スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス24話「崩落 の ステージ」&25話「ゼ ロ」

2007年07月29日 13:26

リアルタイムで見ました、コードギアス24話・25話。
色々と投げっぱなしだということは聞いていて実際そうでしたが、私はそんなこと全然気にしないタイプなので普通に楽しめました。


地域によっての放送時間の差が激しいのでネタバレ防止のため、あらすじは「続きを読む」からどうぞ。
(公式あらすじ)




24話『崩落 の ステージ』


一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。
その租界が突如崩落した。地盤を支える構造体自体を破壊するという恐るべき手段でブリタニア軍に大ダメージを与えたゼロは混乱に乗じて敵本陣に突入する!さらにユーフェミアの復讐を誓うスザクも参戦!
コーネリア対ゼロ、スザク対ルルーシュ!?今、最後の血戦の幕が開く!!!





25話『ゼ ロ』


死闘の末にコーネリアを追い詰めたルルーシュ。だが狂乱のジェレミアが乱入!
戦場が混乱する中、さらにナナリーの身に……。C.C.の助言を受け神根島へ向かうルルーシュ。
果たしてそこが終焉の場所なのか!






●追加のあらすじ


あらかじめギアスをかけておいたブリタニア兵の協力によって、租界を崩壊させたゼロ。ナナリーを黒の騎士団に保護させる目的のため、アッシュフォード学園に騎士団を配置させる。
前線では藤堂と四聖剣によって制圧させ、ディートハルトはマスコミ関連を押さえにかかる。
スザクはロイドを殴り、ゼロを倒すため強引に出撃する。
学園では、カレンは素顔を生徒会メンバーに明かし、記憶を取り戻したヴィレッタが潜入を開始する。
スザクは騎士団のKMFを倒しにかかり、ゼロの居場所を突き止めようとし、カレンとビルの側面で戦い始める。
カレンは右腕を破壊されるが、ゼロが姿を現し、スザクとの一騎打ちを始める。しかしゼロに学園を盾にされ、内通者の咲世子とラクシャータによって、行動不能にさせられてしまう。
ヴィレッタは扇を銃で撃ち、その時の混乱に乗じて生徒会メンバーはスザクの救出に脱走する。


そのころ租界では、ゼロとコーネリアが戦っていた。
コーネリアがゼロを捉えた瞬間、後ろからギアスを掛けられたダールトンによって撃墜され、正気に戻ったダールトンもゼロによって殺された。
ゼロは仮面をとり、コーネリアにアリエスの離宮で起きた惨劇についてを問いただす。
しかし、マリアンヌはどうやら襲撃があることを前もって知っていたことが明らかになる。
コーネリアを捕虜にしようとしたその時、ジェレミアが新しいKMF、ジークフリートに乗ってゼロを殺すためにやってきた。
学園では特派がアヴァロンを出撃させ、セシルがランスロットの武器を持ってくる。そしてニーナが改造したガニメデによって自爆をたくらみ、学園は一時混乱状態となる。


ナナリーがV.V.によって攫われたことを知ったルルーシュとC.C.は指揮権を藤堂に移し、神根島へと向かう。
そこで2人はC.C.の過去を見る。
C.C.は自分のことを魔女だと言うが、ルルーシュは、「俺達は共犯者だ。お前が魔女なら俺が魔王になればいいだけだ」と精神世界の中で告げた。


スザクはゼロを追うため、カレンはゼロを信じるためにそれぞれ神根島に向かう。
租界ではブリタニア軍が優勢となっていた。




一時、ゼロによってビルの下敷きにされたジェレミアが神根島まで追いかけてくる。C.C.はルルーシュを先へ行かせるため、ジェレミアとの心中を決意する。


C.C.「勝てよルルーシュ。自らの過去に。そして、行動の結果に」


C.C.はルルーシュにキスをし、彼を逃がした。




神根島でルルーシュと再会したスザクは、カレンに見せるようにゼロの仮面を撃った。
「結果的に日本を開放する。文句はないだろう」というルルーシュの言葉を聞き、カレンは愕然とする。
スザクは、ゼロ=ルルーシュであることに薄々気付いていたらしい。
ルルーシュに向かって銃を向けた。


