方も期待が持てますしね。




(以下、どうでもいい話)


ウシロの生年月日が平成29年なら、作中時間は2030年ですね。
当初から近未来っぽい話だと思っていたので納得。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/38-5bd44165
    この記事へのトラックバック

    ぼくらの 第14話・「迷い」を見て寸評

     やはり、大人の思惑が絡むと子供が命を賭して戦っているのが余りに哀れに見えてくるな…

    ぼくらの #14

    新展開へ・・・今回はジアース出番なし。ぼくらの第14話です。 ぼくらの~alternative 1 (1) (ガガガ文庫 お 1-1)大樹 連司; 鬼頭 莫宏 (2007/05/24)小学館 この商品の詳細を見る

    「ぼくらの」14話  迷い

    田中さんがウシロの母親なのか。これは原作でもそうなんだろか?まあどっちでもいいか。認知研もそうだし、ジアースのテクノロジー解読による経済効果とかオリジナル要素がいろいろ出されとる。このままオリジナル

    ぼくらの 第14話 「迷い」

    ぼくらの  現時点での評価:3.5~  []  テレビ神奈川 : 04/10 23:00~  東京MXテレビ : 04/10 23:30~  テレビ愛知 : 04/12 26:58~  サンテレビ : 04/08 25:30~  AT-X : 04/29 11:30~  原作 : 鬼頭莫宏  監督 : 森田宏幸(ブロ....

    ぼくらの 14話 「迷い」

    ぼくらの14話「迷い」見ました!えっ!?あの人があの子の母親!?×2!感想は続きを読むで。

    ぼくらの #14 「迷い」

    ちょっ!田中さん早熟!!そしてこの男勝りの座り方、なかなか笑わせてもらいました^^ ↓ ↓

    ぼくらの14話

    「迷い」↑youtubeより「ぼくらのOP 『アンインストール』(fullVer)」↓↓↓

    ぼくらの #14 「迷い」

     『ぼくら』 は知った。 この戦いが何を目的としているか、 負けた側に何がもたらされるか――。 それは 『ぼくら』 を動揺させるには十分で、 田中さんの家に集まって今後の相談をすることになった。 その途上、コモ・アンコ・マチが不審者に囲まれ――。

    レビュー・評価:ぼくらの/第14話 迷い

    品質評価 3 / 萌え評価 6 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 24 / お色気評価 3 / 総合評価 6レビュー数 29 件 子供たちが気づかないうちに、ジアースを巡る事態はさまざまな動きを見せ始めた。田中美純のもとを訪れた国防軍の佐々見と政府の桂木は、更なるデータ



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。