スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Another』漫画版(作画:清原紘 原作:綾辻行人)1巻~2巻感想

2011年04月05日 11:15

Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
(2010/10/04)
清原 紘

商品詳細を見る

原作好きとしていろいろ気になっていたこの作品。ようやく購入できました。
通して2回ほど読みましたが、原作を知らない人にも勧めやすい内容になっていると思います。
原作の分量を少し削りギャグ描写も入れて全体的にリファインされていますが、原作の雰囲気を壊しすぎずにまとめてある、と感じています。

作画の清原さんは非常に高い画力を持っておられ、黒を多めに使った画面構成やコマ割は非常に読みやすいです。
更に老人のキャラクターなどもきちんと描き分けされており、よく見かける「普通の成人の顔に皺を書いただけ」ではありません。

またキャラクターがかなり可愛らしく描かれており、鳴はもちろんのこと赤沢さんがものすごい可愛いです(笑)。
可愛いだけでなく、原作にある若干のきわどい描写(主にグロ方面)もうまーく絵の雰囲気とすり合わさっていていい感じです。特に1巻のラストシーンが流れるような描写で素晴らしく、今のところ一番のお気に入りかも。

作画的にはほぼ文句のつけようがありません。原作ハードカバー表紙の遠田志帆さんのイラストが非常に好きで読む前にはハードルが若干上がっていたんですが(笑)、軽々と飛び越えられていったようです。


展開的には、ダイジェスト版というほど急ぎ過ぎているわけでもありませんが、コミカライズの特性としてどうしても細かい描写などは端折られています(漫画版1話は原作の85ページまででした)。
しかしながら重要な部分はきちんと描かれており、「鳴は本当に〝いる"のか」という恒一くんの恐怖感も十分に伝わってくる構成になっていると思います。

何話で連載が終わるのかは分かりませんが、このままのペースで行くならコミカライズ作品として、私の中ではかなりの良作となりそうです。



「続きを読む」から原作のネタバレをしつつの感想です。
原作未読の方はご注意ください。
[ 続きを読む ]

氷帝戦は毎週笑ってた気がする

2010年11月05日 23:28

【テニプリ跡部坊主祭り】(てにぷりあとべぼうずまつり)
週刊少年ジャンプ連載の『テニスの王子様』の全国大会準々決勝で、
主人公越前リョーマに対しライバル校部長の跡部景吾という人気キャラが
「負けた方が坊主」という罰ゲームを提案した事から始まった祭り。

次々に繰り出される超人技、ナイター照明コートに落下
(翌週1コマで撤去完了、 何事もなかったかのように試合再開)、
タイブレークが続き過ぎて89-89というスコアの挙げ句にダブルノックダウン、
先に立ち上がった方が勝つという展開で両者共に立ち上がるが、
跡部が立ったまま気絶して最終スコア118-117で試合終了等々、
試合そのものは相変わらずの斜め上展開を行った。

更には試合に勝ったリョーマが直立不動で気絶したままの跡部の髪をバリカンで遠慮なく刈り、
祭りは一気にピークを迎えた。
直接の坊主描写はなかったものの、スレ上では格好のネタとなり、
住人は各スタンスから思い思いに評論。

原作が次週から長期休載になった事も相まって、
レス番が2桁のうちから次スレタイ候補が乱立するほどの禿げ祭りとなった。

また、この事件はこの漫画の主な支持層である腐女子にも非常に大きなショックを与えた。
ファンサイトの閉鎖、「原作者の私怨や殺意が感じられる」
「跡部を育てたのは 原作者でなく私たちだ」と激しい怒りを露わにし、
坊主反対の署名を集めたり同盟を作るなどして抗議運動を始めたサイトも複数見られた。


また、写真公開等はされていないが、跡部の髪を追って自らバリカンで
頭を刈った者(女性)も出たという報告もあり、
腐女子とは何たるかを再認識させられる結果となった。




このコピペは当時の熱狂ぶりを如実に表していていいですね。
全国大会氷帝戦は毎回ハイライトがあって面白かったです。

忍足さんの「心を閉ざす」から始まり、乾さんの超人サーブ、樺地ゾーンと試合ごとにネタを提供してくれました。
さらにD1の試合ではあの「シンクロ」が炸裂して、当時のジャンプ感想系サイトさんがのきなみ混乱に陥ったことが昨日のように思い出せます。