スザク「君は最後の最後で世界を裏切り、世界に裏切られた!」


ルルーシュは流体サクラダイトを自らに取り付け、自分を人質とする。
しかし、スザクに存在自体を否定され、ルルーシュは怒りのままにスザクに銃を向けた。


ルルーシュ「スザク!」
スザク「ルルーシュ!」





――2人は銃を撃ち合った。






ジェレミアと共に、海に沈んでいくC.C.。




人は、人間は、幸せを求める存在である。
ブリタニアの少年ルルーシュが望んだことも、小さな幸せに過ぎなかった。
特別なことではない。


少なくとも行動の根源には人としてごく当たり前の、
とてもささやかな願いでしかなかった。
そんな夢を、そんな誓いを誰が否定できるのか。
誰にそんな資格があるというのか。


だがしかし、人は誰しもが否応なく他者と、
世界と関わることによって自らを規定され、定められてしまう。
ならば個人の思惑など、世界の意志を前にしてはどうしようもなく流されてしまう儚い存在でしかない。




罪と罰。
運命と裁き。




ルルーシュの前に立ちはだかったのは、
自らが生み出した過去であり、人が人であるが故の憎しみか。
それでも今は感謝すべきであろう。
そう、少なくとも人が幸せを求める存在であることに。
一縷の望みは、仄かなる願いは、絶望からこそ生まれいずる。





C.C.は涙を浮かべながら、海の底へと消えた。








【感想】


いやー、面白かったです。
色々とぶった切られた部分もありますが、アニメ版「なるたる」も楽しんで見られる私にとってはこんなもの尻切れの内に入りません(笑)


結局の所、ルルーシュは世界より自分の願いを選んで、世界を裏切って世界に裏切られた――ということでいいんでしょうか。




総括は、最後のC.C.の独白そのものだと思います。
昨日1巻をもう一度見直してみたんですが、ルルーシュは別に最初から租界を壊滅させたり、ユフィを殺そうとしたいわけではなかった。


ただ、「ナナリーが安心して暮らすことの出来る世界にしたい」という願いが、世界を巻き込む事件に発展したわけですね。
そしてルルーシュの願いは、ナナリーがいつも言っている「優しい世界でありますように」ということと根本は同じなことが分かります。
しかし今ルルーシュが行っていることはナナリーの願いとは正反対なことで――。


今楽しんで読んでいる某漫画の言葉を借りれば、ルルーシュは「きっと、色々なところで少しずつ選択を間違えた」のだと思います。
その少しずつ間違えた選択の結果が、C.C.が言っていたように、


「勝てよルルーシュ。自らの過去に。そして、行動の結果に」


ルルーシュにのしかかっていったと解釈。




で、ルルーシュは結局今のところ、過去と行動の結果には勝てなかったと思います。
最後の最後でスザクに邪魔されてしまいましたしね。






さて、ルルーシュとスザクの対面ですが、私には1話を少し思い出させました。
あの時と今では状況が絶望的に違いますけどね(汗)


スザクは、君が手を組むべき相手だったのはユフィのはず、君は世界を裏切った――と言ってますが、たぶんそれも紛れもない事実だと思います。
ナナリーの幸せを願うなら、ユフィと行政特区を作るべきでした。




但しスザクは知らないことですが、ルルーシュは実際そうしようと思ってましたし、実行する直前でもありました。
でも、それは不運な出来事(私はまだV.V.の干渉の可能性もアリと思っているのですが)によって阻まれたのです。
それを知っているのがルルーシュとC.C.だけというのが何とも痛いなぁ・・・。


ユフィのことを全く言い訳しないルルーシュなので(そこが良いところでもあり悪いところだとも思う)、多分スザクとの和解はもう無理なのではないかと思ってます。






そして、存在否定は多分、ルルーシュにとって一番言っちゃいけないことだと理解。
生まれたときから疎まれていたと思われるので、そこを突かれると感情的になるんだと思われます。


