スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットモンスターホワイト プレイ日記 9

2010年12月12日 20:19

えーと、1か月ぶり?(笑)
殿堂入りは結構前に果たしています。
これほどまでにプレイ日記が遅れた理由は・・・まあこの日記に書いてます。

とにかく今回は四天王編ですね。
かなりさっくりした感想になりますが、「続きを読む」からどうぞ。(ネタバレありです)
四天王戦は毎回AIの進化からか鬼畜になっていく感があるので、今回はとりあえず全滅覚悟で突入してみることにしました。
HGでは手持ちも全て分かっている状態だったのにかなり苦戦しましたからね(笑)。


持っていたお金を全部アイテムに換金して(貧乏性)とりあえず特攻。

・・・攻略する順番はお好みでOKだと?
かなり従来とは変えてきましたねー。さすがBWは「変化」が大きいです。
こういう風に順番を自分で決めるのも楽しくはありますね。
「カトレア嬢は最後のお楽しみにしておこう」という攻略の楽しみが出来ました(笑)。

でも今回は「四天王○番手」というくくりが無くなってしまったんですねー。
もしRSEリメイクがあれば、ここは変えないで欲しいかも。
ゲンジさんに「四天王四番手」という肩書は必要だと思うの。何気に譲れない部分です(笑)。


さて、四天王よりパーティレベルはおよそ5ほど低かったものの、シキミは何とか倒せました。
フヨウとはまた違ったタイプのゴースト使いでしたね。
シャンデラやブルンゲル、デスカーンはなかなかシキミに合ったポケモンだなあと思いましたが、ゴルーグで噴き出してしまいました(笑)。
なんだこれ(爆笑)。モチーフはゴーレムなのかな?
びみょーにMOTHERの「イヴ」を思い出してしまったり・・・後でイラストを見たら結構違いましたが。


各所で「今回のポケモンはモンスターデザインがおかしい」とかよく話題になっていましたが、今回でようやく私も理解しました。
うん、いろんな意味でおかしいですね。


BWは「ポケモンらしくないデザイン」とか言われることが多いですが、「ポケモンらしさ」ってなんだろうなあ。
個人的に今回のゴルーグが一番「らしくない」と思ってしまいましたが、その基準も各人で違いますしね。

酷評されるのは結局デザインの好みなのではないのかなあ。
私は今回オタマロに拒絶反応が出ましたが、進化したガマゲロゲはかなりいいデザインだと思うのです。
「気持ち悪さ」が嫌なのではなく、どこか携帯SNSサイトのマスコットのようなデザインに拒否反応が出ていたのかもしれませんねー。>オタマロ

でも私は初代から金銀、RSE、DPtに至るまでどの世代でも一匹は気に入らないデザインのポケモンがいます。
だから「BWが特別ポケモンのデザインが酷い」と言われてもピンときませんね。




閑話休題。

シキミはブルンゲルの塩水に苦戦しました。フワライドとブルンゲル、シャンデラでふわふわゴーストPT作りたいかも。
ただこっちにはワルビアルたんがいるため、他の四天王と比べると楽に突破できた方です。


さて、シキミを倒した後はワルビアルたんを頼りにエスパータイプの使い手の所にお邪魔したのですが、まさかのカトレアお嬢様で驚きました。
「ワケあってバトルできない」ってそういうことだったの?
いまいちポケモンリーグという組織がよくわからないんですが、そんなルールがあるのかも知れませんね。
ワタルさんとか、ダイゴさんとか、ふっつーにバトルしてたような気がするんですが(笑)、チャンピオンはいいのかなー。
それともリーグ以外の団体でのバトルを禁止されているとかかな?


カトレア嬢はやっぱり可愛いですね。DPtより若干大人びて見えました。
それにしても可愛いだけじゃなく強いから困る。ランクルスで6タテされました(笑)。

レンブさん、ギーマさんにも挑戦してみましたがかなり強く、6タテされることが多かったのでいろいろと対策を考えてから挑みなおしました。


スピーダー、ディフェンダーを買い込む
   ↓
先鋒バオッキー、「あくび」を撃って離脱
   ↓
相性のいいポケモンを戦闘に出す
(レンブ→ケンホロウ、ギーマ→ドテッコツ、カトレア嬢→ワルビアル)
   ↓
素早さ、防御をドーピング
   ↓
後はポケモン自身の技で攻撃力を上げたりして無双



ええ、ハチク戦の時とほぼ同じです(笑)。私の乏しい発想からはこんな戦術しか出てきません。
バオッキー君はやっぱり後から出てくる炎タイプと比べると見劣りしがちですが、このあくびが優秀すぎてパーティから外せませんでした(笑)。

とりあえず今回は早くストーリーを進めたかったのでレベル上げもせずこんなことをしましたが、強化四天王戦ではPTを整えてガチ勝負を挑みたいと思います。


よっしゃーアデクさん待ってろよーなどと考えながら挑みに行ったものの、Nさんに負けてましたね・・・。

うん、まあフラグが立ってたしなあ・・・と思ったり、
でも悪の組織に負けるチャンピオン・・・と思ったり。

まあこの後はプラズマ団によってリーグの周りにアジトが現れるんですね。


この辺で私が思ったことはひとつ。
プラズマ団のアジトがリーグの地下だったり、チャンピオンがプラズマ団トップに負けたり、
各地のジムリーダーが助っ人に来たのに四天王は何をしているのか分からなかったり・・・

ポケモンリーグが軽い存在になっていないだろうか?と思ったわけです。


確かにラスボスがチャンピオンじゃなかったのには驚きました。
ああ、だからあんなところでチャンピオンが誰かを明かしたのか、というのも納得しました。

別にチャンピオン戦が無いのは構いません。
「マンネリ」とどこかで言われていたストーリーを逆手にとった展開は驚いたし、アリだと思います。

でも私はポケモンリーグを制するために冒険を続けていたんですよ。
それはリーグが一つの威厳であるからこそ制する喜びがあったんだし、バッジチェックゲートでの演出も好きだったんです。

リーグの下にプラズマ団のアジトがあるとかどういうことなの。
この地方でもっとも強い施設であるリーグのそばにアジトを作るメリットって何なんでしょう。
気付かなかったリーグの人が無能みたいじゃないですか・・・。


この辺り、演出の都合であってももうちょっと何とかして欲しかったです。



次回はシナリオラストまでの感想になるかと。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/549-0813bcf1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。