そしてD1のあまりのインパクトから期待が高まりまくったS1も、跡部様VSリョーマという変態同士の対決によって異常なほどに盛り上がっていました。


坊主祭りが発覚した瞬間に私はテニプリスレにすっ飛んで行きましたが、怒涛の燃料投下で祭りが凄い勢いで加速していたことが思い出されます。
次スレタイ候補も乱造されていて、選ぶ方が難しかったようでした。
私があの頃のスレタイで一番笑ったのが「【そ~れソレ剃れ】 テ ニ スの王子様193【お祭りだぁ】」ですね。
これを考えた人は本当に天才だと思いました。

蒼い世界の中心で 完全版3巻簡易感想

2010年09月17日 22:07

蒼い世界の中心で 完全版3 (マイクロマガジン・コミックス) (マイクロマガジン☆コミックス)蒼い世界の中心で 完全版3 (マイクロマガジン・コミックス) (マイクロマガジン☆コミックス)
(2010/08/30)
クリムゾンアナスタシア・シェスタコワ

商品詳細を見る

3巻ようやく買えました。
さっそく読んでみたところ、1・2巻のような大きな変更点はありませんでしたね。


見どころはやっぱり勇者外伝かなあ。デコルアンはまだまだ続きますし。
何度読み返しても勇者外伝は良いものです。
これを読んだ当時に思っていた、漫画的に「はい」「いいえ」しか言わないキャラってどうなのよ、という心配を吹き飛ばしてくれたお話でした。
しかもこれは後のクリスタル編を盛り上げるためにも欠かせないお話なので、ここで収録してくれて嬉しいです。

これで「アイアムBOY」も収録される可能性が高まったしな!根っからのゼリグ好きとしては朗報です。


そんなゼリグさんは3巻では記念すべき初戦闘です。
ここでカーヴァイを出したらマーサの出番はいつになるんだろうか・・・と残念だったのですが、
「この人と戦えばいいの?」に完全に萌え死にました。すまんマーサ。

あとキチョウとグリージの決着がWEB版と違って描かれてませんね。
これはE3編のキチョウVSミョムト戦で「グリージに負けたキチョウがここまでやるとは思わなかった」と言われまくったせいだからでしょうか(笑)。
まあ、完全版の描写のほうが「それっぽい」感じはしますね。
貴重な完勝シーンが無かったことになったグリージには同情しますが(笑)。


セグア勢の見せ場もかなり迫力あるものになってました。
この辺のネルの描写は好きです。下ネタに真っ赤になる所とか可愛いですよね。
これからはオパール無双になってしまうので貴重なネル分を補給補給。

ギアさんもちゃんと主人公してて良い感じです。
E3編での見せ場はほとんど諦めているので(笑)、3巻の描写は嬉しいかも。
4部になったらまた違うと思いますが・・・


相変わらず面白いです。
4巻も早く出ないかなー。

ストレンジ・プラス #52「YAKATA」  元ネタを探してみた

2010年07月27日 19:57

ストレンジ・プラス7巻52話のネタが非常に私好み(笑)だったため、元ネタを検証してみました。
※素人仕事なので間違っているかもしれません。
美川べるの先生は多分ものすごくミステリが好きなんだろうなあと思います。


サブタイトル:「YAKATA」
綾辻行人監修の同名のゲームがあります。多分そこからではないかなーと思ったり。


貴世子父「ようこそ我が『暗黒斜め十角螺旋絶叫霧越迷路三ツ星館』へ!」
正宗「『邸』とか『屋敷』もまざっちゃってないかこの名前」
暗黒・・・「暗黒館の殺人(綾辻行人)」
斜め・・・「斜め屋敷の犯罪(島田荘司)」
十角・・・「十角館の殺人(綾辻行人)」
螺旋・・・「螺旋館の奇想【作中作:螺旋館の殺人のことかも?】(折原一)」
絶叫・・・「絶叫城殺人事件(有栖川有栖)」
霧越・・・「霧越邸殺人事件(綾辻行人)」
迷路・・・「迷路館の殺人(綾辻行人)」
三ツ星館・・・「笑わない数学者 -MATHEMATICAL GOODBYE(森博嗣)」
が、元ネタだと思います。

