スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレンジ・プラス #52「YAKATA」  元ネタを探してみた

2010年07月27日 19:57

ストレンジ・プラス7巻52話のネタが非常に私好み(笑)だったため、元ネタを検証してみました。
※素人仕事なので間違っているかもしれません。
美川べるの先生は多分ものすごくミステリが好きなんだろうなあと思います。


サブタイトル:「YAKATA」
綾辻行人監修の同名のゲームがあります。多分そこからではないかなーと思ったり。


貴世子父「ようこそ我が『暗黒斜め十角螺旋絶叫霧越迷路三ツ星館』へ!」
正宗「『邸』とか『屋敷』もまざっちゃってないかこの名前」
暗黒・・・「暗黒館の殺人(綾辻行人)」
斜め・・・「斜め屋敷の犯罪(島田荘司)」
十角・・・「十角館の殺人(綾辻行人)」
螺旋・・・「螺旋館の奇想【作中作:螺旋館の殺人のことかも?】(折原一)」
絶叫・・・「絶叫城殺人事件(有栖川有栖)」
霧越・・・「霧越邸殺人事件(綾辻行人)」
迷路・・・「迷路館の殺人(綾辻行人)」
三ツ星館・・・「笑わない数学者 -MATHEMATICAL GOODBYE(森博嗣)」
が、元ネタだと思います。

やっぱり館モノで新本格と言ったら綾辻行人が有名ですね。「螺旋館」やら「笑わない数学者」も入っているところを見ると、やっぱ新本格がお好きなんだろうなあと思ってしまったり。
特に「笑わない~」はタイトルに「三ツ星館」が入っていないため、このネタがあるということは多分実際に読まれたんだろうなあ。


「犯人シルエット」
おなじみ、名探偵コナンの黒タイツ犯人のことですね。
最近はあんまり見なくなったような気がします。(原作では)


すべての登場人物の顔がそれぞれの枠内に描かれていて、死んだ人は黒いトーンがかかっているトビラページ
正式名称がなにか分からなかったので↑として紹介(笑)。
個人的には「金田一少年の事件簿」しか思い浮かばないんですが、もっと他に元ネタがあるかもしれませんね。


雨宿りをしに飛び込んできた大学生グループ【風間、新堂、荒井】

これはSFCのノベルゲーム、「学校であった怖い話」に登場する七不思議の語り手ですね。
細田、岩下、福沢を除いた三人です。苗字がそのままだったので昔の記憶を掘り返すことができました。
ラスト付近にある巧美の作り話で「この三人が『大学生星人』という宇宙人だった」というものがありましたが、
これは原作ゲームにあった、風間のスンバラリア星人ネタが元になっていると思います。


「馬場夫婦とは仮の姿・・・FBI捜査官の森田&須苅!」
おお、これは分かりやすい。Xファイルのモルダーとスカリーですね。
懐かしいなあXファイル。オカルト好きなんでちょこちょこ見てました。


貴世子父「この屋敷には・・・違法で育てたバイオ生物がいっぱい・・・」
巧美「ジャンルが変わってるじゃねーか!」

・・・バイオハザードのことかな?
扉が開くシーンでの「Now Loading...」もそれっぽいかも。



ローゼン=オッサン
十中八九ローゼンメイデンのことでしょう。
おっさんのポーズ(演出?)がローゼンメイデンアニメのOPっぽいです。



巧美「これですべて終わ・・・」
私怨郎「りません!」
巧美「
みたらいっ

御手洗シリーズ(島田荘司)の探偵役、御手洗潔のことですね。
有名人物なんで説明は省きましょう。


私がわかったのはこれくらいでした。
使用人戦隊の元ネタだけがどうしても分かりません。戦隊モノ(?)は全くの守備範囲外なので・・・
もし分かった方がいらっしゃればお教え下さい。


あと、館の床が市松模様だったことに、綾辻行人の「黒猫館の殺人」を思い出してしまいました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/523-85edd9ca
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。