スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾンⅡ 第1話「朱の場の部員達」

2012年07月08日 22:15

※原作既読です。


試しを望むこと
受けようとする
理由と意思は同一か
配点(勝負)



2期青盤(ブルーレイディスク)の奉納準備完了しました。
相変わらず原作ファンに優しい作品ですね。
1話で266ページまですっ飛ばしましたね(笑)。1クールと聞いた時からここまでの超圧縮が無いと絶対に入りきらないと思っていましたが、予想以上にうまく纏めていて驚きました。
個人的に、全部を再現することは無茶だとわかっているので、「一つのアニメーションとして」1クールにまとめて欲しいなあ、と思ってましたので、この構成には胸をなでおろしました。

ブルーレイやDVDでの追加映像を謳っている作品が増えてきましたが、私としては放送で全て出し切って欲しいと思うのです。(もちろん、追加映像が悪い・・・という訳ではありません。最初から「追加映像ありき」で本放送の描写を疎かにしてほしくない、という意味です)


1期からそのまま繋がっていて復習などが無いので、2期から見始めた人にはちょっと不親切な感じにはなっていると思うのですが、そこは少しでも原作のエピソードを消化していくことを選択したんでしょうね。
原作ファンとしては素晴らしい作画で2期最初の戦闘シーンを見ることが出来て感無量でした。
個人的に、原作の中で一番戦闘シーンが盛り上がるのがこの2巻ラスト周辺だと思うので、スタッフさん達の頑張りに期待してしまいます。


とにかく、誾さんがカッコいい!
「返して頂きます、私の全てを!」というセリフに彼女のやる気が現れていていいですね。誾さん、宗茂様大好きだからなー。二代を睨みつける誾さんの視線が素晴らしかったです。
悲嘆の怠惰を受け止めるシーンも若干狂気的で良かったです。かなり捨て鉢というか、武蔵に静かな怒りを燃やしているというか。

あと、地摺朱雀と道征き白虎の戦闘シーンも迫力ありましたね。あれは多分手描きだろうなあ・・・。アニメーターさん何人死んだんだろうなあ・・・と恐ろしいぐらいに動いてました。
ホライゾンのロボは動くと本当にカッコいいですね。1期で大きく株を上げたエル・アゾゥルのように、今回もカッコいい所を沢山見ていきたいですね。
というか、すでにOPサビ部分の機鳳戦闘シーンが凄すぎるというか・・・これは後で語ります。



そしてトレス・エスパニア(スペイン)の襲撃を凌いだと思ったら、今度は英国のトップ集団、「トランプ(女王の盾符)」4人が乗り込んできたり、と。
この辺りは原作でもバトル、バトルの大連戦だったので、正直2話くらい必要じゃないかなあと思ってましたが、本当に予想以上に上手にまとめてきたと思います。

ガッちゃんが浅間に示した暗号の言葉自体はわかっても、さすがに内容まではアニメオンリーだと分からないようになってますね。
ここは、「浅間に暗号を送った」という事実のみで推し進めても問題はないと言え、このエピソードは結構お気に入りだったので少し残念(笑)。


さいネタでも何でもいいの。
しく作るのがいいのよ。
活動って言い訳もあるしね。
ってみる?
ぶことは多いわようちの部活。
礼ばっかの神社の息抜きになるでしょう?

――そうね、タイトルは「私のして欲しいこと」ってのはどう?



アニメではカットされましたが、浅間が小等部入学式のときに、射撃をするつもりが緊張して、無差別に周囲の人を射てしまったというアサマチのジェノサイド巫女っぷりが明らかになるエピソードがあるのです。
その小等部入学式を思い出せ、という意味で、文章に縦読みを仕掛け、さらに駄目押しで「私のして欲しいこと」と伝える。つまり、「私を吹っ飛ばせ」と浅間に伝える。これがナルゼの作戦でした。

「私のして欲しいこと」というと、1期6話でみんなが書いた作文の題名でもありますよね。ちょっと懐かしい小ネタでした。


そして無力感を感じて涙目になるガッちゃんが可愛いんだこれまた。流石ホライゾンにおけるリョナ担当(略


うーん、英国の声優さんもバッチリハマってて満足です。特にダッドリー&セシルの副長・副会長コンビがもの凄くいい感じ!私は英国キャラの中で特にこの2人が好きなので、ダッドリーの高血圧っぽいところとか、セシルのふわふわした所とかがピッタリで最高だと思います!
声優さんはシリーズ通して外してる感が無くていいですね、ちゃんと実力のある方や、声質がキャラに合っている方がキャスティングされている感じがします。


次回もいろいろと楽しみです。主にネシンバラとシェイクスピアの戦いが。





OPについては素晴らしいとしか言えない。あれコンテ切ったの誰だ!と思ったら小野監督だった(笑)。
いやー、かなりの原作ファンじゃないとあのコンテはできないと思います。それほどまでに既読組狙い撃ちだった。
とりあえず名シーンの連続というか、今の段階ではちょっと以外に見える組み合わせ(誾さん&ガッちゃんとか)もちゃんと入っていたりしてとか、嫌でも期待が高まってしまいます。
特にサビのナイちゃんが箒に乗って狙撃する所とかが非常にカッコよくて、「人間」というより「メカ」に近い動きになっていて興奮しました。
忍者も主役っぽくて素晴らしいぞ!

特に鳥肌モノだったのがタイトルが出る場面で白い花が散っていた部分。あのシーン期待してますよー!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/584-94a92d89
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。