スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許斐先生は本当に底の見えない漫画家だなあ

2009年12月30日 23:33

●テニスの王子様がテニスしてない件についてwwww
(暇人速報さまより)

やっぱりテニプリは一読者の予想を軽く飛び越えていくから計り知れない。

キャラクターの魅力(特に跡部様のインパクトは凄すぎる)や、予想を裏切り期待を裏切らない展開、
また手塚VS真田のような、熱い展開なども描ききってしまったように、王道をきちんと押さえた作品作りもできてしまう許斐先生は、本当に「底が見えない」作家さんだと思います。


キャラ厨的には謙也くんが活躍していて非常に嬉しかったです。
この日記で氷帝・四天宝寺好きだと言ってましたが、氷帝では跡部さまと忍足さん、四天宝寺では白石さんと謙也くんがお気に入りのキャラクターなのです。
全国大会での彼と財前さんの扱いはアレすぎたので、今回目立っていてくれて大満足。

田仁志さまと越前くんが何気に仲良さそうなのも見ていて微笑ましかったですね。
テニプリを真剣に読み始めたのがVS比嘉中あたりだったので、この二人が漫才してるだけでなんだか優しい気持ちになれます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/419-f80406c0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。