やっぱり館モノで新本格と言ったら綾辻行人が有名ですね。「螺旋館」やら「笑わない数学者」も入っているところを見ると、やっぱ新本格がお好きなんだろうなあと思ってしまったり。
特に「笑わない~」はタイトルに「三ツ星館」が入っていないため、このネタがあるということは多分実際に読まれたんだろうなあ。


「犯人シルエット」
おなじみ、名探偵コナンの黒タイツ犯人のことですね。
最近はあんまり見なくなったような気がします。(原作では)


すべての登場人物の顔がそれぞれの枠内に描かれていて、死んだ人は黒いトーンがかかっているトビラページ
正式名称がなにか分からなかったので↑として紹介(笑)。
個人的には「金田一少年の事件簿」しか思い浮かばないんですが、もっと他に元ネタがあるかもしれませんね。


雨宿りをしに飛び込んできた大学生グループ【風間、新堂、荒井】

これはSFCのノベルゲーム、「学校であった怖い話」に登場する七不思議の語り手ですね。
細田、岩下、福沢を除いた三人です。苗字がそのままだったので昔の記憶を掘り返すことができました。
ラスト付近にある巧美の作り話で「この三人が『大学生星人』という宇宙人だった」というものがありましたが、
これは原作ゲームにあった、風間のスンバラリア星人ネタが元になっていると思います。


「馬場夫婦とは仮の姿・・・FBI捜査官の森田&須苅!」
おお、これは分かりやすい。Xファイルのモルダーとスカリーですね。
懐かしいなあXファイル。オカルト好きなんでちょこちょこ見てました。


貴世子父「この屋敷には・・・違法で育てたバイオ生物がいっぱい・・・」
巧美「ジャンルが変わってるじゃねーか!」

・・・バイオハザードのことかな?
扉が開くシーンでの「Now Loading...」もそれっぽいかも。



ローゼン=オッサン
十中八九ローゼンメイデンのことでしょう。
おっさんのポーズ(演出?)がローゼンメイデンアニメのOPっぽいです。



巧美「これですべて終わ・・・」
私怨郎「りません!」
巧美「
みたらいっ

御手洗シリーズ(島田荘司)の探偵役、御手洗潔のことですね。
有名人物なんで説明は省きましょう。


私がわかったのはこれくらいでした。
使用人戦隊の元ネタだけがどうしても分かりません。戦隊モノ(?)は全くの守備範囲外なので・・・
もし分かった方がいらっしゃればお教え下さい。


あと、館の床が市松模様だったことに、綾辻行人の「黒猫館の殺人」を思い出してしまいました。

今週の「蒼い世界の中心で」の出来が素晴らしかった

2010年07月08日 21:54

3部25話、「フロンティア」でした。

もうこれは何も言えない・・・。最後のミョムトが言ってくれたことが全てですね。
キチョウ戦の時にも言っていましたが、彼は本当に対戦相手の魅力を読者に伝えるのが上手い。
とりあえず勇者様が一度に3文字以上しゃべる回はクオリティが高すぎるという法則は今回も健在でしたね。

マチルダ(あえてこっち呼び)も非常に魅力的なキャラとして描かれていて満足です。
「ガッサーナ家はエフェレフの実験台」という言葉にはかなりぐっときました。
完全版コミックでもおっしゃっていましたが、やはり「日本の歴史」を少しでも知っていると何倍にも楽しめますね。

勇者様の言葉でちょっとホロリと来ました。スト魔女6話といい、最近涙腺が緩い気がする。
あー、でもゼリグの「1分以上続けたら・・・」という妙に説明臭い(?)セリフはちょっと気になったかも。
それとも、これにも元ネタがあるのかしら?


個人的に2部が一番好きだったんですが、最近の展開で3部もガンガン評価が上がっています。
2部は全体的なストーリーラインが非常に秀逸だと思っています(特にニンテルド関連)が、3部はキャラの掘り下げ+トーナメント戦ということで、大きなストーリーの流れというものがそこまで感じられなかったんですね。
(もちろんソルディア登場という一つの流れもありましたし、トーナメント戦も十分面白かったのですが)
ですが、3部は各トーナメント戦のエピソード一つ一つが印象的ですし、
特に今回やキチョウ回のようなキャラの魅力が存分に出てくる話があるとやっぱり盛り上がりますね。


惜しむらくは、人気投票期間がもう過ぎ去っていたことぐらいか。
あと1週あればミョムトとセブーナが爆上げしていただろうなー(笑)。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。