そしてこの辺りからスザクの口調が 「君」から「お前」 になっていったのが印象的。


それから撃ち合ったのですが・・・多分ルルーシュとカレンは生きてるでしょう。
ルルーシュは予告にいるからいいとして(ぉぃ カレンはこのまま退場させるには勿体ないキャラですし、ゼロに裏切られたと思っている現在から、またどのように思いが変わっていくのかが描かれると思います。


そうなると生存が怪しいのがスザクになるのですが・・・谷口監督ならここで死なせないと思いますね。


とりあえずその辺は2期に期待と言うことで。










さて、今度はC.C.とルルーシュの関係ですが。


今回、過去を見た経験によって、「共犯者」から「お互いの理解者」へと完全に変わったと思います。
劇中でも、途中までC.C.はルルーシュに「共犯者」という言葉を使われると少し傷ついたような顔をしていたのが印象的でしたが(今回もしていましたね)、これで名実ともにパートナーになったかもしれません。


二人の関係がだんだん変わっていくのは
・ナリタでの洞窟内
・マオ編での契約返し
・23話でC.C.がルルーシュを抱きしめたシーン

と、今回の4種類の様な気がします。


この2人にはマオとのような依存ではなく、信頼関係を築いていって欲しいと思っていましたが、今回はそれが果たされたことになるのかも。
・・・これから2人が再会するのにかなり時間がかかりそうな気もしますが。






マリアンヌ殺害事件は、色々と意外な形が見えてきたような気がします。
DVD5巻で、警護にあたっていたジェレミアさんが記憶を無くしていたことから、ギアス能力者の仕業だとは思っていましたが・・・(一応DVDのネタバレが嫌な人用に反転しておきます)
やっぱり、マリアンヌはC.C.(もしくはV.V.)と関わりがあったことがだいぶ分かってきましたねー。
一応リンク→DVD5巻感想






あ、あとセシルさんが今までにスザクと誰かを重ねているシーンがあったと思いますが、今回を観てみるとそれがセシル自身である可能性も出てきましたね。
これは正直予想外でした。これはラクシャータと何かあったと想像しておきます。










そして、一応今後の展開について。


このコードギアスという物語は、いろんな所で「奪われた名前を取り戻す」ということが鍵になっていると思われます。
結構いろんな感想ブログさんで言われてきたことでもありますが、私はそれを見て納得すると共に、『最終的には、ルルーシュは皇子としての名を取り戻すのかなー』と思っていましたが、2期はまずゼロとしての名前を取り戻すことになりそうです。


多分租界で行われている戦いは、騎士団側が負けると思いますし。
信用がなくなったゼロとしての名前を、どんな風に取り戻していくのかを見てみたい気もします。






あー、早く2期観たいなー。
この終わり方でも個人的にはOKなんですが(汗)やっぱり色々な伏線は回収して欲しいですしね。








●2期予告


ゼロ・・・ バカな男だ。
逆らっても、抗っても、どうせ世界は変わらないのに




教えてやろう。大人の世界ではな、正しいことに価値はないんだよ




何かある・・・
俺の知らないところで何かが起こっている




力のない人間は
我慢しなくちゃいけないの?
たとえ正義がこちらにあっても




やめろ 生きてる!




無力が悪だというのなら
力は正義なのか?!




間違っていたのは俺じゃない
世界の方だ







そして、最後の一瞬にルルーシュのバックに男の子のラフ画。
・・・誰?(ぇ


ルルーシュの味方ポジションだと予想してみます。




とりあえず2期もありますが、スタッフの皆さんお疲れさまでした。
半年と4ヶ月(笑)、とても楽しかったです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/52-916a73cf
    この記事へのトラックバック

    私は彼の「理解者」で彼は私の「理解者」で/『コードギアス 反逆のルルーシュ』/第24話「崩落のステージ」・第25話「ゼロ」感想

    「一人じゃないだろ。俺達は共犯者だ。お前が魔女なら、俺が魔王になればいいだけだ」(ルルーシュ) ルルーシュの「願い」とゼロの「願い」があまりにかけ離れていたが故に、周りに理解されず、そして、唯一の「理解者」が……というストーリーラインが凄まじかった。...

