スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらの21・22話「真相」「道程」簡易感想

2007年09月21日 22:49

多分この回は感想を書かないだろうと思っていたんですが、少し時間が出来たので簡単に感想だけ書いていきます。


続きを読む、からどうぞ。



21話「真相」


次のパイロットとなったカンジは、戦いを前にして最後の願いを保に託す。それは、母である吉川教授を殺してくれというものだった。もちろん、カンジに親殺しなどさせるわけにはいかないと困り果てる保。しかし、カンジの戦いを見届けるように言ってくれと関から頼まれて、認知研のあるビルへと入っていった。その時、既に敵ロボットが出現していたにも関わらず、吉川はジアースのデータを直接集めようと避難しないまま。一方、ジアースに乗ったカンジは、母ではなくジアースの謎を解く鍵を守るために戦うと言う。すれ違いながらも、母は子を見守り、子は母を守るために命をかけていた。やがてジアースが敵の急所を潰すが、敵は再び動き出し……。




・とりあえず、「わしらの」パートが完全なる蛇足に見えてしまいます(汗)。
・保さんはこれから一体何をするつもりなのか。ここまで関わってしまったのなら、出来ることは何もないということは思わないのですが・・・?


「そうか・・・少し分かりかけたぞ・・・!
  俺たちの中には何も知らずに戦った奴もいる。
  自分で理由を見つけて戦った奴もいる。
  そんな奴等をずっと見てきた俺たちは・・・
  残った俺たちは一体どうすればいい?
  俺たちは15人だった。15人の寄せ集めさ。
  だけど本当は15人で1人だったんだ・・・!
  そうは思わないか?ウシロ!」



お前は何を言っているんd(略
・それからカコ君が居ないことに地味にショックを受けました。うーん、それは私がカコ君好きだから余計に気になってしまうのだと思います(笑)。
・これだけじゃなく、今回はカンジの言動に一貫性が無かったような・・・??




動力源は、ぼくらの電気。


こ れ は ひ ど い
・えーと、私は20話感想でも書いたように、動力が「命」でなくてもいいということに強い拒否反応をおこしてしまいます(汗)。
 「物語を盛り上げるため」とか、「物語に意外性をもたせるため」という狙いであっても、止めてほしかったことでした。
 (もちろんこれは私の意見で、脚本崩壊という意味ではありません。)
 私がこのアニメに最初に惹かれたのは、この設定だったので。




そしてカンジ編終了。
・・・うーん、アンコ編からはやっぱり一人一人のエピソードが弱いという感じは払拭できませんでした。






22話「道程」


カンジが死に、残る契約者はウシロと関の2人だけとなった。だが、残る敵の数は、次の地球へ舞台を移しての引継ぎ戦を合わせると3体となる。そこでコエムシはあと1人、カナを契約して戦わせて、引継ぎ戦をウシロに担当させることを提案。それはつまり、妹を見殺しにして自分は生き残る選択をウシロにさせるという、悪趣味なものである。考えあぐねたウシロはカナを連れて、養父・宇白要次郎やカナと過ごしていた高原の町へと、見送りに来たマチも連れて帰るのだった。ほぼ半年ぶりの帰宅となるウシロとカナを要次郎は手厚く迎える。久しぶりに温かい家庭で一夜を過ごしたウシロは決心し、コエムシの考えには従わないことをマチに誓うのだった。




・話自体は上手く、よく纏まっていたかと思います。
・ただ、どう見ても最終回手前でやる話だとは思えないような・・・(汗)。――思わず、残り話数を確認したほどですよ(笑)。


ウシロの過去回想がメインでしたね。
ちょっと普通にうるっと来てしまったりもしました。
特にOPの疾走ウシロは、まさかここで・・・!と感心。


(いろんな感想ブログさまを回ってみたのですが、あの疾走シーンがウシロだと気付いてなかった方もかなりいらっしゃり、すごく共感しました(ぉぃ 。よく目をこらすと眼鏡が見えたので、私はウシロだとは思ってはいたのですが、「あのウシロが!」ということで・笑)




それから、何気にマチとのシーンも興味深かったです。
マチはこの世界に多少心が揺れ動いていると思うのです。最初に契約したのも罪悪感と少しの仲間意識があったのでは、と解釈。
これはマチがコエムシを説得(?)して、カナちゃんの契約を止めさせる、という展開にも期待できそうです。





簡単ですが、ここまでということで(汗)。


あ、それから予告ネタバレが激しいですね(笑)。
マチの身に一体何が起こってしまうのかを予想しながら、これから23話を見にいってきます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/74-a1ef954f
    この記事へのトラックバック

    ぼくらの #21 「真相」

     親や兄弟のために戦った奴がいた。 仲間のために戦った奴もいた。 では俺は何のために戦えばいい? たった一人に裏切られた俺は、どうすればいい? 俺の守りたいものって何だ? 何の答えも出せないまま、 奇妙な場所での戦いが始まろうとしていた―....

    ぼくらの #22 「道程」

     選択肢が与えられたとき、すぐには選べなかった。 死にたくはなかった。 しかし、代わりに死ぬ者が誰か知っている。 死なせたくないと言われた。 本人は、代わりに死ぬことを既に受け入れていた。 ならば。 最初の間違いへと還ろう。 いるべ....

    レビュー・評価:ぼくらの/第22話「道程」

    品質評価 16 / 萌え評価 33 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 23 / お色気評価 4 / 総合評価 13レビュー数 42 件 カンジが死に、残る契約者はウシロと関の2人だけとなった。だが、残る敵の数は、次の地球へ舞台を移しての引継ぎ戦を合わせると3体となる。そこ



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。