スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾンⅡ 第13話(最終話)「境渡りの欲深き者達」感想とか、2期まとめての感想とか

2012年09月30日 20:16

人が動くのは
何のためだろうか

配点(安堵)



★原作既読です。

アルマダ海戦、終結!


スタッフのみなさん、1期、2期共にお疲れさまでしたー!
ツイッターの方でも実況してて未だにテンション上がってますが、本当に素晴らしい出来でした!
境界線上のホライゾンという作品を愛してくれたスタッフの方に感謝を!


(以下、ネタバレ感想)
★双嬢変身~撃墜シーン

 アバンから凄まじいほどの作画クオリティ。ガッちゃんとナイちゃんの新生・ツヴァイフローレンによる空中戦は本当に見ごたえありましたね。何気に大好きな台詞、「胸が気持ちいいのよ!」もカットせずに入れてくれて大満足です。ガッちゃんは2期通してなかなか活躍できない自分に落ち込んでいましたが、上記のセリフで完全に元のガッちゃんに戻ったというか、「双嬢とは並び立つもの」ということを証明できたというか。
 うーん、やっぱりⅡ巻の主人公はガッちゃんだよなあ。
 主役:点蔵、裏主役:ネシンバラ、影の主人公:ガッちゃんのイメージです。



★アルマダ海戦終結、武蔵宙返り

 おそらく。
 おそらく、原作既読組はこのシーンに一番期待をかけていたんじゃないでしょうか。


 私自身、原作Ⅱ巻で一番印象的な挿絵は?と聞かれたら、絶対にこのシーンを挙げます。1期BDで「Ⅱ巻のあのシーン、期待してて下さい」とのコメントがあったことから、スタッフの方もそれを分かっていたはずです。しかしその分、ハードルもかなり上がっていましたが・・・

 パーフェクトに応えてくれたと思います!挿絵の再現率すげえー!
 いや、原作Ⅲ&Ⅳ巻キャラも総出演で、パーフェクトを越えたサプライズを届けてくれました!

 もうねー、ド迫力でした。武蔵がゴウンゴウン動いてる最中、あの人とかあの人がしっかり武蔵を眺めて微笑んでくれていたのが・・・原作組大歓喜のシーンだったと思います。
 この1カットだけにキャラデザを起こしてくれたであろうスタッフさんの愛に感謝を。


★大罪武装、「魂の駆動」、エクスカリバー・コールブラント

 ここも1期同様に迫力のあるシーン。何より、今回は三征西班牙側も全力で止めに来たところが熱くて、素晴らしい名シーンになったと思います。フアナさんを支えるセグンドおじさん、夫婦で並び立つタカさん&房栄さん、嬉しそうに微笑んでるベラスケスさんが溜まりませんでした。
 アルマダ海戦当初は、自分を犠牲にして戦略的に勝とうとしていたおじさんが、「皆で勝とう・・・!」と指示を出すシーンが素晴らしかったです。

 そして、ついにエクスカリバーを嫁入り道具にして参戦したメアリ。コールブラントの発射は原作読んだ時あんまり想像できなかったのですが、幻想的でよかったです・・・。
 なぎ払った後、点蔵と恋人繋ぎするシーンは監督の乙女回路がぎゅんぎゅん回ってて素敵でした(笑)。


★火祭り

 三征西班牙の火祭を見るおじさんとフアナさんの姿が25年前にフラッシュバックするところのオリジナル演出にぐっと来ました。
 武蔵側では、なんと「きみとあさまで」ライブとか、ウッキーの誕生会とか。1期9話の「あの2人」の時も思いましたが、こういう「原作で描かれてないがあったであろうシーン」を指し込んでくれるのはひとえにスタッフさんの原作愛のたまものだと思います。
 ウッキーの誕生日ネタがあったということは、いろいろと期待しててもいいんでしょうかねー?

 そして宗茂さん颯爽登場!本当に今までずっと寝てたのに美味しいとこばっか奪って行きますわー。
 誾さんの演技も非常に可愛らしくてGOOD。1期の時はアニメになってから二代の株が上がりに上がりましたが、2期では誾さんの魅力がアニメで5割増しぐらいになってますね!今まであまり注目したキャラではなかったのですが、マジでアニメの誾さんは可愛いです。

 何?点蔵とメアリ?うん、もげろもげろ(酷)。
 点蔵にはメアリを幸せにしないと許さんぞー、という気持ちでいっぱいです。2期の主役お疲れ様!


★服を着たトーリ

 毎回ホラ子とトーリの二人っきりの会話にはニヤニヤしっぱなしなんですが、今回の会話は糖度高めで非常にいい感じと判断できます。

 「皆さんが幸いであればいいと、眠る前に願うのは、――強欲でしょうか」
 いやあ、マジでこのセリフが聞けて満足です。このセリフで締められる原作Ⅱ巻が非常に好きなもので、ここからEDカットへの流れは素晴らしいものでした。


Save you from anything.


でもこれで満足はしてませんよ?「Save you from anything.」を入れたからには3期をやってもらわないと!
このセリフはⅢ巻のあのお方にこそ相応しい!と思っているので。

何より私の大好きなトッシーが2期で出てきたので、3期で前田・利家と並び立つあの人も見たいのです。


ひとまず、本当にいいアニメ化をありがとうございました!
いくら時間がかかってもいいので、3期を2クールでお願いします・・・!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/594-5f4491fb
    この記事へのトラックバック

    【一言アニメ感想】境界線上のホライゾンⅡ 第13話 「境渡りの欲深き者達」

    試練を乗り越え、旅は続く。最終回なので超特盛り。見てない人はネタバレ注意。 境界線上のホライゾン2〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)(2009/07/10)川上 稔商品詳細を見る

    境界線上のホライゾンII 第13話(最終回) 「境渡りの欲深き者達」 感想

    いい最終回でしたね。 皆の熱演も見れて見ていて楽しかったです。 構成的に、1期と同じ感じな最終回でしたね 新キャラもたくさん出てきたですし、3期も期待していいのかな。 とい

    境界線上のホライゾンII 第13話「境渡りの欲深き者達」

    第2期最終話、アルマダ海戦も終結に向かう! ナルゼさんが駆けつけ落とされかけたナイトちゃんを救出。 新装備となったツヴァイ・フローレンの反撃開始です♪

    境界線上のホライゾンII 第13話 最終回 感想

     境界線上のホライゾンII  第13話 最終回 『境渡りの欲深き者達』 感想  次のページへ



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。