FC2ブログ

カブトボーグ感想 #4話 【ジョニー回】

2010年11月20日 21:07

#04「ライバル登場!必殺ヴァリアブル・ルルド・ウォーター」
ジョニーの初登場回ですね。
カブトボーグでは珍しい準レギュラーキャラです。
ここから登場するたびにインパクトを増していくキャラで、リュウセイさんとの最終決戦の熱さは異常なので今から楽しみです。


さて、今回もいろいろとツッコミどころ満載でした。
まず何と言っても「ここは一体どこなのか」というツッコミに尽きるでしょう。
本来ジョニーが異質なはずなのに、街のチンピラまで西部劇風、そしてマダムジェニファーの店もここは日本なのかと疑いたくなるような異質さ。

この辺はコメントで知ったのですが、無国籍映画風の「マカロニウエスタン」をオマージュして作られているみたいですね。
ロイドさんの最後の言葉、「マカロニダイスキ」は序盤の好きな料理を言うシーンを踏襲しつつ、この回はマカロニウエスタンですよ、と暗示しているセリフ。
あとケンの「時代劇~」云々もここが日本だということを視聴者に伝えているセリフだとか。

私はマカロニウエスタンや無国籍映画については全くの無知なので、詳しい所は全然分かりませんが・・・。
この辺りはこちらの感想ブログさんがとても分かりやすく触れられているので是非。


考察的なものは似合わないので、ボーグキャラ好きとしての感想でも。

ジョニーカッコいいよジョニー。
後の展開を知っている・・・というのもありますが(笑)、やっぱりジョニーはリュウセイさんのライバルとして一番相応しいキャラだと思うのです。
ジョニーの魅力について語ろうとするとどうしてもネタバレになってしまうので今は触れられませんが、リュウセイさんの口車に簡単に載せられてしまう所とかは初登場時から可愛らしいですね(笑)。


あと何気にケンが存在感を放っていた回だと思います。
前回が「親父の中華料理について熱く語って勝利する」というストーリーだったのにあっさりと「フランス料理全般」宣言。
まあ中華料理屋の息子が必ずしも中華料理好きでなくてはならない訳ではないんですが・・・ここは中華でいいじゃない。前回が前回だったからますますそう思ってしまう。

あとウエストさんが「ジョニー・ザ・ファーステストにやられた」としっかりと発言しているのに「一体誰が・・・?」とのセリフ。これは初見では気づけませんでした。細かい所もネタが仕込んであって何度見ても違う楽しみを見せてくれるカブトボーグが好きです。


そして安心のリュウセイさん。
今回はそこまで外道成分は濃くないのですが、ジョニーに難癖をつけて時間を稼ぐ間に情報収集をするというホビーアニメの主人公らしくない戦略は相変わらず凄いです。
実際この情報がなければジョニーに勝つことはかなり難しくなっていましたしね。
3話でも思いましたが、やはりリュウセイさんは現実的な外道だ。


何気にウエストさん初登場回でもありましたねー。
彼も一発キャラかと思い来や意外なところで活躍を残すキャラなのでこれからが楽しみです。


あとこのアニメ、ボーグ名がかなり言いやすくて覚えやすいんですよね。
リュウセイさんの「トムキャット・レッド・ビートル」
カツジの「エレクトリカル・スピードワゴン」
ケンの「キー・オブ・ザ・グッドテイスト」
そして今回の「ウエスタン・パイオニア・スピリット」・・・。
どれも声に出しやすく気持ちいい発音だと思います。
こういう名称を考えたのがタカラトミーなのかアニメ関係者なのか分かりませんが(キーオブザグッドテイストというふざけた名前から考えて、アニメ関係者だと私は思っていますが)、その人のセンスを称賛したい。

まだ本編では出てきていませんが、ロイドさんのボーグの名前もなかなかアレでしたし。主に日本語訳で。

カブトボーグ感想 #1話・2話・3話

2010年11月15日 20:20


まさか公式で配信されるとは・・・
いい機会なので、放送当時にできなかった一話ずつの感想を書いていこうかと思います。
かなりの簡易感想になると思いますが。


[ 続きを読む ]

