スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらの7話「傷」

2007年05月23日 11:38

(公式あらすじ)


カコが戦闘をしないまま死んでしまったため、ジアース内では急きょ次のパイロットが選ばれることとなった。回転するルーレットを見つめながら、チズは中学へ入学した頃のことを思い出していた。本当は私立を受験したかったが家族の理解を得られず、仕方なく公立に入学したこと。入学式の日に出会った教師・畑飼に自分の気持ちをわかってもらえたこと。ある日の帰り道、一緒に帰りながら他愛もない会話を交わしたこと。学校にお弁当を作って持っていってあげたこと。そのお礼にと、イルカのネックレスをプレゼントされたこと。畑飼への想いを募らせるチズは彼の愛を受け入れ、教師と生徒を越えた仲となる。しかし、その幸せは長くは続かなかった。


※原作は未読です。

【感想】


うわあ・・・( ̄□ ̄;)
鬱展開過ぎてかなり辛いのですが、やめられない止まらない。
人に見させるパワーを持っていますねこのアニメ。


「行かないでくれよ、辛かったんだ」
「俺は本田みたいな綺麗な心の支えがなけりゃ生きていけないんだ!」



あ、あんたって人は(同ネタ多数と思われ)どこまでクズなんでしょうかこの人。
しかしこれで絆されたチズの気持ちも分からなくはないです。


チズの家族はおっとりしてるというより、鈍感なだけ。
三者面談に姉が来るところから少しずれてます。
(普通、自治会の手伝いより面談を優先させますよね?)
小さい頃からしっかりした自我を持ってたチズは、自分を見て欲しかったんだと思うなー。
そこで「君が必要なんだ(意訳)」って縋られたから堪らなかったんだろうと。


そして自分が必要とされてると思ったまま、見てしまったのは姉と先生。


(ノ∀`)アチャー


これはやさぐれますよ。
3話で「黙っていれば疑いはかからない」なんて言いだした時から
歪んだ子だなーと思ってたんですが、これでは性格が歪むのも頷けます。


そして、次のパイロットに選ばれたのは彼女。
カコを殺したと思われている(自分で言ったにせよ)中、チズはどんな思いで戦うのでしょうか。


ああ、鬱だ・・・(lll-ω-)




次回:「復讐」


罪のない人が大勢死んで、
絶対に許せない人が生き残っているの。
先生、待ってて。今から行くよ。




次回予告からして、チズは先生を殺そうとするのはたぶん確実。
これは「貴方を殺して私も死ぬ」の感覚に近いのかな・・・
どっちかっていうと「私は死ぬから一緒に来て」のほうがしっくりくる気が。
とりあえずビジュアルでものすごく好みだったチズちゃんとも
次回でお別れとなると寂しいです・・・(ノд・。) グスン



そしてカコ君はものすごく不幸だと思った。
せめて安らかに。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/4-0aa8a387
    この記事へのトラックバック

    (アニメ感想) ぼくらの 第7話 「傷」

    どこか満たされないものを抱えつつ少女は、生きてきた。優しい両親はいる、美人で優秀な姉もいる。だが、彼女は満たされないままだった。そして、ジ・アースが現われた・・・。

    ぼくらの「傷」感想

    ぼくらの 3 (3)鬼頭 莫宏価格予想を上回るはじけっぷり「なるたる」からの鬼頭 莫宏ファンならば、先生と女生徒が登場した時点で( ̄ー ̄)ニヤリとしたでしょうが、その後の展開がやばすぎるw気持ちはわかる、気持ちはわかるがそこまでやってはいかんだろ!と突っ込みたくな

    ぼくらの #7

    チズの心の傷が描かれたお話でした。周りと同じ、みんなと一緒が何より大切と考える家庭の中で、人と違っても自分のやりたいことをしたいと考えるチズは家族から浮いた存在でした。そ...

    レビュー・評価:ぼくらの/第7話 傷

    品質評価 10 / 萌え評価 23 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 87 / お色気評価 25 / 総合評価 28レビュー数 101 件 カコが戦闘をしないまま死んでしまったため、ジアース内では急きょ次のパイロットが選ばれることとなった。回転するルーレットを見つめなが...



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。