    24話『崩落 の ステージ』&25話『ゼ ロ』

    ★24話『崩落 の ステージ』一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。その租界が突如崩落した。地盤を支える構造体自体を破壊するという恐るべき手段

    (アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第25話 「ゼロ」

    コードギアス 反逆のルルーシュ volume08ついに、コーネリアを追い詰めたルルーシュ。母マリアンヌを殺した犯人を聞き出すため、ギアスを発動する。だがその時、狂乱のジェレミアが乱入!!二人の戦いが始まる中、ナナリーの身に異変が・・・。

    コードギアス 反逆のルルーシュ 第24話「崩落のステージ」

    世界を外れた力――ギアスを手にした少年の起こした戦い。多くの流血を伴う戦い…それは自らの兄弟すらも手にかける運命となり…。ささやかな幸福を望んだ戦いは全てを憎悪と破壊へと導いていった。そして、世界を壊

    鷲士のコードギアス 反逆のルルーシュ STAGE 24&25 スペシャル 感想!

    もう~泣きそう・・((T△T))・・・・・ボリュームありすぎて、私の文章力では書き切れません(苦笑)なので、いつもお邪魔しているブログ様にてコメントしまくり決定!(w)・・・C.C.は、果たして・・このまま海の藻屑と消えるのか!?そして、オレンジさんの運命や...

    [アニメ] コードギアス 反逆のルルーシュ 第24話 「崩落のステージ」

    コードギアス第24話。黒の騎士団。神聖ブリタニア帝国。それぞれの正義を誓った戦いは、崩壊へと繋がっていく…

    [アニメ] コードギアス 反逆のルルーシュ 第25話 「ゼロ」

    コードギアス第25話。間違っていたのは俺じゃない。世界の方だ…

    コードギアス 反逆のルルーシュ #24「崩落のステージ」

    2000アクセスオーバーしたキラータイトル今夜復活!ついに来ましたこの時が! このために夏まで待ったのです! ついに視聴できて幸せです(*´▽`)ニパー 今回のコードギアス感想は24話、25話に分けてうpし

    コードギアス 反逆のルルーシュ stage24 崩落のステージ & stage25 ゼロ

    え?Σ(゚Д゚;エーッ!

    コードギアス 反逆のルルーシュ 第24・25話

    24話『崩落のステージ』25話『ゼロ』C.C.は殺させない。第1期ラストを飾るに相応しいできだったかどうかは、まぁ、後で書くとして・・・やっぱりギアスは見せ方が巧いというか、超展開であることは間違いないです。な

    コードギアス 反逆のルルーシュ 第24,25話

    ■コードギアス 反逆のルルーシュ■

    コードギアス 反逆のルルーシュ #24 「崩落のステージ」

     皇歴2010年8月10日、日本は神聖ブリタニア帝国の前に敗れ去った。 植民地、エリア11となった日本は、自由と伝統、権利と誇り、そして、名前を奪われた。 イレヴン。その数字が、新しい日本人を示す名前だった。 それから7年後、ブリタニアに捨てられた皇子、ル....

    コードギアス 反逆のルルーシュ #25 「ゼロ」

     それは1つの死から始まった。 密かに抱いた願いはやがて、多くの死を生み出した。 それは無力で見捨てられた存在だった。 やがて力を得たとき、見捨てる存在になった。 大きな組織を築き上げたとき、 “ゼロ” の孤立は一層深まった。 その矛盾に...

    コードギアス 反逆のルルーシュ #24「崩落のステージ」 / #25「ゼロ」

    そうだ俺がゼロだ!久しぶりのコードギアスだったわけですが、正直言うと前回の内容忘れかけてました(ノ∀`)アチャールルーシュの見せるいろんな表情にキュン死寸前☆スザクに殴られたロイドさん…!「ア~ン♡」って乙女モード全開なのにちょっと笑ったァ '`,、'

    STAGE24「崩落のステージ」&STAGE25「ゼロ」/アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」感想

    一人じゃないだろ(ルルーシュ)終盤の二話連続はさすがに圧巻の展開ですな。ルルーシュとC.C.の関係が進展した他、展開としてはネガティブ展開の連続だけれども第二期へ希望を託したラストといった印象。てっきり第一期で一区切りつくのかと思いきやそうじゃなかった。....



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。