スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクウィッチーズ 最終回を観終わっての感想

2010年07月17日 20:58

最終話までの短文感想です。
※ネタバレがあるのでご注意を。




最後まで見ました。
1話完結が主体のお話から一つの大きな事件に発展していく流れはとても自然で見事だったと思います。
また作画面も大きく崩れることなく一定のクオリティを保っており、1話・5話・最終話のような躍動感あふれる動きはとても私好みでした。

唯一気になるところといえば、結局「ネウロイとは一体何なのか?」。これに尽きますねー。
人型ネウロイとその他の違いは?とか、どうしてネウロイは侵略を諦めたのか・・・とか、疑問は止まりません。
「投げっぱなしEND」とはまた違ったストーリーですが、いろいろと疑問のまま残りましたね。
(個人的に、投げっぱなしでもまったく気にならない性質なのですが・・・って前にも書いたなコレ。)


やっぱりキャラの魅力が印象的でしたね。
11人全員が可愛かった。名前も即効で覚えてしまいましたよ。
想像だけど、各キャラファン同士のいざこざとかあんまり無いタイプのアニメじゃないかな?これ。

私的には、芳佳&リーネちゃん、芳佳&エイラ&サーニャの組み合わせが好きです。
芳リネはとにかく可愛らしいし、芳佳とエイラーニャは6話を見てベストトリオだと思いました。

エイラーニャ派が多いと思うのですが、ここでよく考えてみましょう。
芳佳がいると芳佳にサーニャ絡みでプチ嫉妬するエイラが見られるんだぜ・・・?
エイラはやっぱりヘタれてる時が一番可愛いと思います。


とにかく面白かったです。
欲を言うなら、もっとエーリカちゃんのメインパートを作ってくだされ・・・スタッフ様・・・。
可愛い顔してスーパーエースですから、もっとガンガン撃墜してるところを観たかったじぇー。
担当回があのカオス回だけではもったいないですよおー。


・・・それにしてもあのカオス回(ズボンorパンツ激論回とも言う)は底知れない恐怖を感じました。
何というか、カブトボーグ(しかも浦沢脚本回)を見ている時と同じ恐ろしさでした。

カブトボーグも名作だったので知らない方はぜひぜひ。(ここで宣伝をしておく)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/519-2f2498ee
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。