スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらの20話「宿命」

2007年08月30日 19:13

(公式あらすじ)


アンコの死ぬ瞬間に、カンジは宇宙の支配者のようなイメージを垣間見ていた。しかし、ハッキングチップにはその姿が記録されておらず、強力な干渉により削除されたのではないかと、母である吉川教授は言う。“敵”の強大さに絶望するカンジだったが、そこに、これまで沈黙を貫いていたマチが現れ、知り得るすべてを話し出す――。マチは語るのは、後にコエムシとなる兄・史郎と自分がこの星に来た経緯。史郎自身も彼らの地球で選ばれた子供であり、幼かったマチは契約をしないまま史郎に付き従っていた。戦いが進む中、自分が生き残るために史郎はその地球のコエムシになりふりかまわず媚びへつらう。そして最後の戦いを前に“新しいルール”が発表された。



※原作は読了しました。




――胸が、張り裂けそうだった。




【感想】


いろいろツッコミどころはあるとはいえ(汗)、ちゃんと「ぼくらの」になっていて安心しました(笑)。
ということで、ツッコミどころを列挙。


1 : 支配者へのアクセスがよくわからない
2 : マチの首筋の端子、な ぜ 誰 も 気 付 か な か っ た

   軍では身体検査とかしてないの?(苦笑)
3 : コエムシの人間体
4 : 黒コエムシ
5 : ココペリが引継役=最終戦をしようとした理由
6 : 結局の所、何人必要?
7 : 『操縦すれば、死ぬ。それがゲームのルール』





ぱっと見、今の私にはこれだけ理解できませんでした(笑)。
とりあえず1と2は物語上で語られないと分からないものなのでおいておくことにして、




3 : コエムシの人間体



カコ君並のヘタレさんで驚いたんですが、むしろコエムシがここまでひねくれたのも納得しました。
それにしても、名前、シロウくんですか・・・。
どーもウシロとカナちゃんがコエムシ&マチのポジションにつくというラストが思い浮かんでしまいます。
でも、アナグラムまでされると凄くあらかさまっぽいので、ミスリードかも知れませんが。




4 : 黒コエムシ



EDのキャストがこれだったんで、黒コエムシで通すことにします(笑)。
何気に声のミスマッチさに吹いてしまったんですが(コラ 、黒コエムシはシロウくんをコエムシにしたあとはどうなったんでしょうか・・・?
また違う地球の剪定作業に旅立ったのか、それとも――人間に戻ったのか。
これも描写がないと分からない部類にはいるのですが、一応7の項目でも少し触れておきたいと思います。




5 : ココペリが引継役=最終戦パイロットを両方行おうとした理由



これがどうしても理解できません。
マチ世界の委員長を見る限り、引継役はパイロットとなって操縦しても死にません。
(引継役は契約をすませるだけで操縦をしないのではないかとも考えられますが、マチ世界のココペリ役が操縦をしていたため、私は引継役は操縦すると思います。)
それなら、ココペリが最終戦・ユウが引継役をやればいいだけの話では・・・?
ココペリは「娘には両方やらせたくない」といっていますが、それならココペリが契約するときにユウを外せばよかったような気も。
うーん、その時はコエムシの挑発にのってしまったのでしょうか?
まったく、一時のテンションに身を任せる奴は身を滅ぼしますねー。(マテ


・・・と、銀魂オチにはしてみましたが、この辺がよく分からなくてココペリに感情移入はできませんでした。
でも、ユウが死んだ後に「死にたくない」と言っていたのはいい感じ。人間っぽさがでていて良かったと思います。




6 : 結局の所、何人必要?



月の静寂、星の歌さまの18話感想に、「コエムシがカナを使おうとしているが、人数は足りているはず」という指摘があり、確かにそうだとまずあの時の脚本のひどさを思い出したのですが、
確かに何人必要なのかは前からよく考えておきたかったし、ぼくらの13話の感想に書いておいた原作準拠のルールがほとんど意味を成さなくなってきたので(汗)、
アニメ版の詳しいルールが提示された今回がいい機会ですし、今までの記憶を総動員して考えました。
考察は苦手な方なので、いろいろと可笑しい部分があったら遠慮無くツッコミを入れてください(笑)。


1話で、ココペリが「この地球を15体の敵が襲う」と言っていたので、敵はおそらく15体。
今回のセリフから、一番最初に契約したのは、


01 ワク
02 コダマ
03 モジ
04 カコ
05 ダイチ
06 カンジ
07 ウシロ
08 キリエ
09 ナカマ
10 アンコ
11 チズ
12 (チズの子供)
13 コモ
14 マキ
15 マチ



の、15人。
(マチはここで契約したから、椅子が出てきたと解釈してもいいのかな?)
そして、ココペリはマチがすぐに契約を解くと分かっていたので、一人足りないと宣言。
しかし、自分自身が後から契約した経験があるため、別に今ではなくても大丈夫だと判断(?)。
そしてマチは契約を解き、14人で(戦闘可能は13人)戦うことになる。


ここで、15体の敵とパイロットがどう戦ったのかを書き起こすと、


01…ココペリ
02…ワク
03…コダマ
--…カコ
04…チズ
--…チズの子供
05…ダイチ
06…ナカマ
07…モジ
08…マキ
09…キリエ
10…(キリエ)
11…アンコ
12…コモ



