スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅごキャラ!6話「キャラなり!アミュレットスペード!」

2007年11月17日 19:36

(公式あらすじ)


ガーディアンの仕事の帰り、ガーディアンの一人結木ややとバレエのレッスン場に来たあむ。そこには、教室始まって以来の天才少女、姫川舞香がいた。だが、稽古中に舞香は怪我をしてしまう。高飛車な性格の舞香だが、怪我をしたことで、思わず涙を流してしまう。舞香の心のたまごに、不気味な黒い影がかかり始めた…。




※今回は簡易感想です。



【感想】


今回はパソコンが落雷で落ちたり(笑)、時間があんまりとれなかったりだったので簡易感想でいきたいと思います。
もう次回も放送されてますしね(汗)。




前回からのテーマと、今後の展開予想についてしておきます。






さて、前回の感想で、二階堂のセリフについて「なんという三流悪役」と書いていましたが、今回それがクローズアップされていて驚きました。




『夢を叶えるのは一握り』という二階堂の言葉に、管理人は『何かが足りない子は、どんな子でも物語の主人公になれるんだよ』と答えていました。
これは、本当に夢を叶えた人だけが「成功者」でないということをこれからの展開で描いていくのかな・・・?と思っています。
、今回けっこう分かりやすい形でそれが出てきましたね。


それは、姫川舞香のお母さんじゃないのかなー、なんて。




夢は叶えられなかったけど、その夢に関わって楽しく仕事をしている人。


この人が超ポジティブ方向に描かれていることもあって、多分、今後夢を諦めかけている人とか出てくると思います。
何気に二階堂先生もそっち方面、と予想してみる。
前回言ったセリフは、逆に先生自身がそのことを経験しているから・・・とか?




なにしろ3話感想で書いたように、「しゅごキャラ!」は「意外性」、もしくは「ギャップ萌え」(笑)が裏テーマじゃないのかな、と私は考えています。
どんな王道展開をも裏切ってくる、そんな「しゅごキャラ!」なら、先生の過去とか苦悩とか、そんな展開があってもおかしくないな、なんて(笑)。






そして、結構出張ってた管理人さん。


小説家・・・とのことですが、あの絵本を書いた人じゃないかな、と予想してみます。
となると2話を見るかぎり、あの人は初代キングにあたるのだろうか。


いや、この予想の一番の根拠が「唯世似だから初代キング」というところが何とも怪しいんですがww
でもまあ初代キング予想は消去法です。管理人さんぐらいしかいないかな?と。






今回も高いレベルの脚本で楽しめました。
まさか前回の話と二部構成になっているとは思いませんでした。
なかなかこのアニメ、ストーリーが凝ってていい感じですね(*゚∀゚)b




そして次回はお遊び回みたいですw
と言ってももう放送されてますし、これから7話の感想準備もしなくてはww






次回:『ちいさなたまご!』




あみちゃんメイン回(?)キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!
楽しみー♪


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rapturous823.blog105.fc2.com/tb.php/99-f29916de
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。