カブトボーグのサントラが欲しくてたまらない

2009年10月04日 02:07

人造昆虫カブトボーグVxVサウンドトラック人造昆虫カブトボーグVxVサウンドトラック
(2007/09/26)
TVサントラ

商品詳細を見る

人造昆虫カブトボーグ V×Vのサウンドトラック。

名曲ぞろいであるカブトボーグのサントラです。欲しいなあ。
ふと聞いた噂によると覚醒ロイドのテーマと46話のジョニー対戦曲が入っていないと聞いたのですが・・・どうなんだ!
お金に余裕ができたら買おうと思います。ケンのテーマは名曲だよなー。


最近ほんのりカブトボーグがニコニコの方で流行っていて感激しました。
まとめ動画でこのアニメを知った方にはぜひ本編をすべて見て頂きたいと思います。
私がカブトボーグの中でもツートップだと感じている39話と41話などは、1話からの積み重ねがあってこそ素晴らしい雰囲気があると思うのです・・・。特に41話は。


それにしても39話は本当に素晴らしかった。


まずCAの一言で出オチをぶちかまし、今回も脚本が狂っているのか・・・と視聴者の興味を開始10秒で掻っ攫っていくあの構成力が凄まじい。
確かに所々狂っている部分があるものの(野生ボーグやエアチャージなど)、全体的に見れば大人組の活躍や最後のリュウセイさんの熱い叫びで飛行機の墜落(?)を阻止するなど、王道とも言っていいほど熱い展開で終始燃えっぱなしです!


特にこの話が楽しいのは、大人組のキャラクターがこれまででしっかりと立っていることが大きいんでしょうね。

中華三兄弟は捨てキャラだと思っていたのにいつのまにかリュウセイさんの兄貴より出番が多くなっているし、ジョニーはリュウセイさんのライバルポジションだし。
Xも何だかんだでキャラが濃いので目立ちますし。
そしてみんな大好きビッグバンオーガニゼーション組はいつも通りの存在感で常に場の空気を握っていたような気がします。
この話で強く思うのは、笹本の重要性。
笹本がいるからこそ親父があれだけ輝けるんだろうなあ・・・と、常に一歩引いてビッグバンを立てている笹本を見てそう思いました。


やっぱり主人公勢だけでなく、敵ポジションの大人組も魅力的だと今回のようなオールスターではワクワク感が違います。
ハリー・ポッターでも親世代が結構人気だったじゃない。限られた層だったかもしれないけど。



そして前半はあまり良いところがなかったリュウセイさんだったけど、後半の「チャージ全開!」あたりから非常に主人公していて好きです。
11人が一斉にチャージイン→飛行機を受け止める という流れですが、キャラクターの叫びが熱く、カブトボーグ屈指の名シーンになっていると思います。


そして何と言ってもCパートでしょう。
なんだ、あの張っていない伏線を全力で回収しに行く男気は!

いつかデスバレー編がOVAあたりにならないかと本気で期待しているほどです。
私だったらデスバレーの幹部が世界大会での4人(兄貴、ジャンマイケル、フランシーヌ、王子)というひどい展開にしそうですが、あの脚本家の方々がどうデスバレー編を描くかを見てみたい。

・・・というか、その4人はあのままフェードアウトさせておくには非常に勿体ないキャラだと思うんだけどなー。
兄貴よりジャンマイケルの方がその後の出番が多いってどうなのよ。
まあ、それがカブトボーグなんでしょうけど。



と、興奮に任せて上の文章を書いていたのですが、今見直してみたら
>確かに所々狂っている部分があるものの(野生ボーグやエアチャージなど)、全体的に見れば大人組の活
>躍や最後のリュウセイさんの熱い叫びで飛行機の墜落(?)を阻止するなど、王道とも言っていいほど熱い
>展開で終始燃えっぱなしです!

たった11機のボーグで飛行機を支えることに全く疑問を持っていない私はけっこう酷いボーグ脳かもれません。

・・・カブトボーグバトンでもやろうかな?

タカラトミーは一体何をやっているのか

2009年07月10日 23:02

早くカブトボーグ2期を作るべき。
スタッフはそのままのテンションでやってくれるとすごく喜ぶ(私が)。


人造昆虫カブトボーグ V×V
ジャンプ感想系のサイト様で絶賛されていたのに興味を持ち、そこから見始めたのがもう3年ほど前になるんですね。
あのカオスっぷりは本当に凄まじかったと思います。
興味があれば、アニマックスの番宣動画をどうぞ↓



[ 続きを読む ]


最近の記事