ここまでは確定。
そして、17話より、
コエムシ「往住の次が古茂田、宇白と来て、関か田中でこの地球での戦いは終わりだ。で、吉川に最後の仕事を~」
ということなので、17話の段階では


12…コモ
13…ウシロ
14…田中or関
15…?
--…カンジ



・・・あれ?
 ――1人、足りなくなってる。


もう一度最初から考えると、契約したのは(最終的に)14人。
そしてココペリを入れると15人。(この時点では、ココペリを入れて16人いないとおかしくなってしまう)
カコとチズの子供が戦えなかったので、2人(実際3人)足りなくなる。
田中さんと関さんが契約し、2人分を埋めたので、足りないのは1人。
そこでキリエが二勝したので、これで丁度だと思ったら、田中さんが亡くなって、結局1人足りなくなってしまった。・・・ということですよね。




これはもしかして、17話が本当の脚本ミスだったりしますか(苦笑)?


というよりもしかして、私の受け止め方が悪かったのかも。
「関か田中で~」
の意味は、もしかして『順番はまだ考えていない』ということだったり?
今回で、コエムシには順番を決める決定権があることが明白になりました(カンジの方に紋章がでたことから)。
コエムシは17話時点では、先にカンジ以外の子供達の命を使い切ってから(イヤな表現ですが)、田中さんと関さんの命を補填する――ということだったり?
そう考えるならば、未だに田中さんと関さんの椅子が出てこないことにも納得がいくような気も。




それならコエムシは、17話時点で


12…コモ
13…ウシロ
14…田中(関)
15…関(田中)
--…カンジ



このように予定を立てていたのかも?
そこに田中さんが亡くなってしまったので、カナを使おうと――?




あああ、書いていて頭が痛くなってきました。(lll-ω-)
自分から見ていても穴だらけのような感じがしますので、矛盾点などがあればどんどん教えて下さい・・・(ノ∀`)


最後に、今回カンジに紋章がでたことによって、13体目を倒すのがカンジということが分かりましたね。
さて、これから終盤に向かってどんな風に話が展開していくのか、期待半分不安半分で見ていきたいです。






・・・と、キレイに(ぇ 纏めようと思っていたんですが。今回の脚本にちょっとだけ言いたいことを。




7 : 『操縦すれば、死ぬ。それがゲームのルール』



なぜ、これの例外があるのかが理解できません。

引継役が動かしたら、なぜルールが適応されなくなるのでしょう?
このゲームから抜け出せる唯一の方法であるとマチは言っていましたが、ハッキリ言ってこんな例外は作って欲しくありませんでした。


そして、黒コエムシさんの行方についても。


もし現コエムシが誰かをコエムシにしたとき、他の地球へ剪定に行かずに人間体へと戻ったりしたら。
正直、興ざめだと思います。
他の14人はどうしたのか、と問いつめたい気分に。




他のことはどうであれ、この基本ルールは崩してほしくなかったなぁ・・・と思ってしまいました。






●良かったところ



今回は、最近の話の中ではなかなか良かったと思いますし(笑)。


マチの過去が明かされたことによって、今までのマチの言動の見方がより深いものになりました。
例えば、チズ編の


「戦えっ!戦えよ!!」
「でないと、ワクの死も、コダマの死も・・・みんな無駄になっちゃうんだよ!?」



いろいろな世界を見てきたマチには、一般人を殺すという理由で、今まで戦ってきた仲間の死を無駄にすることは、すごく悲しかったのでは。
そしてチズが、「私が死んだ後に、ついてきてくれるんだよね!?」と言った後に、なかなか答えられなかったマチが印象的でした。
マチ・・・(´・ω・`)




そして原作既読組には嬉しいキャストも。


黒コエ&リスカちゃんキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!



黒コエ可愛いよ可愛いよ黒コエ
リスカちゃん可愛いよ可愛いよリスカty(略




全体的には、割とまとまっていた回だったと思います。
それにしても、予告でカンジが言っていた沖天楼、アニメ組の人は分からないと思うんですがw




次回:「真相」


何故か沖天楼の目の前に、敵が現れた。
母さんが再現したジアースプログラムの秘密とは?
もう、俺たちは騙されない。



楽しみにしていますー。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/66-ff89727f
    この記事へのトラックバック

    ぼくらの 第20話 「宿命」

    ぼくらの   現時点での評価:3.5~   []   テレビ神奈川 : 04/10 23:00~   東京MXテレビ : 04/10 23:30~   テレビ愛知 : 04/12 26:58~   サンテレビ : 04/08 25:30~   AT-X : 04/29 11:30~   原作 : 鬼頭莫宏   監督 : 森田宏幸(ブ...

    ぼくらの 20話 「宿命」

    ぼくらの 20話「宿命」見ました! 契約、コエムシ、ココペリ・・・謎の真相がマチによって明かされる! 感想は続きを読むで。

    (アニメ感想) ぼくらの 第20話 「宿命」

    テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.2 契約とは?そして、ジアースとは?マチによって、今真実が語られる・・・。

    ぼくらの #20 「宿命」

    「誰だ……こいつら……、遠くて……大きすぎる……。  奴らには……勝てない……!」  カンジが見た “支配者” たち。  一方、マチは知る全てを話すという。  『ぼくら』 は次第に真実へと近付いていく。  しかし、運命に抗するための力として形を為さ



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。